AS/400のジャーナルレシーバーはどこまで削除して問題ないか【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


ジャーナルレシーバーは、連番で増え続けます。
ジャーナルレシーバは、DBMoto が現在接続しているもの
より前のものであれば削除して問題ありません。 

例えば、ジャーナルレシーバが

DBMR0001
DBMR0002
DBMR0003
DBMR0004

となっていて、DBMoto が DBMR0004 に接続している状態の場合、
DBMR0001, DBMR0002, DBMR0003 を削除することが出来ます。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください