ログの保存形式とファイルサイズの管理【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


※2015年12月21日追記
バージョン8以降をお使いの方は以下の記事をご覧ください。
DBMotoがサポートするログの出力先・・・ファイル、DB、Windowsイベントログ、Apache Log4Net


DBMotoでは、ログの様々な保存形式やサイズの管理をサポートしております。

▼管理画面起動方法

DBMotoのMetadata Explorerから対象のサーバを選択し、
下記の赤線マークのボタン(Data Replicator Options)を押下します。

※画像クリックで拡大。画面はDBMoto7。
※DBMoto6の場合は対象のmetadataを選択し、右クリック→Data Replicator Optionsを選択します。

▼設定画面サンプル


※画像クリックで拡大。画面はDBMoto7。

1…ログの保存形式を選択します。
 ・File
  →ファイル形式(*.log)で保存します。
 ・Database
  →DBに保存します。metadataと同じDBに保存するか、他のDBに保存するかをさらに選択できます。
 ・Windows Event Log
  →Windowsのイベントログに保存します。

2…1にてFileを選択した場合に表示され、ファイルの保存サイズや期間を設定できます。
 ・Only One File
  →1ファイルに保存します。
 ・One File Every ~ days
  →~日単位でファイルに保存します。
 ・One File With Size Limited to ~ Mb
  →~MB単位でファイルに保存します。
 ・Keep Max ~ Log Files
  →最大で~ファイルをキープし、それを超えた場合に古いファイルから削除します。

3…チェックを入れることで、historyファイルを取得します。

<historyファイルとは…?>
レプリケーションチェックのインターバルごとに、どのテーブルに対して何件のレプリケーションが成功(失敗)したかを記録するファイルです。
エラーメッセージ等は通常のログファイルに出力されます。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください