AWSデータベースの新たなレベルとしてのAurora


Amazon Web Servicesは2007年にSimpleDBをリリースしましたが、データベース・パフォーマンスに問題がありました。RDS(Relational Database Service)が続いて紹介されました。このサービスはアベイラビリティーと一貫性の為にAWSクラウドでMySQLを必要とする開発者のための約束の多くを提供しました。RDSはSimpleDBでの多くの万台を解決し、AWSはOracle、 SQL Server、PostgreSQLの他のデータベースのサポート、ゾーンにまたがるレプリケーションのオプション、SSD(solid-state drive)のサポートと機能を広げました。

しかしAWSではユーザとデータの拡大にRDSでは追従できませんでした。

Auroraの背景:

AWS RDSチームはAuroraをAWSクラウドの規模と能力に合うようにMySQLエンジンコードを書き直すために3年間を費やしました。AWSはオンプレミスのデータベース・スタックを維持し、それによりデータベース管理者はMySQLデータベース・エンジンのカスタマイズが簡単になりました。これにより、ユーザは1秒で15のリードレプリカを作成することができます。そしてAuroraの弾力性はAWSデータベースをシャットダウンすることなく、必要に応じて10GBの増設を自動で追加することができます。

AWSによるとAuroraは秒500,000 SELECTと秒100,000アップデート以上を提供し、同じハードウェア上で同じベンチマークを実行した結果、MySQLより5倍以上の結果となりました。

マスター・データベース・サーバは、ミリ秒単位での更新されたレプリカデータへのアクセスを保持します。新エンジンは高速リード用にレプリカを活用します。Auroraはマスタ・データを3つのゾーンへの2つのコピーか、合計6コピー書き込みを行います。6コピーの4つが終了した時にクライントの観点からは処理は終了しています。これによりレプリケーション中に一貫性やパフォーマンスを失うことなく、データベースの可用性が可能となります。

AuroraはネイティブMySQLと互換性があるのでマイグレーションは難しいものではありません。Auroraの利点とモニタリング、3S(Simple Storage Service)、ネットワーク・セキュリティ等との統合は非常に魅力的です。

出典:TechTarget(英)

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください