Espressシリーズ Ver7.0 update 4 リリースノート


Espress製品(EspressChart/Reort/Report ES/Dashboard)のVer7.0 update 4での修正内容です。

■XSSの実装と修正
■JNDIデータソースの修正
■エクスポート:
 ■Excelのストリーミング機能により、大規模なレポートのエクスポートエクスペリエンスが向上します
 ■PDF複数ページ
■ダッシュボード:
 ■メモリーリーク
 ■レポート/チャートファイル名に “()”の文字がある場合の読み込み問題
 ■ダッシュボードでQDレポート読み込みの問題。アンパックされたダッシュボード表示の問題
 ■共有パラメータ範囲パネルを削除した後、カレンダーを閉じることはできません
 ■自動更新間隔が5秒に達しない
■クロス集計レポート:
 ■クロス集計ドリルダウン
 ■スクリプト
 ■カットアンドペースト/ドラッグ&ドロップフィールドをクロスタブセクションにブロックしました
 ■データマッピングダイアログでカラムの順序を保持できるオプションを追加
■クイックデザイナーデータビュービルダー:
 ■レイアウト
 ■パラメータ化されたクエリ
 ■カラムエイリアスをリセットすると、スペースは “%20″として表示されます
 ■QDデータビューフォーミュラビルダの警告メッセージとエラー処理
 ■カラムの説明
■クイックデザイナーレポート:
 ■QDレポートのリフレッシュは機能しません
 ■計算式の日付の値がカスタム日付の形式に従わない
 ■レポートの最後のカラムのサイズを変更した後は、カラムをドラッグアンドドロップできません
 ■解析エラーのためにデータ+形式のXMLレポートのエクスポートが機能しない
■チャートデザイナー:
 ■トレンドライン、水平ライン、コントロールラインのラインスタイルの問題
 ■コントロールライン関数のnull値の処理
 ■stackcol/stackbarプライマリラベル
 ■dailチャートでのコントロールレンジ
 ■複数の軸を持つ2Dオーバーレイチャート – 追加の軸の色を変更できませんでした
 ■y軸のログ値
 ■自動スケールステップオプション
■データソースマネージャー:
 ■データビュー”表示”ボタンはQDデータビュービルダーからの変更を表示しません
 ■COPYデータベースノード。DBビューのロックに関する問題
■レポートデザイナー:
 ■”保存されたデータを使用する”オプションは、サブレポートのデータソースに接続しないでください
 ■ロガー例外
■公開ファイル:
 ■日付変数の設定ダイアログに背景とボタンスタイルがありません
 ■param値を変更するときに解析できない日付
■クエリ
 ■パラメータ値に”(“が含まれる場合、データは返されません
 ■mysql/mssqlテーブル名に空白がある場合のバグ
 ■サブクエリ
■インターナショナライゼーション
 ■未使用のオプションを削除しました
 ■js fiels翻訳のサポートが追加されました
■生成されたURL:
 ■ドリルダウンのあるチャート用に生成されたURLは機能しません
 ■URLを生成する際のPNG圧縮
 ■現在のユーザーではない生成されたURLは、目的のダッシュボードを開きません
■ERESOrganizerバッチファイル:
 ■ERESOrganizer.shを修正しました
 ■ERESOrganizer.bat/shのメモリ設定が増加しました
■マップ:
 ■開いているsvgマップの例のエラー – SeatingPlan
 ■Linuxのオンラインマップタイトルに異なるフォントを設定できません
 ■ダッシュボードでオンラインマップを使用することはできません
■スケジューラ:電子メールを送信しません
■API:レポートにドリルダウンレポートのチャートがある場合のsetAllDatabaseInfo
■ERESホームページ:ファイルのアップロード
■OracleからMySQLへのデータベース変換
■jarsの更新:weld-servlet.jar、Redshift JDBC Driver jar

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください