マーケティングや営業での使用例をご紹介[ Espress製品:活用例①]


Espress製品(EspressChart、EspressReport、EspressDashboard、EspressReport ES)はPure Java製品であり、製品によって機能差異はありますが、共通してJDBCドライバでテキストデータやデータベースなど様々なデータソースからデータを取得し、各種グラフやレポートの作成、GoogleマップやSVG画像との対応付け、それらを組み合わせたダッシュボードの作成が可能です。このダッシュボード等でどのような分析が可能か活用例をシリーズでご紹介します。

今回は特に マーケティング、営業判断のどのような分析シーンで 、このEspress製品を活用可能かご紹介していきます。

  • 顧客分析:ECサイトなどの会員の属性情報や購買履歴等の情報を把握し、マーケティングや営業戦略の意思決定に活用できます。
    [主な利用者]マーケティング・営業
  • 市場分析:市場の規模、動向や顧客特性、競合状態などを把握し、自社販売戦略の意思決定に活用できます。
    [主な利用者]マーケティング・営業
  • エリア分析:売上や生産数などを地図上に可視化、詳細なレポートやグラフにドリルダウンし参照可能にし、エリア戦略の意思決定に活用できます。
    [主な利用者] 経営層・マネジメント層・マーケティング・営業
  • Webサイトデータの可視化と共有:サイトの閲覧数やコンバージョン数を可視化し、Webの効果測定やSEOの改善施策に活用できます。
    [主な利用者] マーケティング・Web制作
  • 企業データベースの検索:企業データベースや顧客リストを検索し、その特性や取引履歴などを参照、ターゲットの選定に活用できます。
    [主な利用者] マーケティング・営業
  • 価格・スペック表の検索:膨大なラインアップから、目的の商品の価格・スペックを検索できます。
    [主な利用者] 営業
  • キャンペーン分析:収集したデータをグラフ等で可視化し、広告等の効果測定に活用できます。
    [主な利用者] マーケティング・Web制作

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください