可視化/分析/共有 Espress製品の活用、課題解決例をご紹介[活用例シリーズ まとめ]


Espress製品(EspressChart、EspressReport、EspressDashboard、EspressReport ES)はPure Java製品であり、製品によって機能差異はありますが、共通してJDBCドライバでテキストデータやデータベースなど様々なデータソースからデータを取得し、各種グラフやレポートの作成、GoogleマップやSVG画像との対応付け、それらを組み合わせたダッシュボードの作成が可能です。

このダッシュボード等でどのような分析が可能か活用例をシリーズで紹介してきました。今回はそれらのまとめ記事となっています。

マーケティングや営業での使用例をご紹介[ Espress製品:活用例①]

マーケティング、営業 担当向けの顧客、市場分析や Web制作担当向けのWebサイトデータやキャンペーンデータの可視化といった活用例を紹介

経営や会計、マネジメントでの使用例をご紹介[ Espress製品:活用例②]

経営層やマネジメント層、マーケティング、営業担当向けの様々な角度からの売上/粗利分析、開発や生産担当向けのライン、シフト、品番毎の設備稼働、生産実績、不良率等の分析などの活用例を紹介

社内情報の可視化、共有、業務効率化での使用例をご紹介[ Espress製品:活用例③]

全社員向けの経営情報の共有活用例や、人事、生産、調達、IT管理者といった各部署が管理する勤怠データ、製品品質、IT資産、クラウドサービス利用状況などの可視化活用例を紹介

機器監視やアクセス解析、サービスでの使用例をご紹介[ Espress製品:活用例④]

ITインフラ担当や運用担当向けの監視活用例やエンドユーザ、アプリケーション開発者、営業担当向けのシステム、サービス可視化活用例を紹介

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください