DBMoto独自のLog Serverを用いたOracle差分レプリケーション ~BLOB対応、パフォーマンス向上~【DBMoto Ver8.5新機能②】


Oracleデータベースからミラーリングまたはシンクロナイゼーションを行う際、DBMoto Ver8.5では、従来のLog Miner経由でOracle トランザクションをリードする手法に加え、Oracle Log Server経由で差分レプリケーションを実行できるようになりました。

Oracle Log Serverの処理

このOracle Log Serverとは、Javaを用いてOracleデータベースからログの変更を読み取り、ローカルのフォルダにトランザクションログを格納するコンポーネントです。

DBMotoマシンはOracle Log Serverにより格納されたログに基づいてレプリケーション、つまりソースデータベースの更新や削除をターゲットのデータベースに反映します。

下記が、Oracle Log Serverの主な特徴です。

<メリット>

・Log Miner経由と比べて多くのレプリケーションを処理する際のパフォーマンスが向上

・BLOB型カラムの差分レプリケーションが可能

<対応DB>

・Oracle11g、Oracle12c

試しに弊社環境のDBMotoでミラーリングを行っている間に、ソースのOracleデータベースのBLOB型のカラムを更新しました。

ソースDBのBLOB型更新

ミラーリングが実行され、更新されたバイナリデータがターゲットのデータベースに正しく反映されていることを確認できます。

BLOB型ミラーリング結果

 

 

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください