Amazon AWSクラウド上でのアプリケーションとデータベースのパフォーマンス問題


クラウド上でのスケーラブルなリソースのため、データベース・パフォーマンスの改善に対しては保証がないのが現状です。データベースは複雑で、CPU,メモリー, 最新の高スピード・ストレージを追加してもデータベースのアプリケーション・パフォーマンスに対するボトルネックにならないとの保証はありません。

Database Performance Analyzer (DPA、旧Ignite)は多重次元のパフォーマンス分析を提供する唯一のソリューションで、ヒストリカルなパフォーマンス傾向だけでなく、Amazon AWS EC2 仮想マシン上にディプロイされたOracle, SQL Server, DB2, Sybaseインスタンスの内部構造に対するすぐ使用可能なアドバイスを提供します。

パフォーマンスを理解するキーは最低のパフォーマンスを起こしているSQLステートメント、それらのSQLステートメントのレスポンス・タイム、ウェイト・イベントまたはウェイト・タイプとして知られているリレーショナル・データベース管理システム(RDBMS)内での特殊なステップを含む3重の組み合わせに焦点を合わせる必要があります。

AWS-Performance-Analyzer

今日のRDBMSは数多くのウェイトを含み、現在そしてヒストリカルなウェイト・ベースの分析が無く、ユーザのパフォーマンス改善変更で模範的な手法をとることは不可能です。ウェイト・ベースの分析があればストレージ、ネットワーク、テーブル・ロック、メモリーの遅延のような一般的な問題、さらにパラレル・スレッドのクラスタ・フェイルオーバとシンクロナイゼーションに原因する遅延のような特別な問題を簡単に見つけ出すことは不可能です。

Database Performance Analyzer (DPA)はAmazon EC2上で稼働するSQL Server、 Oracleのようなデータベースのパフォーマンスの分析が可能です。

・アプリケーションが原因しているトータルな「ウェイト・タイム」を日、時間、分単位で可視化できます。
・データベース・パフォーマンス改善へリソースのプロビジョンを相関させることで過度のプロビジョンを回避できます。
・リソースのプロビジョンに係らずデータベース・パフォーマンスを劣化させるロッキングによるクエリー・ブロックの検知できます。
・チューニング・アドバイザは明確で、実行可能なアドバイスを提供します。
・スローダウンの原因であるSQLステートメント、レスポンス・タイム、ウェイト・イベント間で直接な相関性を監視します。

DPAはAmazonクラウドで稼働するデータベースの最適なパフォーナンスを確実にするように必要な可視化を提供します。

AWSクラウドへのDPAのディプロイ

DPAはEC2インスタンス、物理サーバ、仮想マシンにインストール可能です。
ignite8_instll

関連したトピックス

1 Response to Amazon AWSクラウド上でのアプリケーションとデータベースのパフォーマンス問題

  1. climb のコメント:

    EspressReport ES Cloud からAmazon Redshiftに接続しビッグデータを活用、そして自社Webへチャート/レポート/ダッシュボードで可視化について => http://www.climb.co.jp/blog_espress/archives/1169

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください