AS/400からのLOB型差分レプリケーションが可能に【DBMoto Ver9.0新機能】


DBMoto Ver9.0では、AS/400からの差分レプリケーション時にLog Reader APIが選択可能になりました。
Log Reader API

Log Reader APIは、AS/400のAPIを利用してレプリケーションを実施する機能となっており、これによりLOB(BLOB、CLOB)型の差分レプリケーションの実施が可能です。設定もシンプルで上記画像のようにDBMotoのトランザクション設定で、Log Reader APIを選択するだけです。
下記が、Log Reader APIの主な特徴です。

<メリット>

・BLOB、CLOB型カラムの差分レプリケーションが可能

<対応DB>

・AS/400 V6R1以降

試しに、Log Reader APIを使用した差分レプリケーションを行っている間に、ソースであるAS/400のBLOB型のカラムにDBMoto画像バイナリデータを挿入してみました。
blob挿入

その後ターゲットであるOracle DB側に、DBMotoによる差分レプリケーションによって挿入したデータの同期が実施されていることが確認できます。
BLOBのミラーリング

これによりOracle DB側からも同期されたバイナリデータから、DBMoto画像を閲覧することができます。
Oracle_BLOB

関連したトピックス

1 Response to AS/400からのLOB型差分レプリケーションが可能に【DBMoto Ver9.0新機能】

  1. climb のコメント:

    IBM DB2/400 (AS/400)の見える化を実現-グラフ・レポート・ダッシュボードへ簡単展開(Espressブログから)https://www.climb.co.jp/blog_espress/archives/1313

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください