DPA(旧Ignite)画面のDBやSQLの表示名変更方法


DPA(旧Ignite)では監視DBのデフォルトの表示名は、サーバ名やインスタンス名で、SQLの表示はハッシュ値やSQL IDでそれぞれ表示されています。

Instance表示 SQL表示名

登録しているインスタンスや複数の監視DBがある場合や、頻繁に使用するSQL文を確認する際には、任意の名前表示に変更し監視や確認をスムーズに行うことが可能です。

SQLの表示名を変更する場合は、変更したいSQLをクリックし”NameSQL“をクリックすることで任意の名前に変更できます。

SQL表示変更 SQL表示変更後

DBの表示名を変更する場合ははDPAの画面から、Options > Support tab > Database Query Tool を選択し、リポジトリDBに対してクエリ”select id, name from cond“を実行します。

Instance表示名確認

監視DBの表示名と、DBのID一覧が表示されます。表示名を変更したいDBインスタンスのIDを確認した後、下記クエリを実行します。

update cond set name= ‘<変更後の表示インスタンス名>’ where id=<対象DBのID>

Instance表示変更

最後に、Options > Support tab > Refresh Ignite Alert Cache  を選択しアラートのキャッシュを削除します。

AlertCache削除

20~30秒後にDBの表示名が変更されていることが確認できます。

Instance表示変更後

関連したトピックス