[DBMoto] Log Server Agentの設定方法 SQL Server編


DBMoto 9.5より、Log ReaderとTrigger方式以外にLog Server Agent方式で
ミラーリング、シンクロナイゼーションを行うことができるようになりました。

Log Server Agent方式を使用することでSQL Serverのdistributorを使用し、
単一の接続ですべてのレプリケーションの変更点を読み取ります。

読み取った変更点はDBMoto独自の形式のバイナリログとして指定したフォルダに保存し、DBMotoは保存したバイナリログからレプリケーションを実行します。
従来のLog Readerを使用する方式と比較し、データベースへの接続数が最適化されることにより、効率的なレプリケーションを実現できます。

以下、設定手順となります。
1.DBMotoをインストールしたマシンから接続できるパスに、ログフォルダを新規に作成します。

2.トランザクション有効化ウィザードを開きます。

3.トランザクション方式としてLog Server Agentを選択します。

4.ディストリビューターを設定するために認証情報を入力します。

5.バイナリログを保存しておくログフォルダを指定します。(手順1にて作成したフォルダです。)
6.接頭語フィールドではログファイル名に指定するPrefix、サービス名の名前フィールドには作成するWindows サービス名を指定します。

7.完了をクリックし、セットアップを終了します。

以上でLog Server Agentの設定は終了です。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください