データベース接続情報の変更手順:DBMoto


異種データベース間レプリケーションツールDBMoto。下記の構成図のようにDBMotoサーバはレプリケーションにおける中間サーバとして構成し、異種間のデータベースを連携します。


これにより、もしレプリケーション対象データベースの接続情報が変更される際は、DBMoto側の接続設定も変更する必要があります。セキュリティや運用面の兼ね合いでデータベースのIPアドレス情報を変更する場合や、開発用から本番用のデータベースに接続先を変更する場合などが該当します。差分レプリケーション元となるデータベースの接続情報が変更される場合は、トランザクションログ設定も考慮する必要があります。

例えば、差分レプリケーション(Log Reader)を実施しているOracleデータベースの接続情報を変更する場合は、下記手順でDBMoto側の接続設定を変更します。

※変更例として、接続識別子「orcl162」から 「orcl166」へと変更しています。

  1. レプリケーションサービス(DBMoto Data Replicatorサービス)を停止します。


  2. 念のため、メタデータバックアップを取得します。


  3. レプリケーション(グループ)を右クリック > プロパティ(グループの場合はレプリケーションの編集)から全レプリケーションのレプリケーションモードをリフレッシュに変更します。

    ※サプリメンタルロギング削除の警告が出た場合は、今後も別のDBMotoマシン等から「orcl162」(変更前DB)テーブルからの差分レプリケーションを実施するのであれば、「すべていいえ」の選択を推奨します。


  4. 【v9.0以前の場合】接続情報を変更するデータベースを右クリック > プロパティ > トランザクションログの種類から「トランザクション使用」のチェックを外します。


    【v9.5以降の場合】接続情報を変更するデータベースを右クリック > プロパティ > トランザクションセットアップ > 無効化を選択し、ウィザードを進めます。適用をクリックします。



  5. 接続情報を変更するデータベースを右クリック > プロパティ > 接続からData Source項目に変更後の接続情報を入力します。テストボタンをクリックし、接続できていることを確認します。OK > 適用をクリックします。


  6. 再度手順4の画面を開き、トランザクションを有効化します。
    【v9.0以前の場合】確認をクリックし、サプリメンタルロギング設定が有効となっているかを確認します。

    ※有効となっていない場合は、「インストール」ボタンから有効化します。


    【v9.5以降の場合】トランザクションセットアップ > 有効化を選択し、ウィザードを進めます。適用をクリックします。



  7. 手順3で変更したレプリケーションモードを元に戻し、適用をクリックします。

    ※異なるOracleデータベースに変更した場合は、トランザクションIDも再取得します。


  8. 接続先を変更したDBのスキーマ情報を更新します。接続したDBを右クリック > スキーマ情報更新をクリックします。


  9. 全レプリケーションを選択し右クリック > レプリケーションの検証から「検証」ボタンをクリックし、問題が表示されないかどうかチェックします。操作結果にエラーが表示された場合は、「再ビルド」ボタンをクリックします。


  10. レプリケーションサービスを再開し、レコード更新が適切に反映されるかチェックします。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください