レコードの前後の空白を除去(trim)してレプリケーションする方法【リアルタイムレプリケーションDBMoto】


DBMotoのレプリケーションでレコードの前後に空白があり、この空白を除去(trim)した場合は、Expressionという機能で実現可能です。

レプリケーションオプションにて、「Mapping」ボタンを押下します。

対象のフィールドのマッピング矢印を右クリックし、「Map to Expression」を選択します。

・後方の空白だけを除去したい場合・・・rtrim[(フィールド名)] と入力します。
・前方の空白だけを除去したい場合・・・ltrim[(フィールド名)] と入力します。
・前方後方両方の空白を除去したい場合・・・trim[(フィールド名)] と入力します。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください