マッピング対象外のフィールドに値を挿入する方法【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMotoではソース(複製元)とターゲット(複製先)のテーブルでフール度の数が異なっている場合でも問題なくレプリケーションを定義することは可能です。しかしながら、ターゲットにレプリケーション対象外のフィールドが存在する場合、そのフィールドがnot null制約になっていると、レコード登録時にnot null制約エラーになってしまう場合があります。

回避方法として、DB側でデフォルト値を予め設定しておく方法もありますが、DBMotoにて決まった値や更新日時を挿入することも可能です。DBMotoで設定する場合は、Expressionという機能を使用します。

●設定例

以下のようなマッピング設定とします。右側のターゲットの「other」「other2」がソースにはないフィールドであり、マッピング対象外となっています。

ターゲットの該当フィールドを右クリックし、「Map to Expression」を選択します。

固定値を設定する例です。

システム日時を設定する場合はNowを指定します。

設定後は以下のような表示になります。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください