エラー「トランザクションの読み取りポイントは、Oracleのログに含まれていません。」への対処法


本エラーはDBMotoが保持しているREDO LogのトランザクションIDがOracleへの接続参照時にすでに存在しない場合に発生します。詳細はこちら

対処法としては以下の2通りの方法があります。

1. 初期リフレッシュを実行

2. トランザクションIDを手動で更新

 

1. 初期リフレッシュを実行

初期リフレッシュを実行することで、最新のトランザクションIDに自動で更新されますので、リフレッシュ後、そのままミラーリングが実行されます。

レプリケーションを選択し右クリック、初期リフレッシュを実行を有効化します。Data Replicatorが実行されると、リフレッシュが開始されます。


 

2. トランザクションIDを手動で更新

最新またはREDO Logに存在する任意のトランザクションIDを手動で取得します。時間での指定も可能です。

a. レプリケーションを選択し右クリック、プロパティを開きます。


b. 優先 > トランザクション読み込みポイント-ソース > トランザクションIDが、現在DBMotoに保存されているトランザクションIDです。


c. トランザクションIDに任意の値を入力するか、右のメニューを開き、いずれかの方法でトランザクションIDを更新します。

現在のシーケンス:最新のトランザクションIDに更新

日付(yyyy/mm/dd)又は時刻:任意の時間のトランザクションIDに更新



関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください