Database Performance Monitor -データベースの監視と効率化を行うSaaS型ソリューション-


Database Performance Monitor (DPM)はオープンソースやNoSQLデータベースのパフォーマンスを監視、効率化を行うSaaS型のソリューションとなります。Database Performance Analyzer (DPA)の姉妹製品となっており、DPAがサーバーへのインストールが必要なのに対し、DPMはWebサービスとしての提供になるため、DPM用のサーバーを用意する必要はございません。

主な機能

  • Webベースのユーザーインターフェイスを備えたSaaSプラットフォーム
  • 複数の構成による軽量エージェント
  • クラウド、ローカル、またはハイブリッドのデータベースを監視
  • パフォーマンスの問題を特定するためのリアルタイムおよび履歴データ
  • 機密データを保護するための複数の方法。GDPRおよびSOC2に準拠

対応データベース

リアルタイムなデータベース監視

24時間年中無休のリアルタイム監視は、可用性、展開頻度、失敗した展開の削減、変更のリードタイム、MTTD、MTTRなどのKPI目標を達成するのに役立ちます。サーバー構成を変更する場所、または潜在的に不良なクエリを見つけるための推奨事項を即座に取得します。

また、カスタムダッシュボードを作成して、自分にとって重要な情報なもののみを抜き出し、効率的な監視を行うこともできます。

  • データベースとシステムのヘルスサマリーを使用して、メトリックを追跡し、傾向を監視
  • ベストプラクティスに基づいて推奨事項を取得
  • パフォーマンスの変化を調べる
  • リソース容量を管理
  • 前後のパフォーマンスと比較

新しいコードリリースの影響を監視

新しいコードをデプロイしても、リリースごとにデータベースやクエリが意図したとおりに実行されないというリスクがあります。

DPMは新しいコードがデプロイされる前であっても、データベースのワークロードとクエリ応答にどのように影響するかを正確に確認するのに役立ちます。 DPMのパフォーマンス監視により、データベースのワークロードとクエリの応答を詳細に把握できるため、問題を簡単に検出できます。

  • デプロイする前後のクエリ応答を参照
  • 上位のクエリのパフォーマンスを比較
  • 新しく導入されたクエリを2回のクリックで検索
  • サンプル、実行プランなど、クエリの詳細とパフォーマンスを調べる
  • マークダウン構文を使用してリリースパフォーマンスの結果を文書化し、チームと共有

インフラストラクチャのコスト削減

DPMを使用すると、データベースのワークロードのどのサブセットが多くのリソースを消費しているかを簡単に特定できます。これらの洞察を使用して、サーバーのパフォーマンスを向上させ、データセンターのコストを削減します。

DPMは、キーパーソンリスク、キャパシティリスク、およびプロセスリスクの削減に役立ちます。エンジニアチーム全体にデータベースパフォーマンスの安全な可視性を提供することで、開発者はコードがリソース使用率にどのように影響するかをよりよく把握でき、他のチームメンバーはDBAが利用できない場合のリスクを軽減できます。

トラブルシューティングと診断

サイトがダウンしているというアラートを受け取ったとき、管理者は、問題がデータベースにあるかどうかを調査します。

DPMは、停止と同時に発生した潜在的な問題を即座に発見するのに役立つデータベースパフォーマンス監視プラットフォームを使用して、迅速に回答を得るのに役立ちます。データ収集により、根本原因を見つけるために調査する場所が示されるため、チームは将来の問題を回避できます。DPMを使用して、システムダウンを予防的に防止/最小化することができます。

  • クエリの応答または動作をシステムメトリックに関連付けて、影響を理解する
  • データベース内の異常な動作と潜在的な要因を分離する
  • サンプル、実行プランなど、クエリの詳細とパフォーマンスを調べる

Database Performance Monitor (DPM)について、ご質問や評価希望がございましたら、こちらよりお問合せください。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください