Knowledge Base」カテゴリーアーカイブ

転置した状態のテーブルへのレプリケーション構成方法[Syniti DR(旧DBMoto)]

使用するアプリケーションの仕様などにより下記のように、各カラムの名前を値として持つように転置した状態のテーブルへのレプリケーションを構成するような場合、Syniti DRでは対象となるカラム数分のレプリケーションを作成す … 続きを読む

コメントする -->

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方⑤:フィールドマッピング関数の書き方

このタイプの関数ではレプリケーションを定義する際の、フィールド(カラム)マッピングのソース列とターゲット列を識別するために使用できます。デフォルトでの動作はソーステーブルとターゲットテーブルのカラムの一致する名前を対応付 … 続きを読む

コメントする -->