DBMoto」カテゴリーアーカイブ

データベース・リアルタイム・レプリケーション

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方③:グローバルスクリプト用の関数とイベント

前回はグローバルスクリプトの基本的な記述の仕方をご紹介しました。今回はそのグローバルスクリプトで使用できる関数とイベントをご紹介します。

コメントする -->

レプリケーション対象テーブル構成変更後のSyniti Data Replication (旧DBMoto) マッピング対応について

Syniti Data Replication (旧DBMoto)は異種データベース間のレプリケーションツールです。 レプリケーション対象テーブルに実行されたDML文(Insert、Update、Delete)をSyni … 続きを読む

タグ:

DBMotoからSyniti Data Replicationへのアップグレード方法

異種データベース間のレプリケーションツールである「DBMoto」が、 Ver 9.6より「Syniti Data Replication」とリネームされました。

タグ:

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方②:グローバルスクリプト

前回に引き続き、 Syniti Data Replication (旧DBMoto) でのスクリプトの書き方をご紹介させていただきます。今回はその中でも特にグローバルスクリプトの基本的な使用方法をご紹介します。

コメントする -->

Syniti Data Replication (旧DBMoto)でのスクリプトの書き方①

本ブログでもいくつか紹介していますが、Syniti Data Replication (旧DBMoto)ではスクリプトを使ってより高度なレプリケーションや設定の効率化などを行えます。このスクリプトに関して、改めてシリーズ … 続きを読む

コメントする -->

Google Cloud SQLへのレプリケーションを試してみました[DBMoto]

異種データベース間レプリケーションを行えるソフトウェアDBMoto。エージェントレスなアーキテクチャを採用しているので、データベースのプラットフォームに依存せず、例えばクラウド上のデータベースであってもレプリケーションを … 続きを読む

タグ: , , , , ,

複数ユーザ管理や統合管理に「リモート接続モード」:DBMoto

DBMotoは「リモート接続モード」に対応しています。このモードを使用することでDBMotoをインスト―ルしたサーバとは別のマシンにDBMotoのリモートコンソールのみをインストールし、そこからリモートアクセスして管理や … 続きを読む

コメントする -->

外部キーが設定された親子テーブルのリフレッシュの注意点と簡単設定方法

DBMotoで外部キーが設定された親子テーブルを共に全件リフレッシュによるレプリケーションを行う場合には注意が必要です。

タグ:

SQL Server Expressエディションのデータベースより、DBMotoでミラーリングを実行する方法

DBMotoにおいて、SQL Serverから差分データをレプリケーションする場合、 SQL Serverのディストリビューターを使用するか、トリガーを使用します。 有償版のSQL Server StandardやEnt … 続きを読む

タグ: , , ,

DBMotoのエラー通知をもっと柔軟に、フィルタ設定で必要な通知のみをメール送付

DBMotoではグループやレプリケーションごとに細かくメール通知の設定を行えます。 DBMotoでメール通知を行うアラート設定 この設定では、メッセージのステータスによる通知可否を指定する他に、フィルタに一致するもののみ … 続きを読む

コメントする -->

保護中: DBMoto 9.5.4.3 リリースノート

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

タグ:

保護中: DBMoto 9.5.2.6 リリースノート

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。 -->

[DBMoto][スクリプト]カラムを結合・分割したレプリケーション

異種データベース間の双方向レプリケーションツールDBMotoでは、スクリプトを使用することでカラムの結合・分割を行いながらデータを同期することも可能です。今回の記事では双方向レプリケーションにおいてカラムの結合・分割を実 … 続きを読む

タグ: , , ,

[DBMoto]暗号化したデータを復号し保存するデータ連携方法

こちらの記事では、データを暗号化しレプリケーションする方法をご紹介しました。本記事では、この暗号化したデータを復号してデータ連携を行う手法を3ステップでご紹介します。手順1. 復号関数の作成

コメントする -->

[DBMoto]データを暗号化し保存するデータベース移行方法

DBMotoは異種データベース間リアルタイムレプリケーションツールです。複製元テーブルにデータの更新があった場合、更新されたデータを複製先テーブルにリアルタイムで反映することができます。このレプリケーションの機能では、ス … 続きを読む

コメントする -->