[DBMoto]API(C#, VB, C++)の開発環境構築手順 ~APIを使用してバッチからジョブを制御~


DBMotoではC#, VB, C++の各APIを利用可能です。
APIを使用しない場合でも、グラフィックユーザインターフェースのGUI管理ツールを使用することで簡単に設定・運用が可能です。

さらにAPIを使用することで以下のことが実現可能となります。
・外部からバッチでジョブを制御
・外部の別システムとの連携
・既存アプリケーションへの組み込み
repli_api[1]

ここではAPIで開発を行うための環境構築手順をご紹介します。

1. Visual Studioをダウンロード・インストールします。ExpressのWindows Desktop版もCommunity版もどちらでも開発可能です。
https://www.visualstudio.com/downloads/

2. Visual Studioを起動し、「新しいプロジェクト」を選択します。
20150416-1

3. C#で開発(推奨)する場合、Visual C#のコンソールアプリケーションを選択します。
20150416-2

4. ソース編集画面が開きます。
20150416-3

5. DBMotoのAPIライブラリを追加するため、「参照設定」⇒「参照の追加」を選択します。
20150416-4

6. C:\Program Files\HiT Software\DBMoto V9\APILibrary.dll を追加します。
20150416-5

7. プロジェクト名\bin\Debug 内にC:\Program Files\HiT Software\DBMoto V9\DBMoto.config をコピーします。
20150416-6

8. ソースコードを記述して保存後、デバッグ開始をクリックします。
20150416-7

9. コンソール画面が立ち上がるので動作を確認します。
20150416-11

10. コンソール画面が閉じ、正常終了を確認します。
20150416-8

11. バッチファイル等から直接実行する場合はプロジェクト名\bin\Debug内のexeファイルを実行します。
20150416-9

12. 上記のexeファイルをC:\Program Files\HiT Software\DBMoto V9内にコピーして実行することも可能です。
20150416-10

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください