新規インストール手順【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMotoのインストールは非常に簡単です。
DBMotoはWindowsマシンの.NET Framework上で動作します。

ということで…

■インストール要件

・Windows 2000/Xp/Vista/7、Windows Server 2003/2003R2/2008/2008R2
・.NET Framework 2.0 SP2以上がインストールされていること。

.NET Frameworkについてですが、

Windows Server 2003R2であればVer2.0が、
Windows Vista/Server 2008であればVer3.0が、
Windows 7/Server 2008R2であればVer3.5がプレインストールされているので、そのまま使用可能です。
Windows 2000/XP/Server2003についてはインストールされていなければ予めインストールしておく必要があります。

なお、Ver1.0/1.1では動作しません。最新のVer4.0は動作OKです。
適切な.NET Frameworkがインストールされていない場合はインストール時にエラーが出ます。

■新規インストール手順

1. setip.exeファイルを起動します。
なお、Windows Vista/7/2008/2008R2の場合、管理者権限で実行してください。

2. 「Next」を押下します。

3. 「I accept the license agreement.」にチェックを入れ、「Next」を押下します。

4. インストール先を確認し、「Next」を押下します。通常はデフォルトのままで問題ないはずです。

5. 通常は「Standard Installation」にチェックを入れ、「Next」を押下します。
「Remote Management Center Installation」は、複数台のDBMotoをリモートで管理する場合に選択します。

6. ライセンスファイル取り込みのため、「Import」を押下します。

7. ライセンスファイルを選択します。

8. ライセンスファイルのパスが表示されていることを確認します。
また、通常は「Create a Windows Services for the Data Replicator」にチェックを入れて「Next」を押下します。
これにチェックが入っていると、DBMotoのレプリケーション実行ツール「Data Replicator」がWindowsのサービスとして実行できるようになります。

9. インターネットアクセスがある場合は「Enable ~」に、インターネットアクセスがない場合は「Disable ~」にチェックを入れて「Next」を押下します。

10. 「Next」を押下するとインストールが始まります。

11. 8で「Create a Windows Services for the Data Replicator」にチェックを入れた場合にのみ表示されます。
そのまま右上の×で閉じて問題ありません。

12. インストールは完了です。

以上です。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください