Ritmo:DB2対応.NETマネージド・プロバイダ・ファミリ


Ritmoファミリは.NETフレームワーク・ベースのアプリケーションからすべてのDB2サーバにアクセスを可能とする .NETマネージド・プロバイダ製品から構成されています。

Ritmo/i はIBM i systems (IBM OS/400プラットフォーム, iSeriesとAS/400)上のDB2をアクセスするためのファミリーで、サーバ、クライアント、開発キット版から構成されています。Ritmo/DB2 はDB2 LUW(z/OS and OS/390, VSE/VM, AIX, Solaris, Linux, OS/2 and Windows)上のDB2をアクセスするためのファミリーで、同様にサーバ、クライアント、開発キット版から構成されています。


●100%マネージド・コードを提供しているので、.NETランタイム環境以外からのコールを必要としません。
これにより管理環境の外に存在するコンポーネントでのアプリケーション依存を除外することでアプリケーションのパフォーマンス、拡張性、安定性、セキュリティを向上させます。

●データベース・クライアント・ライブラリを必要としません。これにより、開発、テスト、ディプロイ期間を短縮でき、クライアント・バージョンでのアップリケーション問題を回避できます。またこれにより、高速化を可能としています。

●バルク・ローディング:高速バルク・ローディング機能により大量のデータを高速にロードすることが可能。

●業界で最高速のADO.NETプロバイダ・パフォーマンスとスケーラビリティを提供します。

●高速で、柔軟なアプリケーション開発:
データベース・クライアント・ライブラリが必要ないことで、ステップ・バイ・ステップのインストレーションをサポートし、同じマシン上で違ったデータベースのバージョンを使用して、複数のアプリケーションを稼動させることができます。これにより、アプリケーションがアップデートされても、関係のないアプリケーションまで再構築する必要はなくなります。

●堅固なセキュリティ機能
100%マネージド・コードが.NET管理環境外部のコンポーネントに依存することなく、ユーザ・アプリケーションは.NET内でのセキュリティ・コントロールの有利点をフルに活用します。

●1つのプロバイダで複数のDB2バージョンをサポート:DB2 LUW: 7.x, 8.x, and 9.x , iSeries: V5R1, 2, 3, 4 と V6R1, V7R1

主な利点:

*高速
*ネイティブなDB2プロトコールを使用していて、DB2ホストにソフトウェアを追加する必要がありません。
*ストアード・プロシージャ、マルチ・リザルト・セット、スタティックSQL/パッケージ、マルチ・スレッドのサポート
*データソース・コンフィグレーションと高速ダイアグ・ツールを準備
*2バイト文字対応
*開発版を使用することで開発期間短縮
*Visual Studio .NET との密なインテグレーション
*Microsoft Reporting Services と SQL Serverとのインテグレーション
*SSL(Secure Socket Layer)機能を内蔵

注:100%マネージドでは無い .NETプロバイダではDB2 Call Level Interface(CLI)へのブリッジか、DB2コネクト・クライアント・ライブラリ(CLR)が必要になり、これをアンマネージド・コードと呼びます。
.NETアプリケーションでは大量のデータを処理する必要があり、外部に多くのコールを発生させることはパフォーマンスを非常に劣化させます。
これらのクライアント・ライブラリはADO.NET用には最適化されていません。それによりネットワークでのオーバーヘッドを増幅させます。
さらにDB2クライアント・ライブラリ内のアンマネージド・コードへのコールは.NET CLRセキュリティをバイパスします。これにより、セキュリティに関する潜在的な問題が発生します。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください