IBM i対応のRitmo/i (.NETデータ・プロバイダ) Ver.6のリリース


IBM i対応のRitmo/i Ver.6がリリースされました。

Ritmo for IBM i Ver 6を活用することで、IBM DB2 for iデータストアを必要とするアプリケーション開発者はアプリケーション開発環境にEntity Frameworks または マイクロソフトLightSwitchを使用することができます。

Ritmo/i Ver.6の新機能:
●Microsoft ADO.NET Entity Frameworkを活用してのIBM i データへのネイティブなアクセス
●Visual Studio 2012, SQL Server 2012, SQL Server Data Tools (SSDT)との統合
Visual Studio LightSwitchのサポート
●SSRS/SSDT (SQL Server Reporting Services/Data Tools)でのマルチ・バリュー・パラメータのサポート

Ritmo/iは、Windows用の100%管理された.NETデータ・プロバイダで、SQLを使用してIBM i 上のDB2データにアクセスします。
Ritmo/i は IBM i Optimized Database Server (ODBS) プロトコールを使用し、追加のサーバ・ソフトは必要ありません。

Ritmo/i の詳細情報サイト

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください