AS/400でのジャーナルレシーバー作成手順【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMotoでAS/400からの差分レプリケーション(ミラーリング)を行う場合に、ジャーナルレシーバーを参照してトランザクションを確認します。
このため、予めAS/400側でジャーナルレシーバーを作成し、物理ファイルに対してジャーナルを起動する必要があります。

●ジャーナルレシーバーの作成

CRTJRNRCV を実行します。

ジャーナル・レシーバー名とライブラリ名、ジャーナル・レシーバーの最大サイズを指定します。

●ジャーナルの作成

CRTJRN を実行します。

ジャーナル名とライブラリ名、ジャーナル・レシーバー名とライブラリ名を指定します。
レシーバーの管理は「*SYSTEM」の場合はサイズ上限時に自動で切り離し、「*USER」の場合は自動で切り離しません。
レシーバーの削除はレシーバーの管理が「*SYSTEM」の場合に古いレシーバーを削除するかどうか指定します。

●ジャーナルの起動

STRJRNPF を実行します。

ジャーナル処理する物理ファイル名とライブラリ名、ジャーナル名とライブラリ名を指定します。
レコード・イメージは原則として「*BOTH」を設定してください。
「*AFTER」にした場合は、DBMotoでレプリケーションする際に、AS400のROW IDとのマッピング設定が別途必要となります。

以上で作業は完了です。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください