DBMotoとIBM Cloud上の DB2 Warehouse on Cloudへの接続


IBM Cloudで使用できる Db2 Warehouse on Cloud(旧dash DB)に対して、
データレプリケーションツールである「DBMoto」を使用した際の設定方法をご紹介します。

◇Db2 Warehouse on Cloudでの設定

まず、Db2 Warehouse on Cloudへログインします。
ログインにはデフォルトユーザであるbluadminを使用します。

次にDb2 Warehouse on Cloud側でDBMotoで使用するユーザを作成します。

Db2 Warehouse on CloudのGUI上で作成できるユーザには、
権限としてAdministratorとUserのどちらかを割り当てることができます。

DBMotoで使用するユーザには、Administrator権限が必要となります。

DBMotoで使用するユーザを作成後、スキーマを作成します。

これだけでDb2 Warehouse on Cloud上での設定は終わりです。
次に、DBMotoとの接続設定を行います。

◇DBMotoでの接続設定

DBMotoより接続を行う際の設定を紹介します。
Db2 Warehouse on CloudはDB2 LUW互換であるため、
接続の際にIBM DB2 for LUWを指定します。

次に、接続パラメータを指定します。
先ほど作成したdbmotoユーザを用いて接続を行います。
パラメータ指定の際には、Encrypted User And Passwordを指定し、
データベース名をBLUDB、ポートを50000と指定します。

これによりDBMotoとDb2 Warehouse on Cloudを接続することができます。

次回は実際にDBMotoを使用してDb2 Warehouse on Cloudへテーブルを作成する方法、
データのレプリケーションについて紹介します。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください