Oracle Multitenantアーキテクチャに移行する5つの理由 [あるユーザの経験談から]


OracleのMultitenantテクノロジにより、複数のデータベースを単一のコンテナデータベースにプラグインできます。あなたの組織が移行を考慮する必要がありますか。

私の会社の開発およびデータベースをOracle Multitenantアーキテクチャに移行し始めました。マルチテナントは新しいものではなく、Oracle Datebase 12c、バージョン12.1.0.1の最初のリリースで2013年にデビューしました。なぜ私たちはOracle Multitenantアーキテクチャに移行したのか。

以下は、廃止された技術の懸念からより容易な管理まで、そして既存のシステムにされに多くのデータベースを展開するための理由の一覧です。Oracle Multitenantを採用する際に組織に参加することを検討する必要があるかどうかを確認してください。これらのデータベースを1つのコンテナデータベースに入れることができます。マルチメンテナントは、仮想化がデータベースレベルに移行したと考えてください。

Oracleでは、マルチテナントではないアーキテクチャを非難しています。そのとおり、Oracle Multitenantアーキテクチャに移行することを余儀なくされていますが、Multitenant以外の構成が存在しなくなるOracle Datebaseバージョン計画はありません。たとえマルチテナント機能が不要であっても、1つのプラガブルデータベースをコンテナに入れることで、新しいアプローチに慣れ始めることができます。これは、Oracleがシングルテナント構成と呼ぶものです。

つまり、追加コストの技術を支払う必要はありません。プラグイン可能なデータベースが1つしかない場合、Oracle Multitenantは無料です。ただし、完全なマルチテナントアーキテクチャで複数のプラガブルデータベースを実行したい場合は、追加ライセンス料を支払う必要があります。

私たちのVMware仮想化環境は終わりに近づいています。現在、当社の開発およびテストデータベースはVMwareで稼働しており、OracleのみのVMware ESXクラスタのプロセッサでOracle Datebaseのライセンスを取得しています。しかし、2018年9月に一般的なサポートを失うESXi 5.5が稼働していますエンタープライズ内のすべてのESXクラスタのすべてのプロセッサ上でOracle Datebaseのライセンスを取得されることなく、新しいESXi 6.0以上にアップデートすることはできません。Oracleの立場は、仮想マシン(VM)を他のESXクラスタにライブマイグレーションするのは非常に簡単であるため、すべてのライセンスを取得する必要があります。

VMware ESX上でOracleを稼働させることは素晴らしいものでしたが、長期にわたって継続することはできません。私の会社は、別のソリューションを見つける必要があり、私たちのデータベースインフラストラクチャには依然として機敏性があります。物理サーバ上でOracle Multitenantを実行することで、OracleのインフラストラクチャからVMwareを削除することができ、VMwareを保持するだけでなく、俊敏性も向上させます。

データベース管理が容易になります。Oracle Multitenantアーキテクチャは、データベース管理者(DBA)の業務への取り組みを大きく変えます。特定の管理タスクをコンテナまたはプラガブルデータベースレベルで実行する必要があるかどうかを理解する必要があります。ただし、DBAが学習曲線を克服すると、データベースの管理にかかる時間が短縮されます。

私がその会社で働いていた時、数重の非生産データベースを持っていました。7年間で、その数は30以上のデータベースに増加しました。しかし、コンテナデータベースレベルのタスクは、プラグイン可能なデータベースの数にかかわらず、一度だけ実行する必要があります。また、プラグイン可能なデータベースレベルのタスクは、実行するためにすべてのデータベースをループするように簡単にスクリプト化されています。

さらにデータベースを追加できます。私の会社は限られたデータベースで常に苦労してきました。非生産データベースの数が12から30以上に増えたのを見てきました。私たちの経営陣は、アプリケーション開発者にとってより多くのデータベースを提供することを大変喜ばしく思っていますが、VMwareハイパーバイザーホストのリソースに関する問題に縛られています。

別のVMスピンアップするためには、より多くのメモリが必要です。これは、使用可能なRAMの量がボトルネックと思われるためです。Oracle Multitenantアーキテクチャを使用することで、すべてのVMからメモリやその他のシステムリソースのオーバーヘッドを排除できます。これにより、同じ物理ハードウェアを使用して以前よりも多くのデータベースを展開できます。

より迅速にクローンを作成することができます。データベースクローンを作成するためのスクリプトが用意されています。ディスクベースのスナップショットを使用して、ディスクストレージ上に複数テラバイドのデータベースをクローンします。それらのクローンボリュームをVMにマウントしてデータベースを開きます。

現在の設定では、本番データベースの複数のクローンを仮想マシンに作成できます。これらのクローンは、テストデータベースと、生産のコピーである多くの開発データベースを作成するために使用されます。

Oracle Multitenantは、プラガブルデータベースをクローニングできますが、スナップショットクローンを実行する機能も備えています。通常のクローンは、データベース内のすべてのデータファイルを複製します。これは小規模なデータベースに最適ですが、本番データベースのサイズは15TBを超えています。

通常のマルチテナントクローンではデータファイルの複製が必要ですが、スナップショットクローンは複製せずに1分以内に完了します。元のプラグイン可能なデータベースは元のブロックを使用しますが、クローンは変更ブロックのコピーのみを取得します。これにより、非常に高速なクローン作製が可能になると同時に、ディスク領域の要件も削減されます。

 

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください