[DBMoto] リモートディストリビュータの設定方法


通常DBMotoにおいてSQL Serverよりレプリケーションを実行する場合、
元のデータが存在するSQL Serverにディストリビュータを設定します。

しかし負荷分散などの目的で、別のSQL ServerからオリジナルのSQL Serverに対してディストリビュータを設定することができます。

DBMotoではリモートディストリビュータをGUIコンソール上から設定することができます。

DBMotoのコンソールより、SQL Serverの接続プロパティを表示後、
トランザクションの設定にて下記画像のようにリモートディストリビュータ用
のSQL Serverと、ディストリビュータが使用するデータベース、ログイン情報を指定します。

※「ディストリビュータ用のインストールパスを指定」は通常指定する必要はありませんが、
リモートディストリビュータ設定時に問題が発生した場合は、
この中にディストリビュータを作成するフルパスを入力する必要があります。

 

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください