Azureのデプロイメントオプションで適切なSQL Serverを選択する方法


AzureクラウドにSQL Serverを展開するには、2つのオプションがあります。 Azure VM上のAzure SQLデータベースとSQL Serverのどちらを選択するのに役立つのかを見てみましょう。

AzureでSQL Serverを実行する組織には、Azure仮想マシンにSQL Serverをインストールする方法とAzure SQLデータベースを使用する方法の2つのオプションがあります。 どちらのアプローチもMicrosoft AzureクラウドでSQL Serverデータベースをホストするために使用できますが、実際の違いはいくつかあります。

Azure SQLデータベースは、SQL Serverユーザー向けのサービス(PaaS)としてのMicrosoftのプラットフォームです。したがって、主にSQL Serverの管理と保守に関連するすべての管理タスクについて、クラウドでデータベースを実行したい組織に適しています。 Microsoftは、クラウドサービスの一部として、パッチ管理などのすべての日常的な保守作業を処理します。

この利便性の代わりにデメリットとして、SQLデータベースはSQL Serverほどの機能が豊富ではないということです。たとえば、マイクロソフトは基盤となるOSやSQL Server自体を公開しません。そのため、データベース管理者はOSの構成を変更することができず、SQL Serverを管理するオプションは非常に限られています。

また、SQLデータベースは主にコマンドラインから管理されるように設計されていることにも注意してください。 Microsoftは2017年初頭にブラウザベースのクエリエディタをリリースしましたが、SQL Server Management Studioを使用してクラウドプラットフォームを管理することはできません。

さらに、Azure SQLデータベースは、サポートできるデータベースの最大サイズに関して制限されています。最近まで、サイズの制限は1 TBでしたが、大規模なデータベースは分割することができました。マイクロソフトは2017年3月にサイズ制限を4 TBに引き上げましたが、これはローカルとクラウドの両方でSQL Serverの最大サイズよりもずっと小さくなっています。

構成とコストの計算

SQLデータベースはサービスとして販売されるため、従来のソフトウェアライセンスは必要ありません。 代わりに、加入者には毎時の定額料金が課金され、地理的に異なる地域のAzureシステムへの送信データ転送には追加料金がかかります。 しかし、定額制の課金はそれほど単純ではありません。

マイクロソフトでは、Basic、Standard、Premium、Premium RSの4種類のサービス階層を提供しています。 正しいパッケージと適切な構成を選択するためには、組織は、ワークロードに必要なストレージ容量、システム可用性、およびパフォーマンスレベルを決定する必要があります。

パフォーマンスは、CPU、メモリ、およびI / O使用量の混合測定値であるデータベーストランザクションユニット(DTU)の数に基づいています。 DTUとストレージのさまざまな組み合わせは、時間単位のさまざまな価格で利用できます。 ユーザーは、複数のデータベースをエラスティックプールにグループ化して、エラスティックDTUまたはeDTUの全体的な測定に価格設定することもできます。

 

 

Azure SQLデータベースにSQL Serverをデプロイする主な用途は2つあります。 まず、従来のSQL Serverの導入をサポートするITスタッフが不足している場合や、データベース管理者(DBA)の管理負担を軽減しようとしている場合に、クラウドサービスの使用を選択する可能性を提示できます。 次に、SQLデータベースは、アプリケーションの開発時間を短縮する必要がある組織にとって最適なプラットフォームです。

Azure仮想マシン上でSQL Serverを実行することは、構内のSQL Serverを実行することに似ています。 他のVMと同様に、OSを含む仮想マシンのコンテンツにフルアクセスできます。 マイクロソフトは、Azureポータルを通じてSQL Server VMイメージを新しいペイ・パー・ミニ・ライセンスまたは既存のオンプレミス・ライセンスの再利用のいずれかで容易に利用できるようにします。 また、独自のライセンスの1つを使用して、VMにSQL Serverをインストールすることもできます。

VMを使うことによるメリット

Azure VM上でSQL Serverを実行することは、データベースソフトウェアとその基盤となるオペレーティングシステムを完全に制御する必要がある組織にとっては最適な選択ですが、VM内でSQL Serverを実行する利点もいくつかあります。

まず、慣れ親しんだ操作で行うことができます。 Azure VM上で動作するSQL Serverインスタンスは、オンプレミスSQL Serverシステムと同様に動作し、動作します。 DBAは、すでに使用していたものと同じ管理ツールを同じ方法で使用することができます。

Azure VMでSQL Serverを実行するもう1つの利点は、Azure VM上でSQL Serverで実行する方法が、Azure SQLデータベースよりも大きなデータベースに対応できることです。 Azure VMには最大64 TBのデータベースストレージをプロビジョニングでき、SQLデータベースの最大4 TBを16倍以上上回ります。

最後に、VM上でSQL Serverを実行することは、クラウドに移行する既存のSQL Serverデータベースを持つ組織にとって、最適な選択です。オンプレミスデータベースをAzure SQLデータベースに移行することは可能ですが、Azure VMで実行されているSQL Serverインスタンスに移行することがほとんどの場合、より簡単に行うことができます。

ご覧のとおり、Azure SQLデータベースとAzure VM上で動作するSQL Serverには基本的な違いがあります。どんな状況においてもどちらのアプローチも他のアプローチより優れていません。単一の組織内であっても、一部のクラウドベースのワークロードはSQL Server上で実行され、他のワークロードはSQLデータベース上で実行されるのが一般的です。使用するプラットフォームは、ブランケット企業の方針ではなく、特定のワークロードの要件に基づいて決定するのが理想的です。

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください