ライセンス体系とアーキテクチャについて【Javaチャート・グラフ作成ツールEspressChart】


★EspressChartの開発キット(Development license)には下記のコンポーネントが含まれます。

1) Chart API
2) Chart Designer
3) Espress Manager
4) Chart Viewer

Chart DesignerはChart Serverを必要とし、Chart Serverのユーザ接続数は1です。
開発キットは各開発用ワークステーションに必要ですが、CPU数には依存しません。

★EspressChartのサーバライセンス(Deployment license)には
Chart DesignerとHelpフォルダが含まれません。
Chart Serverのユーザ接続数は無制限です。
2CPUまでのCPUライセンスを含みます。
*CPU コア数(Dual、Quad)には依存しません。CPU数=Socket数です。
それ以上のCPUはそれぞれ追加CPUライセンスが必要です。

★EspressChartの基本パックは
EspressChartのサーバライセンスx1セット & EspressChartの開発キットx1セット
の構成になります。

各コンポーネントの詳細は次のサイトを参照ください。

不明な点がありましたら(株)クライム ソフトウェア事業部までお問合せください。
Email : soft@climb.co.jp
Tel:03-3660-9336

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください