ETLツール不要のデータ抽出・デザインと多様なデータ形式のサポート【Javaグラフ作成ツールEspressChart】


データ管理

EspressReport/Chartはすでに組み込まれたデータソース マネジャーとクエリー ビルダーでデータのハンドリングができるユニークなシステムを提供します。EspressReport/ChartはJDBC/JNDIソース、XMLファイル、テキスト ファイルから直接データを呼び込みます。アプリケーション・オブジェクト/アレー・データはAPIまたは、Javaクラス、EJB, SOAP,SalesForce経由で抽出することができます。データソースマネジャーによりレポート作成に使われるすべてのデータソースを管理することができます。

データソースマネージャウィンドウ

データソースマネジャー ウィンドウは階層ファイルシステムのようになっていて、テキスト、XMLファイルのデータベース接続情報、クエリー、ファイル位置をストアーできます。データソース レジストリーはEspressReport/Chart外での変更を可能にして、XMLフォーマットでストアーされます。

1. 完全なSQLコントロール

EspressReport/Chartはリレーショナル データベースのクエリーができるユティリティーを持っています。クエリーはQBEスタイルのウィンドーでデザインされ、クエリーデザインに関して高い柔軟性を持っています。クエリーはセーブ、変更ができ、複数のレポートが同じクエリーから作成できます。クエリービルダーでデータベース式の作成、ユーザ自身のデータフィールドの構築が可能です。


クエリービルダーウィンドウ

2. 拡張型XMLサポート

多くのアプリケーション・モジュールはアプリケーション・コンポーネント間のデータの圧縮、転送にXMLを活用しています。このデータ・タイプをレポートするために、EspressReportはXMLデータの定義とクエリの設定をするための拡張型インターフェイスを保有しています。DTDファイルをベースにして、ユーザはXMLファイルからクエリや、サーブレット/JSPからXMLアウトプット・ストリームを生成することができます。


データビューのコンディションウィンドウ

3. Javaオブジェクト/アレー・データ

EspressReport/Chartはリレーショナル・データベースやXMLソースから直接データを引き出すだけでなく、Javaオブジェクトやアレーから、またはEJBへ接続することによりレポートに直接にデータを渡すことができます。ランタイムではデータを直接にレポートに渡すことができ、デザイン時ではオブジェクト/アレーデータはJavaクラス・ファイルから引き出すことができます。EspressReport/Chartはユーザのアプリケーション・データをEspressReport/Chartに組込むためのいくつかの違ったインターフェイスを準備しています。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください