NASデバイスのバックアップを保護するためのヒント


NASデバイスは、あらゆる規模の企業に信頼できるデータストレージとして提供されています。そのデータをバックアップするには、企業は追加のデータ保護対策を実施する必要があります。

ネットワーク接続型のストレージシステム(NAS)では、データを外付けの物理ドライブに保存するため、バックアップやリカバリーの機能が組み込まれていないことが多いが、幸いなことに複数のNASデバイスのバックアップ方法が簡単かつ広く利用可能です。


NASのOSはパフォーマンスに最適化されており、一般的なバックアップソフトウェアのエージェントは含まれていません。以前は、NASデバイスから大量のデータをバックアップする唯一の方法は、テープを別の場所に輸送するという長いプロセスを必要としました。圧縮技術とクラウドの台頭により、NASデバイスのバックアップは非常に簡単になりました。

NASの使用例

あらゆる種類や規模の企業が、あらゆる形態や量のデジタルコンテンツを安全にバックアップし、リカバリーするためにNASを使用しています。このステップは、ハードウェアの故障、災害、内部または外部のネットワーク攻撃の際には情報を保護します。

最も一般的な使用例は、非構造化データの保存です。構造化データは、データベースやエンタープライズコンテンツ管理システムなどの組織化されたシステムに存在しますが、非構造化データは別の問題です。

非構造化(unstructured)データとは、どこかに保存しなければならないその他のデータのことで、できれば、意味のあるファイルやディレクトリ階層を作成して整理したいものです。
さらに、特にSMB分野では、NASデバイスは、個々のユーザーや部門全体がアクセスする文書やマルチメディアファイルを保存する中心的な役割を果たすことが多いです。大企業では、サーバがNASデバイスからデータをマウントすることが多く、OSファイルから重要な分離が保たれています。

一般的なNASバックアップの課題

企業が取り組むべきNASデバイスのバックアップに関する最も重要な課題は、バックアップ・リカバリーツールの導入を忘れないことです。

運用意識の低い組織では、NASを購入しても、いったん保存されたデータを保護するシステムの設計を怠ってしまうことがよくあります。

NASデバイスは、ミラーリングやパリティ機能を備えたマルチディスクシステムです。これらのメカニズムは、ディスクが故障した場合にのみデータを保護します。誤って削除されたファイルやランサムウェアからの攻撃を防ぐことはできません。

従来のNASのバックアップでは、NASをバックアップメディアサーバーなどの別の外部機器にバックアップする必要がありました。その後、メディアサーバーをオフサイトのテープストレージにバックアップします。この方法では、時間とコストがかかるという問題があります。

最新のNASデバイスのバックアップ手法を比較
最適なNASのバックアップ方法は、組織によって異なります。既存のインフラや、データの量と種類によって、どのNASバックアップ方法が最適かが変わります。NASのバックアップを作成する基本的な方法は、圧縮や重複排除によるデータ削減、スナップショット、クラウドベースのストレージの3つです。

1.  圧縮および/または重複排除: 圧縮と重複排除は、バックアップ・ターゲットが必要とするストレージの容量を削減するデータ削減方法です。必要な容量が減れば、バックアップ・サーバはプライマリソースと1対1の比率でストレージ容量を含む必要はありません。圧縮または重複排除の比率は、データの種類に応じて異なります。

2. スナップショット・バックアップ:ストレージ・スナップショットは、目次のような役割を果たすデータ参照マーカーです。ユーザは特定の時点のデータのコピーに簡単にアクセスすることができます。スナップショットは、特に変更の少ないシステムにおいて、スペース効率の高いアプローチを提供します。

一方で、ストレージスナップショットはバックアップソリューションとしてよく宣伝されていますが、これは誤解を招く恐れがあります。スナップショットは、二次メディアにコピーされない限り、メディアの障害から完全には保護されません。スナップショットはNASデバイスのバックアップツールとして役立ちますが、フルバックアップの代わりにはなりません。

3. パブリック・クラウド:パブリック・クラウドは、安全なオフサイト・バックアップ・ターゲットであり、最も一般的なNASデバイスのバックアップ方法です。

今日のNASデバイスは、AWS、Microsoft Azure、Wasabiなどの一般的なクラウド・ストレージプロバイダーとの統合をサポートする必要があります。クラウドプロバイダーと連携することで、バックアップ管理者は、バックアップの頻度や保存期間を設定することができます。パブリック・クラウドとNASの統合により、組織のバックアップ・ポリシーの一環として、クラウドのターゲットに直接対応することができます。

あらゆる規模のNASベンダーが、クラウドストレージの統合をサポートしています。クラウドバックアップ統合の課題は、通常、NASデバイスではなく、適切なクラウド・プロバイダーを見つけることです。様々なベンダーが提供するいくつかの重要な要素があります。チャレンジは、それらを組み合わせてバックアップに利用することです。

マネージド・サービス・プロバイダは、組織のNASデバイスとクラウド・プロバイダのバックアップ・ストレージとの間のギャップを埋めるために、セットアップとデータ保護を担当することができます。マネージド・サービス・プロバイダーには、クラウド・ストレージの使用料、バックアップを監視する日常業務、障害やその他のデータ・ロスト・イベント後のリストアを処理する業務に対する維持サービス料を支払うことになります。

2021/10/14(木)15:00開催Webセミナー[ファイルサーバを高速バックアップ!Veeam NASバックアップのここがスゴイ!]

 

関連トピックス:

カテゴリー: BCP, クラウド・仮想インフラ タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL