vSphere CLI コマンド(vmware-cmd)【仮想化プラットホーム VMware vSphere】


ESX、ESXi上にあるVM(仮想マシン)へvmware-cmdコマンドを使用し、リモート操作する方法です。
ESXiにはサービスコンソールがありませんが、リモート操作でコマンドを使用することができます。

【前提条件】
・コマンドを実行するPCにvSphere CLIがインストールされている。
※vSphere CLIのインストール手順は↓

vSphere CLI インストールについて【仮想化プラットホーム VMware vSphere】

・操作するVM(仮想マシン)にVMwareToolsがインストールされている。
※VMwareToolsのインストール手順は↓
VMware toolsのインストール方法【Linux編】【仮想化プラットホーム VMware vSphere】

【コマンドプロンプト起動】
・[スタート]-[すべてのプログラム]-[VMware]-[VMware vSphere CLI]-[Command Propt]を起動

【コマンド実行】
・VMware vSphere CLIフォルダにあるbinフォルダへ移動(cd bin)
・binフォルダ内で【vmware-cmdコマンド】を実行

【vmware-cmdコマンド】
・ゲストOSのvmxパス確認
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] -l

・vSpere Clientからインベントリ削除
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] -s unregister [vmx]

・vSpere Clientへインベントリ登録
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] -s register [vmx]

・状態確認
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] getstate

・電源OFF
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] stop soft
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] stop hard
soft:通常 hard:強制処理

・電源ON
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] start

・再起動
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] reset

・休止状態
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] suspend

・スナップショット存在確認
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] hassnapshot

・スナップショット作成
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] createsnapshot name description quiesce memory
name:名前 description:説明
quiesce:sync driverを実行する(1)orしない(0)
memory:VM(仮想マシン)のメモリのスナップショットを取得する(1)orしない(0)
※quiesce、memory両オプションを1に設定した場合、quiesceは無視されます。

・スナップショット削除
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] removesnapshots

・ひとつ前のスナップショットへ戻す
vmware-cmd.pl –server [server] –username [name] –password [pass] [vmx] revertsnapshot

[server]:ESX(i)サーバー名(xx.xx.xx.xx)
[name]:ESX(i)サーバーログイン名
[pass]:ESX(i)サーバーログインパスワード
[vmx]:vmxパス(ゲストOSのvmxパス確認で分かります)

関連トピックス:

カテゴリー: VMware パーマリンク

1 Response to vSphere CLI コマンド(vmware-cmd)【仮想化プラットホーム VMware vSphere】

  1. ピンバック: VMware/Hyper-V対応ツール 技術ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL