StarWindでIT資産所有総コスト(TCO)の削減とスケーラビリティを確保[StarWind VSAN事例:ProPortion Foods様]

『StarWind VSANは強力で信頼性の高い製品です。スケーラビリティが簡単なことも、業務用のストレージ エリア ネットワークでは極めて重要な利点です』― ITディレクター、ネイザン・ヘス氏

続きを読む
コメントする

保護中: N2WS Backup & Recoveryで必要な権限について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

StarWind Virtual SANがもたらす高可用性、データ安全性、ベンダー非依存性[StarWind VSAN事例:The Reynolds Company様]

『我が社の目標は24時間365日の稼働、そして更新時や緊急時にもVMのシャットダウンやマイグレーションなしにメンテナンスを可能にすることでした。StarWindは決して期待を裏切りません』― ネットワーク管理者、ジェレミー・モフィット氏

続きを読む
コメントする

StarWind Virtual SANのL1、L2キャッシュ処理でシステムパフォーマンスを改善[StarWind VSAN事例:VISMA様]


『StarWindはトラブルシューティングを円滑にし、システム制御とサポートを改善してくれました』― システム管理者、シプリアン・ビザ氏

続きを読む
コメントする

StarWindで不具合の一切ないITインフラのライフサイクルを確保[StarWind VSAN事例:BLDD Architects様]

『StarWindには大変満足しています。高性能なのにシンプルなメンテナンス、そして、このコストパフォーマンスの高さです』― シニアシステム管理者、ダン・レイノルズ氏

続きを読む
コメントする

StarWindでITインフラを仮想化[StarWind VSAN事例:South Gibson School Corporation様]

『StarWindを薦められたとき、ここまで素晴らしいとは思いませんでした。経費も削減できたし、とにかく機能性が言うことないです。100%信頼しています』― ITコーディネーター、マット・ビルダーバック氏

続きを読む
コメントする

既存ハードウェアをそのまま再利用しながらStarWindで柔軟な共有ストレージを構築[Starwind VSAN事例:Quick Bridge Funding様]

『優れたソリューションであることは、すでに知られていて、あらためて言うまでもありません』― シニア システム エンジニア、タイタス・チュウ氏

続きを読む
コメントする

Webセミナー録画 [Veeam新機能 徹底解説 Part 6:マルチテナント環境でのバックアップ/リストアを楽々実現! ユーザによるセルフサービスな運用もVeeamで!] 2019/05/23開催

最新版Veeam Backup & Replication 9.5 update 4の各種新機能を、機能別に紹介するどこでもセミナー第6弾です。

マルチテナント環境でデータ保護運用を行いたい
・バックアップ/リストア作業を各ユーザに委任したい
・バックアップ管理者の手間を削減かつ、セキュアな運用を実現したい

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

費用効率の高い共有ストレージをStarWind Virtual SAN(VSAN)で実現。コンピューティングとストレージが独立したアーキテクチャにも最適なソリューション[StarWind VSAN事例:PROJECT Investment Group様]


『管理のシンプルさと総体的な低コストが魅力で、我々はStarWindを選びました。結果は期待以上で、パフォーマンスを損ねることなく、将来的な拡大も見据えられるようになりました』

続きを読む
コメントする

VeeamによるOracle DBの保護手法まとめ[Veeam Backup & Replication]

Veeam Backup & ReplicationではOracle関連の機能として以下を提供しています。

  • イメージベースバックアップ時のOracle DB静止処理
  • アーカイブREDOログの定期バックアップ機能
  • Oracle RMANとの連携機能
  • Oracle DB単位でのリストア機能(Veeam Explorer for Oracle)

このうち、Oracle静止処理アーカイブREDOログの定期バックアップはVeeam上で設定するバックアップジョブの一部であり、Veeam側からキックするものとなっており、ジョブに設定された認証情報でゲストOSにアクセスしランタイムプロセスを自動配置して処理を行いますので、ユーザは配置されるエージェントを意識せずに構成できます。

続きを読む
タグ: , | コメントする

VeeamON 2019 in マイアミ 最新情報レポート ②

5/2022にマイアミで行われている仮想環境のデータ保護ソリューション「Veeam」のイベントであるVeeamON 2019報告レポートその②です。

続きを読む

タグ: , | コメントする

VeeamON 2019 in マイアミ 最新情報レポート ①

5/20~22にマイアミで行われている仮想環境のデータ保護ソリューション「Veeam」のイベントであるVeeamON 2019の情報をご紹介します。

セッションは2日目から開始され、まずはビジョンジェネラルセッションの様子を紹介します。

●ビジョンジェネラルセッション

現在ワールドワイドで展開しているVeeamソフトウェアの顧客数データが更新され、
現時点では35万人を超えるユーザに愛用頂いており、さらにVeeamはソフトウェアのみで(ハードウェア展開なしで)なしで
売り上げが1億ドルを突破する見込みであると紹介していました。

続きを読む

タグ: , | コメントする

Webセミナー録画 [『VMware Cloud on AWS』×『Veeam』移行/データ保護の最適解はこれだ!] 2019/05/16開催

AWS上にvSphere環境を簡単に構成できる『VMware Cloud on AWS』。
昨今話題となっている本サービスですが、実際に導入を検討/運用する上で、下記のような悩みが生じていませんか?

・オンプレミス環境から『VMware Cloud on AWS』への移行を簡単に行いたい
・『VMware Cloud on AWS』のデータ保護もしっかり行いたい
・災害対策用途で用いたいが、どのように構成すればいいのか知りたい

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Amazon Data Lifecycle Managerに代わる、N2WS Backup & Recoveryの簡単、高速なバックアップ

クラウドのインフラストラクチャを利用する場合、適正なバックアップが確実に行われるようにしっかり監視する必要があります。誤ってインフラストラクチャが削除されたり、クラウドプロバイダ側でハードウェアがダウングレードされたりしないとも限りません。その場合、インスタンスが停止状態になり、データが不完全になったり、その後の処理が不能になったりします。インフラストラクチャをAmazonで稼働させているなら、EC2(Elastic Compute Cloud)データを正しくバックアップするいちばん良い方法はEBS(Elastic Block Store)ボリュームのスナップショットを取ることです。

続きを読む
タグ: , , , , | Amazon Data Lifecycle Managerに代わる、N2WS Backup & Recoveryの簡単、高速なバックアップ はコメントを受け付けていません。

保護中: N2WS Backup & Recovery 2.4:Amazon S3へのスナップショットアーカイブとアカウント間をまたがる増分バックアップについて

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , , , , | 保護中: N2WS Backup & Recovery 2.4:Amazon S3へのスナップショットアーカイブとアカウント間をまたがる増分バックアップについて はコメントを受け付けていません。