Kasten K10 V4.5で実現、Kubernetesアプリケーションのバックアップとモビリティをエッジ環境に

クラウド環境においてステートレスまたはステートフル アプリケーションを実行させるコンテナ プラットフォームとして、今やKubernetesは紛れまないデファクトスタンダードとなっています。ビジネス オペレーションのエコシステムとして、企業のクラウドへの依存度は年々高まる一方です。企業の開発チームもIT運用チームも、プラットフォームの革新のスピードに追いついていくために、常にスキルやプロセスをアップデートする必要に迫られています。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

CloudBerry Backup Ver 7.2でのImmutability(不変性)機能のサポート

(注)この機能は新しいバックアップフォーマットでのみサポートされています。

Immutability(不変性)とは:

続きを読む
タグ: | コメントする

コロナ禍で急務となるITレジリエンスの獲得 ― 実現のための3要素

コロナ禍が長引く中、ITレジリエンスのある企業とない企業で差が開きつつある、という記事をよく見かけます。たしかに、パンデミックが始まって以降、特にデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性を叫ぶ声も目立つようになりました。

続きを読む
コメントする

クラウドのデータも安心して暗号化 HyTrust KeyControl 5.4新機能 『BYOK』

HyTrust KeyControlは、vSphere標準の暗号化機能やvSAN暗号化、vTPMモジュールと連携したBitLocker、Nutanix AHVで提供されている暗号化など、様々な暗号鍵を管理できるアプライアンスです。

このKeyControlですが、バージョン5.4にてBYOK(Bring Your Own Key)機能がサポートされ、クラウドプロバイダーに対してユーザが独自で生成した暗号鍵を持ち込み、管理することができるようになりました。
※現在はAmazon Web Serviceのみがサポートされています。

続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

[Zerto]Azureスケールセットのネットワークやサブネット指定について

VMware、Hyper-V、AWS、Azure間のリアルタイムレプリケーションが可能な「Zerto Virtual Replication」。レプリケーション作成やフェイルオーバ、移行といった基本的なオペレーションは全てZerto管理画面から操作可能となっております。更にタイムアウト設定や細かなチューニング設定などはTweak Tool を使用することで設定できます。

続きを読む
タグ: , , , , , , | コメントする

Veeam ONEでバックアップ環境監視に使用される認証情報

Veeam ONEに、Veeam Backup & ReplicationまたはVeeam Backup Enterprise Managerを登録すると、バックアップ状況やコンポーネントの監視、キャパシティプランニング、バックアップ構成のアセスメントなどが可能です。

続きを読む
コメントする

悲報!企業データの14%は一切バックアップされておらず、リカバリの58%は失敗に終わっている

企業データの14%は一切バックアップされておらず、しかもバックアップされたデータのリカバリは2回に1回以上(58%)失敗に終わっているのだそうです。

続きを読む
コメントする

保護中: HyTrust KeyControl アプライアンス管理者ユーザ(htadmin)のパスワードを忘れてしまった場合のトラブルシューティング方法

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード: (さらに…)
コメントを読むにはパスワードを入力してください。

保護中: HyTrust KeyControl/DataControl Web GUIログインユーザパスワードのリセットについて

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード: (さらに…)
タグ: , , , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

明日からでも実践できるゼロトラスト セキュリティ

いやはや、世知辛い世の中になりましたなぁ~

とは昭和のホームドラマで聞いたようなセリフですが、最近は聞かなくなりました。たとえば、玄関の戸締りが日中は要らなかった時代があって、それがやがて徐々にいつでも鍵をかける習慣に変わってきた頃、世知辛くなったなぁと表現するおじさんがいたのでしょう。

続きを読む
コメントする

Fast Clone(高速クローン)機能で高速バックアップを実現、プラクティスから既存リポジトリの構成変更手順まで[Veeam Backup & Replication]



VeeamではWindows のReFS、LinuxのXFSファイルシステムと連携することで、Fast Clone(高速クローン)機能を利用できます。

合成フルバックアップなどで、既存のバックアップファイルから新たにフルバックアップを作成する処理では、バックアップファイル内の実データブロックを移動する必要していましたが、このFast Clone機能を利用すると、既存データブロック参照する論理的な移動で実施できます。

続きを読む
コメントする

Kubernetes環境のセキュリティに関するQ&A

Kubernetes環境におけるデータ保護の基本を再確認

IT環境をコンテナ化し、Kubernetesを導入する企業が増え続けています。世界ではITインフラストラクチャの新しい業界基準として定着しつつあり、調査会社ガートナーによれば、2024年までには「成熟した経済圏における大企業の75%がコンテナを導入する」と見積もられています。この新しいIT環境を基準としたサービスやツールの開発も進んでおり、今後さらにコンテナ化の傾向に拍車がかかることは間違いありません。

続きを読む
コメントする

伝統的なバックアップとDRからの脱却 — リカバリこそすべて[Zerto Virtual Replication Ver9 ]

バックアップとDR(災害復旧)ソリューションは同化しつつあります。大小を問わず、バックアップ ソリューションのベンダーは、DRとオーケストレーションをプラットフォームに組み込むことを目指す傾向にあります。

続きを読む
タグ: , , , , , | 1件のコメント

Veeam Backup for Google Cloud Platform V2がリリース

Veeam Backup for Google Cloud Platform V2がリリースされました。その主な新機能を紹介します。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Veeam Backup for Microsoft Office 365でMicrosoft365のバックアップにWasabiを活用

前回のブログでWasabiのHot Cloud Storage with Object Lock機能を利用してVeeam Backup & Replication V11でのバックアップの不変性(Immutability )の実現方法を紹介しました。

今回はVeeam Backup for Microsoft Office 365を使用してWasabiのS3互換オブジェクト・ストレージへのMicrosoft365のバックアップ方法を紹介します。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Druvaの長期的なデータ保持(LTR)機能とOracle への direct-to-cloudリストア機能

DruvaのPhoenix Backup Store (PBS)は、ZFSストレージプールとNFSサーバーの両方として機能するソフトウェアアプライアンスです。これはNFSターゲットへのRMANバックアップのために、Oracleリレーショナルデータベースホストにストレージを展開します。ここでは、PBSを利用してDruvaのバックアップで長期データ保持(LTR:long-term data retention)を可能にするというテーマを掘り下げてみます。LTRとは、ストレージ階層化の新しい形を示す頭文字です。この新しい階層化により、バックアップ管理者、またはバックアップ管理者としてのOracle DBAは、RMANバックアップをAWSのDeep Glacier Archive Storageにロールオーバーするポリシーを作成することができ、その過程でストレージコストを最大20%削減することができます。

続きを読む
タグ: , , , , | Druvaの長期的なデータ保持(LTR)機能とOracle への direct-to-cloudリストア機能 はコメントを受け付けていません

保護中: 3.Xからのアップグレード手順[N2WS Backup & Recovery]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード: (さらに…)
保護中: 3.Xからのアップグレード手順[N2WS Backup & Recovery] はコメントを受け付けていません

Veeam Agentの使用方法 動画まとめ

Veeam Agentの使用方法として、以下の2パターンの構成に分けて動画を準備しました。

  • Veeam Backup & ReplicationでのAgent統合管理を行っている場合

    ・Protection Groupの作成手順

    ・Backup Jobの作成手順
続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

Microsoft 365のデータ保護は難しくない!? [Druva]

Microsoft 365は、SaaSアプリケーションの分野でリーダー的存在となっています。多くのアクティブユーザを擁するMicrosoft 365は、企業が新たなレベルのコラボレーションと生産性を実現するためのプラットフォームです。Microsoft 365 は、Teams、SharePoint、そして従来の「Office」アプリを含む、包括的なアプリケーション群を提供します。しかし、Microsoft 365 のネイティブなデータ保護ツールは、エンドユーザのデータを危険にさらしています。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

バックアップがイミュータブル(Immutable)でなければならない理由

イミュータブル(immutable: 不変性)という言葉をよく見かけるようになりました。イミュータブルというカタカナ表記が一般化していますが、変更不可とか不変的という訳語も見かけます。前回のブログで言及しましたが、ランサムウェアが本番環境だけでなく、バックアップにも狙いを定めるようになってから特にイミュータブルなバックアップの重要性が注目されるようになりました。

続きを読む
タグ: , , , , , , | コメントする

ランサムウェア対策の一番わかりやすいベストプラクティス ― 1 に保護、2 に復旧、3 にアフターケア

ランサムウェアがこわいいことは周知の事実なので、それについてつべこべ言うのはやめておきます。

ランサムウェアはこわい。では、どうすればよいのか。ベストプラクティスにしたがって粛々と対策を整えるしかありません。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

Immutable(書き換え不能)レポジトリーバックアップによるランサムウェア対策

バックアップデータをImmutable(書き換え不能)でコピーすることで、触られていない状態のソースデータのコピーを保持することができます。このコピーはいつでも復元可能で、どのようなエラーが発生しても影響を受けることはありません。 これらのバックアップをオフサイトのImmutableオブジェクト・ストレージ・サービスに階層化ことも可能です。これによって、ランサムウェアなどの予期しない悪意ある活動や意図せぬ削除に対しての保護強化になります。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

Veeam Backup and Replication : Oracle Cloud VMware Solution (OCVS)に対応

Oracle Cloud VMware Solutionは、VMwareに認定されサポートされているSoftware-Defined Data Center (SDDC)であり、高可用性とスケーラビリティを備えたVMwareワークロードを提供します。マーケットでの他のクラウドプロバイダーとは異なり、オラクルはこのソリューションを顧客管理型ソリューションとして構築し、ユーザにVMware環境とコンピュート・インスタンスに対する完全な管理アクセスと完全なコントロールを提供しています。ユーザは、Oracle Cloud VMware Solution(OCVS)をいくつかのユースケースに適用することができますが、最も一般的なのは、データセンターの移行、データセンターの拡張、事業継続(BCP)、災害復旧(DR)の目的です。

続きを読む
タグ: , | コメントする

【CloudBerry】日本リージョン対応クラウド一覧

CloudBerryは日本リージョンにも対応したクラウドをバックアップ保存先として指定することが可能です。以下はその対応クラウドストレージの一覧です。

続きを読む

タグ: , , , | 【CloudBerry】日本リージョン対応クラウド一覧 はコメントを受け付けていません

保護中: Accopsエディション別機能一覧

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード: (さらに…)
コメントを読むにはパスワードを入力してください。