Veeam B&Rを実環境で試す前に、事前確認を簡単にVeeam ONEレポートで円滑な評価、POCを実現

Veeam Backup & Replicationはスナップショットを作成し、静止した仮想ディスクのデータを読み取り、バックアップデータとして保存します。そのため、スナップショット作成、削除による負荷やデータ読み取りによるデータストアへの負荷を考慮する必要があります。このような考慮を怠り、実際にバックアップを行ってみたら、ストレージのレイテンシが悪化、クリティカルなアプリケーションに障害が発生するなどの問題が発生しては、業務に影響を及ぼしてしまいます。

続きを読む

タグ: , | コメントする

QoreStor Version 6のリリースとその新規機能概要

QoreStorデータ保護ソフトウェア・プラットフォームPerformance TierCloud Tierを追加しました。

続きを読む
タグ: , , | QoreStor Version 6のリリースとその新規機能概要 はコメントを受け付けていません。

[Veeam ONE 9.5 Update4] Veeam Intelligent Diagnosticsとアラーム修復アクション( remediation action)との組み合わせでのインテリジェント診断

Veeam ONE 9.5 Update4の最も興味深い新機能の1つは、Veeam Intelligent Diagnosticsとアラーム修復アクション( remediation action)です。 Veeam Intelligent DiagnosticsはVeeam Backup&Replicationおよび仮想インフラストラクチャを監視するエンティティとして、修復アクションを備えています。 問題が発生する前に潜在的な問題を解決してもよいでしょうか。 修復アクションを備えたVeeam Intelligent Diagnosticsは、まさにそれを可能にします。

続きを読む
タグ: , | コメントする

バックアップを簡単高速化:QoreStor+CloudBerry検証結果

QoreStorは弊社で取り扱っているソフトウェアデファインドストレージであり、2次ストレージとしてデータを効率的に削減し、アーカイブするように最適化されています。下記のブログでもご紹介しているようにVeeamの保存先ストレージとしても認定されているものであり、Linuxマシンに簡単にインストールし、ストレージとして構成できますので、安価に利用することも可能です。

主な機能としては重複排除や圧縮などもありますが、特に効果的な機能がCIFSプロトコルでデータ転送を高速化するRapid CIFS機能です。ソースとなるサーバ側にプラグインをインストールすることで取得したバックアップデータをQoreStorに転送する処理を高速化できます。

仕組みとしてはプラグインを導入することでチャンクとハッシュ計算をバックアップサーバ側で行い、ユニークなデータのみを転送し、データ転送量を削減するというものです。今回はこれをCloudBerry Backupで使用した場合にどれだけの速度が向上するか検証してみました。

続きを読む
コメントする

データ保護環境にQoreStorとVeeamの最強タッグでデータ保護を加速

Quest QoreStorは万能型のソフトウェア定義型ストレージ プラットフォームです。スケーラブルな二次ストレージとして効率的に機能するように最適化されており、中小企業から大企業まで、エンタープライズ システムのバックアップと長期データ保存のニーズに対応します。下図に示される通り、ベアメタルサーバーにも、パブリッククラウド(AWS、Azure、OracleCloudなど)上のコンピュート インスタンスを含め、仮想マシン(vSphere、Hyper-V、KVM)にもインストールでき、ブロックベースのストレージ技術を活用することができます。Quest QoreStorはディプロイメントが簡略化されており、10分で実装できます。コンテンツ アウェアのフィンガープリンティング技術にもとづくグローバル変数のセグメント重複排除は、QoreStorの独自開発による実証済みの技術を基盤としており、最適な重複排除率やデータ取得率と効率的なネットワーク データ トランスファーを確保します。

続きを読む
タグ: | データ保護環境にQoreStorとVeeamの最強タッグでデータ保護を加速 はコメントを受け付けていません。

N2WS Backup & Recovery v2.6 のリリース

新規N2WS Backup and Recovery v2.6では1単一のコンソールでさらに多くのAWSサービスを保護できるよになりました。

急増するAWSサービスのクラウドでは、組織を運営するために数個以上を使用している可能性があります。 しかし、バックアップ、リカバリ、そしてデータライフサイクル全体を管理するための単一のソリューションが必要になってきました。 このリリースで、AWSのコアサービスの範囲を拡大し、ファイルレベルのリカバリオプションを強化し、多数の新レポート機能を提供します。

続きを読む
タグ: , | N2WS Backup & Recovery v2.6 のリリース はコメントを受け付けていません。

VeeamでVMware Cloud on AWSのデータ保護を行う際の考慮事項

こちらの記事では、Veeam Backup & Replicationを使用し、
VMware Cloud on AWS 環境のバックアップや、オンプレミスVMwareからの移行が間単に実施できることを、ご紹介させていただきました。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

N2WSを使用してAmazon EC2コンピューティング・リソースを最適化する方法

初めてAWSクラウドを使い始めるとき、ユーザは共通した間違いを犯す傾向があります。 最小限の権限原則を適用するのではなく、インフラストラクチャへのオープン・アクセスを許可したり、すべてのチームメンバーに広範な権限を付与したりするなど、セキュリティに関連するものもあります。 仕事に合った適切なサービスを選択しようとすると、環境が最適とは言えない方法で動作する可能性があるという問題もあります。 しかし、ほとんどの人がうまくいかないのは、そのコストを管理するときです。

続きを読む
タグ: , | N2WSを使用してAmazon EC2コンピューティング・リソースを最適化する方法 はコメントを受け付けていません。

Amazon S3へのMS Exchangeでの増分バックアップ手法 [CloudBerry Backup]

Amazon S3クラウドへのExchangeデータのバックアップ方法について紹介します。この手法はCloudBerryによる他のクラウドへのバックアップにも参考になります。

(注)この例ではWindows Server 2008R2 SP1 と Exchange Server 2007 SP3を使用します。

(1) CloudBerry Backup for MS Exchangeを起動させ、左トップの[MS Exchane]ブタンをクリックします。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

LinuxベースなVSANとWindowsベースなVSANの違い:StarWind Virtual SAN

StarWind Virtual SAN(VSAN)は元々、Windowsベースの製品です。WindowsにVSANをインストールすると、そのWindows上にあるHDDやRAM、フラッシュを利用してiSCSIで接続可能な共有ストレージを作成できます。

ただ、WindowsベースですとvSphere環境へのデプロイ時にわざわざWindowsマシンを追加で用意する必要があり、Linuxベースの仮想アプラインスが望まれていました。そこで出てきたのが、LinuxベースのVSANです。これにより、OVFテンプレートをデプロイするだけで簡単にVSANを利用可能になりました。

しかし、このLinuxベースのVSAN、後発であるがゆえに、現状は、WindowsベースのVSANと同等の機能を有しているわけではありません。そこで今回はLinux、Windows版、それぞれの違いをご紹介します。

※過去に開催したWebセミナー動画でもご紹介しておりますので、こちらも是非

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

VMware仮想環境をクラウド(AWS)へダイレクト・バックアップとアーカイブ : Druva Phoenix

Druva Phoenixを活用することで、VMware環境に影響を与えることなく、クラウド(AWS)へのダイレクト・バックアップとリストアを一元化して、プロセスとインフラを効率化することができます。

続きを読む
タグ: , , | VMware仮想環境をクラウド(AWS)へダイレクト・バックアップとアーカイブ : Druva Phoenix はコメントを受け付けていません。

PROJECT MARTINI for Veeam Backup for Microsoft Office 365 :追加ヘルプデスクと中央管理機能

PROJECT MARTINIは「 Veeam Backup for Microsoft Office 365の 追加ヘルプデスクと中央管理機能 」です 。 これは以下の機能を提供する集中管理ソリューションです。

続きを読む
タグ: , , | PROJECT MARTINI for Veeam Backup for Microsoft Office 365 :追加ヘルプデスクと中央管理機能 はコメントを受け付けていません。

マルチクラウド環境をセキュリティ保護するための統一的なアプローチ: HyTrust CloudControl Ver 6.0

概要

ここ数年で、パブリッククラウドが急速に普及してきましたが、その主な理由は次になります。

  • Dockerコンテナ&Kubernetesなどの新技術
  • クラウドネイティブアプリケーションへの欲求の増大
  • マイクロサービスなどを使用してモノリシックアプリケーションを近代化する必要性の増大
続きを読む
タグ: , | マルチクラウド環境をセキュリティ保護するための統一的なアプローチ: HyTrust CloudControl Ver 6.0 はコメントを受け付けていません。

HyTrustとIntelがTrusted Computeの統合を容易に

インテルは、データセンター用のIntel Security Libraries for Data Centers(Intel SecL-DC)を作成しました。 Intel SecL-DCは、エンドツーエンドのクラウド・セキュリティソリューションと統合ライブラリを提供するソフトウェアコンポーネントで構成されています。 HyTrust CloudControlは、Intel SecL-DCを通じて提供されるソフトウェアコンポーネントを利用して、次世代のハードウェア・ベースのセキュリティテクノロジを活用します。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

StarWindでIT資産所有総コスト(TCO)の削減とスケーラビリティを確保[StarWind VSAN事例:ProPortion Foods様]

『StarWind VSANは強力で信頼性の高い製品です。スケーラビリティが簡単なことも、業務用のストレージ エリア ネットワークでは極めて重要な利点です』― ITディレクター、ネイザン・ヘス氏

続きを読む
コメントする