Veeam v10新機能予告:Immutable (変更不可)でランサムウェア対策

ランサムウェアなど、データを改ざんする攻撃による被害をどのようにすれば防げるのか、これは大きな課題です。ネットワークへの侵入され、特権アカウントへのアクセスを許してしまうという最悪のケースでは、オンプレのデータ消去だけでなく、クラウド上のオブジェクトストレージにアーカイブしたデータまで被害が及ぶ可能性もあります。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

『Zerto7.5』新機能全貌紹介! 統合/分析機能強化でより最適なレプリケーションが可能に!:2019/11/21開催Webセミナー情報アップ

このWebセミナーでは、統合/分析機能が更に強化された、Zerto最新バージョン『7.5』の新機能全貌情報をデモを交えながら、余すことなくご紹介しました。 YouTubeとSlideshareで情報をアップします。

続きを読む
タグ: | コメントする

DruvaクラウドをAWS Outpostsでオンプレミスに

DruvaはAWS Outpostsの機能を最大限に生かし、ユーザーがクラウドならではの利点をより幅広く享受できるようにしました。それにより、インフラストラクチャとデータの保護が、追加のサポートやインフラ補完なしに実現します。AWSとオンプレミスのワークロードがシームレスな制御プレーンとクラウド ベースのプラットフォームを通じて保護でき、しかも、料金体系は単純でわかりやすい利用分のみの支払方式です。言い換えれば、完全管理されたクラウド ネイティブのバックアップ ソリューションの特長のすべてが、ローカルの社内環境で利用可能になります。

続きを読む
タグ: , | コメントする

Veeam v10新機能予告:インスタントVMリカバリの改善

VeeamではインスタントVMリカバリという機能でバックアップからデータを転送することなく、VMを復旧可能です。これによりファイルサーバ等の数十TBあるような仮想マシンであっても、数分で起動して復旧できます。

続きを読む
タグ: , | コメントする

Veeam Backup for Microsoft Office 365 Ver4 新機能概要の紹介

Veeam Backup for Microsoft Office 365 Ver4がリリースされました。その主な新機能を紹介します。

オブジェクト・ストレージのサポート

続きを読む
タグ: , | コメントする

保護中: Veeam Backup for Microsoft Office 365 Ver4 新機能詳細編

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

Office 365バックアップが重要な6つの理由

Office 365のデータ保護はなぜ必要なのか

はじめに

Office 365のデータは自分で管理できていますか?必要なときに必要なアクセスがありますか?

続きを読む
コメントする

StarWind Virtual SAN(VSAN)のベスト プラクティス

すべてのソフトウェア ソリューションには、その機能を最大限に生かすための最適な活用方法があり、「ベスト プラクティス」として手順化することができます。たとえば、VMwareならVMwareの、Microsoft や他のベンダーにはそれぞれのベスト プラクティスがあり、システム管理者はそれに則る必要があります。ソフトウェア定義型ストレージ ソリューションも例外ではありません。ここでは、StarWind Virtual SANのベスト プラクティスについて論じていきます。

続きを読む
タグ: , , | StarWind Virtual SAN(VSAN)のベスト プラクティス はコメントを受け付けていません。

Druva最新版でビジネスのイノベーションを加速

Druvaの新機能

新しいSaaSワークロードをサポート

Druvaの最新リリースは、新しいワークロードとSaaSアプリケーション(Software As A Service)のサポート拡充により、社内全般のコラボレーションを円滑化し、セキュリティを強化します。SaaSアプリケーションのサポート ラインナップには、Salesforce.comGoogle SuiteEndpointsといった既存のサービスに加え、Office 365、TeamsSlackなどが追加され、一段と充実化されました。訴訟ホールド、eDiscovery(電子情報開示)、ランサムウェア対策など、データの有効利用を実現する付加価値サービスも利用でき、社内全般での活用が広がるSaaSアプリケーションをIT部門が中央管理できるようになります。

続きを読む
タグ: , , , , | Druva最新版でビジネスのイノベーションを加速 はコメントを受け付けていません。

高耐性・高可用性の共有ストレージとしてStarWind VSANを活用する方法

インフラストラクチャを管理するエンジニアには、慣れ親しんだ技術に固執し、従来型の共有ストレージのみを使い続けている人が少なくありません。ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)なんて言葉を聞いただけで、ぞっとしてしまう人もいるでしょう。技術的に最先端ではなく、単なる“昔ながら”の共有ストレージにネットワーク スイッチでESXiホストをつなぐやり方に依存するのが、特に中小企業や小規模ITベンダーによくある環境です。だからこそ、StarWind VSAN As a Resilient and Highly Available Shared Storage(高耐性・高可用性の共有ストレージとしてのStarWind VSAN)には特別な意味があり、高い導入実績につながっています。

続きを読む
タグ: , , , | 高耐性・高可用性の共有ストレージとしてStarWind VSANを活用する方法 はコメントを受け付けていません。

保護中: Veeam Availability for Nutanix AHVライセンスキー取得手順

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

Nutanix AHVとの連携 [Accops]

クライムの取り扱う「Accops(アコップス)」は、VMware/Hyper-Vに加えて、Nutanix AHV基盤のVDIを管理することが可能なVDIソリューションです。
*AccopsはNutanix AHV基盤をフルサポートしており、Nutanix社のテクノロジアライアンスにも認定されています。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Druva Phoenix:多種多様なバックアップ対象

前回のブログでDruva Phoenixのバックアップ対象について軽く触れました。今回はそれぞれのサーバーのバックアップ方法について、もう少し詳しく説明します。

以下がDruva PhoenixでAWSへバックアップ可能なサーバーです。

  • VMware/Hyper-V環境の仮想マシンのバックアップ
  • Windows Server/Linuxのファイルサーバーのバックアップ
  • Microsoft SQL Server/Oracleのデータベースサーバーのバックアップ
  • CIFS/NFSによるNAS共有のバックアップ
続きを読む
タグ: , , , , , , , , | コメントする

強固なセキュリティを安価で提供する次世代VDIソリューション [Accops]

政府による成長戦略のひとつとして注目が集まる「働き方改革」の対応として、多くの企業で導入が進んでいる仮想デスクトップ(VDI)。

しかし、VDI導入検討時にはセキュリティやコストなどが課題となります。これらの課題を解決するソリューションとして、VDIのニーズに柔軟に対応し、セキュアな仮想ワークスペースを安価で提供する次世代VDIソリューションの「Accops(アコップス)」をご紹介します。
※仮想ワークスペースとは、 社内ツール(データ・アプリケーション・サービス)に、時間・場所・デバイス問わずにアクセスを可能にする基盤を指します。

続きを読む
コメントする

CloudBeery Backup 6.2 リリースと主な新機能

CloudBeery Backup Ver6.2がリリースされました。その主な新機能を紹介します。

  • MS Exchange 2013から2019(ベータ版)のアイテムレベルのリストアのサポート

CloudBerry Backup 6.2は、Microsoft Exchange Server 2013から2019のアイテムレベルリストアをサポートしました。
そのため、現在サポートされるMicrosoft Exchange Serverのバージョンは下記となります。

続きを読む

タグ: , , | コメントする