バックアップ保持とスケジュールに関するベスト・プラクティス

保持(リテンション)ポリシーとは

データ保持ポリシーは、運用上または規制上のコンプライアンスのニーズに関する情報を保持するために組織が確立した手順です。

続きを読む
タグ: , | コメントする

RTO (Recovery Time Objective) vs. RPO (Recovery Point Objective),そして災害復旧計画

DIsaster Recovery

RTO(Recovery Time Objective:目標復旧時間)は、ビジネス継続性(BCP)を維持するために、災害後にITインフラとサービスを復旧する必要がある時間を計算するのに役立つ測定基準です。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

障害対策に3-2-1バックアップルール

実行しているハイパーバイザの種類(VMware、Hyper-Vなど)に関係なく、あらゆる仮想環境でバックアップは必要です。あらゆる障害シナリオに、効果的に対処することができるルールの一つに3-2-1バックアップルールと呼ばれるものがあります。この手法は、「いくつのバックアップファイルをどこに保存すべきか。」といった二つの重要な疑問に対する回答に役立ちます。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Grandfather-Father-Son(GFS)ストラテジー(戦略)とAWS

Grandfather-Father-Son

クラウドが登場する以前は、ストレージは高価であるだけでなく、非常に限られていました。 GFSバックアップ・スキームは、ストレージ・スペースの貴重なリソースを節約するための重要なスマート戦略の1つでした。

続きを読む
タグ: | コメントする

HyTrust KeyControlの可用性とベストプラクティスについて②

HyTrust KeyControl(以下KeyControl)は、VMware標準の暗号化機能やvSAN暗号化、vTPMモジュールと連携したBitLockerなど、様々な暗号鍵を管理できるアプライアンスです。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

Veeamによるクラウド(オブジェクトストレージ)へのアーカイブ[Veeam Backup & Replication]

Veeam Backup & Replication v10では、クラウド(オブジェクトストレージ)へのアーカイブ機能が強化されました。今回のブログではVeeamによるオブジェクトストレージへのアーカイブ機能がどのように強化されたのか、どのような手順でオブジェクトストレージへのアーカイブを実施するのかという点についてご紹介します。 続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

ReFS/XFS バックアップ・リポジトリについて

ReFS / XFSボリュームを使用した高速クローン技術には多くの利点があります。最大のものは、「スペースレス」合成フルバックアップと呼ばれるものです

続きを読む
タグ: , , , | ReFS/XFS バックアップ・リポジトリについて はコメントを受け付けていません。

HyTrust KeyControlの可用性とベストプラクティスについて①

HyTrust KeyControl(以下KeyControl)は、VMware標準の暗号化機能やvSAN暗号化、vTPMモジュールと連携したBitLockerなど、様々な暗号鍵を管理できるアプライアンスです。

続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

N2WS Backup & Recoveryを活用したタグ・ベースのバックアップ

N2WS Backup & Recoveryは企業内でのタグ・ベースの継続的なバックアップおよびリカバリソリューションを資産化すると同様にこれらのタグを活用してバックアップを管理するのに役立ちます。EBSボリュームをバックアップするには、特定のタグを作成して、N2WSでタグスキャンをスケジュールします。N2WSは事前に設定されたスケジュールでアカウントをスキャンし、それに応じてバックアップポリシーを設定します。これらの機能は、さまざまな場合に有益です。

続きを読む
タグ: , , | N2WS Backup & Recoveryを活用したタグ・ベースのバックアップ はコメントを受け付けていません。

HyTrust KeyControlサーバ導入前のチェックリスト

HyTrust KeyControlは、VMware標準の暗号化機能やvSAN暗号化、
vTPMモジュールと連携したBitLockerなど、様々な暗号鍵を管理できるアプライアンスです。


本ブログでは、HyTrust KeyControl導入前にチェックしておくべき項目を紹介します。

続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

Linuxプロキシ+NFSリポジトリでスケールアウト構成をもっと簡単に!設定の紹介~スクリプトによる自動化まで[Veeam Backup & Replication]


Veeam Backup & ReplicationではVMware仮想マシンのバックアップ時のコンポーネントを分散させることが可能です。このため、Veeamインストールマシン以外の仮想/物理マシンに以下のような役割を割り当て、構成に合わせて追加していくことで、仮想環境の成長に合わせてスケールアウトな構成を実現できます。

分散処理可能なアーキテクチャ
続きを読む
コメントする

保護中: VCSPライセンス使用時のレポート取得方法について[Veeam Backup & Repliaction]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。

Kubernetesへの移行を成功させるには(続き)

Kubernetesへの移行を成功させるにはの続きです。Kubernetesを導入したいけど、Kubernetesは単なるコンテナ処理ツールではなく、開発プロセスの変革をもたらすので、気軽には手が出せない、手を出す余裕がないと感じている開発チームも多いのではないでしょうか。

続きを読む
タグ: , , | Kubernetesへの移行を成功させるには(続き) はコメントを受け付けていません。

Kubernetesへの移行を成功させるには

Kubernetesを活用したいけど、単にアプリケーション開発の効率を高めるだけでなく、開発プロセスの変革をともなうので気軽には導入できない、と考えている開発チームは多いと思います。

続きを読む
タグ: | Kubernetesへの移行を成功させるには はコメントを受け付けていません。

VeeamとKastenのパートナーシップが実現

Veeamも認めるKubernetesバックアップ ソリューション Kasten K10

クライムのブログ記事でも何度か紹介してきたKastenのクラウド ネイティブ バックアップ ソリューションが、Veeamパートナーに正式に採用されました。マイクロサービス環境でのDevOpsとCI/CDがアプリケーション開発のスタンダードになりつつある昨今、Kubernetesを導入する企業が急増しています。サポートの幅を広げて顧客ニーズに応えたいVeeamにとって、KastenのソリューションはVeeamの要件と哲学に合致するもので、両社にとってウィンウィンのパートナーシップが実現したようです。

続きを読む
タグ: | VeeamとKastenのパートナーシップが実現 はコメントを受け付けていません。

StarWind VSAN for VMwarevSphere vs VMware vSAN

StarWind VSAN for VMwarevSphere VMware vSANを要件別に比較してみました。

続きを読む
タグ: | StarWind VSAN for VMwarevSphere vs VMware vSAN はコメントを受け付けていません。

復旧先ホストのメンテナンス時の手間を解消!VRA Population機能[Zerto v8.0]

異種ハイパーバイザ、パブリッククラウド間のレプリケーションを提供するZertoですが、ほぼリアルタイムなレプリケーションであるため、ESXiなどのホストのメンテナンス時に少々手間がありました。
下記のようなアーキテクチャでソース、ターゲットとなるホスト上でデプロイされたVRAが処理を行っていますので、ホストのメンテナンス時にVRAも停止してしまうと、そのままではレプリケーションが中断されてしまいます。

ソース側に関してはホストのメンテナンス時には仮想マシンは別のホストに移動しているかパワーオフ状態であるため、影響はありませんが(vMotion先のホストでVRAが稼働していればレプリケーションも続行されます。)、問題となるのは復旧先となるホストです。

続きを読む
コメントする

MSP360(CloudBerry) Backupを利用してのAmazon EC2にサーバ全体をリストア(復元)する方法

Amazon EC2を含むクラウド・サービスへのサーバ全体のバックアップとリストア(復元)を、MSP360(CloudBerry) Backup で実現できます。これは、予備のハードウェアがなくてもサーバを復元する必要がある災害復旧に役立ちます。

(1)[Restore to EC2]オプションを選択

続きを読む
タグ: | コメントする

サイジングや構成における考慮点 まとめ[Zerto Virtual Replication]

今回はZerto Virtual Replicationを使用する上で考慮すべき要素をご紹介します。Zerto Virtual Replicationは仮想マシンをベストエフォートでレプリケーションし、数秒のRPOを実現していますが、ベストエフォートであるがゆえに、どれだけのRPOを実現できるかどうかは保護対象となるVMの特性やレプリケーションを行う環境の構成に依存します。このようなレプリケーションのパフォーマンスに関して考慮すべき要素は以下の通りです。
続きを読む

コメントする

保護中: AWS Glacierへのアーカイブ方法: N2WS Backup and Recovery v3.0 ハウツーガイド

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , | 保護中: AWS Glacierへのアーカイブ方法: N2WS Backup and Recovery v3.0 ハウツーガイド はコメントを受け付けていません。

N2WS Backup and Recovery v3.0 ハウツーガイド: 復旧シナリオ, コスト削減とCost Explorer, などなどを紹介

復旧シナリオ(Recovery Scenario)の改善


災害後に、通常多くのリソースを迅速に稼働させる必要があります。 N2WS Backup and Recovery v3.0が登場する前は、各リソースを個別にリカバリする必要がありました。この作業には多くの貴重な時間が費やされていました。 このVer3での更新では、一緒に回復される複数のリソースを含むリカバリ・シナリオを構成できるようになりました。 さらに各環境には独自の要件と依存関係があるため、ターゲット・リソースを復元する順序を選択することできます。 新しいインスタンスが別のリージョンまたはアカウントでスピンされているときに、さまざまなバックアップ前および後のスクリプトを実行して、柔軟性を高めることもできます。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Amazon Glacierへのアーカイブがもたらす大きなコストメリット [N2WS Backup & Recovery v3.0]

N2WS Backup & Recoveryは登録したAWSアカウントに紐づいている
EC2インスタンスやRDSなどのAWSリソースのバックアップ/リストアを
コーディングすることなく、簡単に行えるソフトウェアとなります。

EC2インスタンスのバックアップ方式としては、AWSがネイティブに提供している
スナップショット機能を用いたものとなりますが、全てのリストアポイントを
EBSスナップショットとして保持しておくことはバックアップシナリオとして正解ではありません。

EBSスナップショット自体はAWSの内部的にAWS S3のストレージに格納されますが、
この時選択されるストレージクラスは標準ストレージクラスが使用されます。

続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

バックアップレポートによる通知【CloudBerry】

Cloudberryはバックアップの結果をバックアップレポートとしてメール通知することが可能です。本ブログではメール通知設定の方法やバックアップレポートの内容をご紹介いたします。

  • メール通知の仕方

バックアップ計画の作成時に、[バックアップが完了したら、Emailで通知を受け取る]のチェックを有効化することでメール通知が可能です。

[ユーザ名]には任意のユーザ名を、[Email]には送り先のアドレスを、[Emailの件名]には送信される通知メールの件名を設定します。

続きを読む

コメントする

Enterprise Managerで出来る5つのこと[Veeam Backup & Replication]

Veeam Backup Enterprise Managerは複数のVeeam Backup & Replicationを統合管理できるVeeamのコンポーネントの一つです。

Veeam Backupサーバーが拠点ごとに構成されるような大規模な環境であっても、Webコンソールから全てをまとめて管理することができます。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

AHVバックアッププロキシの名前解決について[Veeam Backup for Nutanix AHV]

Nutanix AHV 環境の保護ソフトウェアである『Veeam Backup for Nutanix AHV』。こちらの現行最新バージョン2.0では、実際のデータ処理を行うAHVバックアッププロキシの自動的なデプロイが可能となりました。これによりますます簡単にAHV環境バックアップのセットアップが行えるようになりましたが、注意点としてVeeam バックアップサーバとAHVバックアッププロキシは双方向に名前解決できていることが前提条件となります。

続きを読む

タグ: , , , , , , | コメントする