Veeam + Cloud Berry連携で仮想環境データを任意のクラウドストレージに簡単バックアップ!

こちらの記事でご紹介しているように、Veeam Backup & ReplicationCloudBerry Backupを併用することで、VMwareHyper-Vの仮想環境のデータをAWSAzureなど任意のクラウドストレージに簡単にバックアップすることが可能です。

続きを読む

コメントする

Veeam Backup & Replication 9.5 for Windows Server 2016 and Hyper-V!

Veeam Backup & Replication Ver9.5はWindows Server 2016をフルサポートします。
★バックアップ、レプリケーション、モニター、リカバリー等々。★
Veeam Backup & Replication Ver9.5がどこまでWindows Server 2016を深くサポートするのかをご紹介します。

#1: 高度なReFSインテグレーション

この高度なReFS技術を活用することで合成フル・バックアップでは30%-60%削減することができます。これはVeeamと Windows Server 2016との組み合わせで最も有意義なものです。

続きを読む

タグ: , | コメントする

Veeam Backup & Replication と Microsoft Azure StorSimpleでクラウドへ簡単にジャンプ!!

Veeam Backup and ReplicationはMicrosoft Azure StorSimpleと連携しAzureへ簡単に、そして効果的にデータ保護とアーカイブが可能です。VeeamからはStorSimpleを接続された1つのオンプレミス・データ・レポジトリとしてみなします。しかしStorSimpleは単なるストレージだけでなく、データ移動をAzureとの間で効果的に活用できるように管理します。

従来のソリューション vs. クライド統合方のソリューション

続きを読む

タグ: , , | コメントする

Veeam Agent for Microsoft Windows: Windows物理マシンの新規バックアップ・ツール

Veeam Endpoint Backupは次期バージョン(Ver2)からVeeam Agent for Microsoft Windowsとなります。(2016年末か2017年初旬のリリース予定) Free, Workstation, Serverの3つのエディションが準備されます。それらを簡単にご紹介します。

各エディションでの主な機能

Freeエディションva4win_free
・Hyper-V VMへのインスタント・リカバリー
・MS Azureへのダイレクト・リストア
・ソース・サイドでの暗号化
・柔軟なバックアップ・モード

続きを読む

コメントする

Veeam Agent for Linux :物理Linuxマシン用バックアップ・ツール

Veeam Agent for Linux はVeeam社が提供する物理Linuxマシン用バックアップ・ツールです。

va4linux

その機能を簡単に紹介します。

システム要件

OS※1 RedHat派生OS(CentOS etc..)
Debian派生OS(Ubuntu etc..)
カーネルバージョン2.6.32以上の
32,64bitOS
CPU 32または64bitプロセッサ
メインメモリ 1GB RAM
HDD/SSD空き容量 60MB※2
備考 ※3

続きを読む

タグ: , , | 1件のコメント

Microsoft Office 365を保護するVeeamの新ソリューション![Veeam Backup for Microsoft Office 365] 正式リリース

Veeam Backup & Replicationは新しい統合機能を追加します。それは、Veeam Backup for Microsoft Office 365です。

Microsoft Office 365は、自分のメールインフラストラクチャを持つことなく、いつでもどこでも使用できます。しかし、それはメールデータのローカルバックアップを持たなくていい理由にはなりません。Veeam Backup for Microsoft Office 365は、メールデータを失うリスクを軽減し、ユーザーへの可用性を保証します。

続きを読む

タグ: , | 1件のコメント

Zerto 5.0 – Microsoft Azureへのレプリケーションに対応

Zerto Virtual Replication (ZVR) Ver 5.0 からVMware/Hyper-V上の仮想マシンのパブリック・クラウドへのレプリケーション・サポートとしてVe4.0からサポートが追加されたAmazon Web Services (AWS)に加えて新たにMicrosoft Azureが追加されました。
zerto_azure-arch

続きを読む

タグ: , , | コメントする

Zertoが提供する柔軟なフェイルオーバーオプション

Zertoはユーザが柔軟に仮想マシンを復旧できるよう、フェイルオーバーの際に以下のような各種オプションを提供しています。今回はこのフェイルオーバーに関するオプションをご紹介いたします。

  • テスト・フェイルオーバー(TEST FAILOVER)
  • ライブ・フェイルオーバー(LIVE FAILOVER)
    • コミット(Commit)
      • 逆レプリケーション(Reverse Protection)
    • 切り戻し(Roll Back)
  • 移行(MOVE)
  • クローン(Offsite Clone)

続きを読む

コメントする

評価がより簡単に!VMwareストレージの高速化Infinio v3.1新機能予告

vSphere APIs for I/O Filtering上に実装されることで、全てのVMwareデータストアの高速化を実現したInfinio Accelerator v3.0は新たにv3.1のリリースを予定しています。今回はこのリリースで予定されている新機能に関してご紹介いたします。

1. ホスト単位でのデータレポート
続きを読む

コメントする

One-To-Many Replication(1対多レプリケーション)- ZVR (Zerto Virtual Replication) v5.0 新機能

zerto1

Zerto Virtual Replication (ZVR) v5.0の新機能 One-To-Many Replication(1対多レプリケーション)はVM(仮想マシン)やファイルとデータの、もっとも速くて有効なレプリケーションとリカバリを実現します。複数プラットフォームに対し同時進行でVMのレプリケーションを可能にし、しかも、ローカルコピーのレプリケーションも、単一のシンプルなソリューションでVMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Amazon Web Services、Microsoft Azureのすべてをサポートします。

続きを読む

タグ: , | コメントする