[CloudBerry] Oracle Cloud Storageにて日本リージョンを選択する方法

CloudBerryでOracle Cloud Storageへバックアップを行う場合、
デフォルトの設定では下記画像のように東京リージョンを選択することができません。

東京リージョンを選択するには、認証サービスにて東京リージョンのエンドポイントを
直接指定する必要があります。

続きを読む

タグ: , | [CloudBerry] Oracle Cloud Storageにて日本リージョンを選択する方法 はコメントを受け付けていません。

Zertoサイジングツールを活用したベストプラクティス

仮想環境間(VMware / Hyper-V)や、Amazon Web Service(AWS)Microsoft Azureといったパブリッククラウドを活用したリアルタイムレプリケーションが可能なZerto Virtual Replication。仮想環境でレプリケーションを実施する場合はZVMVRA、クラウド環境で実施する場合はZCAというZertoコンポーネントを利用してレプリケーションを行います。変更データはジャーナルとして、レプリケーション先がオンプレミス環境であればデータストアに、クラウド環境であれば、AWS S3やAzure BLOBストレージに保管します。

続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

保護中: Zertoサイジングツールの活用例 ~VRAのサイジング~

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , , , , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

MySQL/MariaDBの整合性を保ったバックアップ方法、Pre-freeze/Post-thawスクリプト比較

SQL ServerなどであればMicrosoft VSSと連携し、VeeamのApplication-aware processing設定を有効にするだけで、簡単にオンラインで整合性を保ったバックアップが可能ですが、MySQL/MariaDBではVSSは使用できないため、この方法は選択できません。このような場合には、VMwareスナップショットでの静止前後に、スクリプトを実行し、アプリケーション一貫性を保った状態を保持するように構成する必要があります。

続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

Zerto 6.0新機能:AWSからのフェイルバック機能が追加! クラウドDRがより柔軟に!

現行最新版Zerto Virtual Replicationの6.0がリリースされました。今回のバージョンでは、Azureだけではなく、AWSからのフェイルバックも可能となり、クラウド環境への柔軟性が更に強化されております。


続きを読む

タグ: | コメントする

保護中: AWSからのフェイルバックやレプリケーションの設定と流れ[ Zerto Virtual Replication (ZVR) 6.0]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

[N2WS CPM]数百のEC2インスタンス バックアップを自動化:Cloudar社事例

『バックアップは、マネージドサービスモデルが提供する最も重要なサービスの1つです。企業の存続にとって重要であり、サービスプロバイダーとして、顧客に復旧機能を提供することは必須です。』

– Tom De Blende、Cloudar社のチームリーダー管理サービス

Cloudar社の課題

クラウドアーキテクトのTom De Blende氏は、「バックアップは、マネージドサービスモデルが提供する最も重要なサービスの1つです。会社の存続にとっては重要であり、サービスプロバイダーとして、顧客に復旧機能を提供することは必須です。」と語ります。また、Blande氏は、次のようにも述べています。「クラウドバックアップと災害復旧を管理する際にCloudar社が遭遇した最大の課題は、システムをバックアップするために、3、4程度の異なる手法があったことです。つまり、EC2インスタンス上でオープンソースソフトウェア使用する方法、Ansibleを使用する方法、Labmdaを使用する方法などがあります。」

続きを読む

タグ: | [N2WS CPM]数百のEC2インスタンス バックアップを自動化:Cloudar社事例 はコメントを受け付けていません。

HyTrust CloudAdvisor for Availability [Veeam Backup & Replication専用機密データの識別・分類・安全確保]

HyTrust CloudAdvisor for AvailabilityHyTrust CloudAdvisor for DataをVeeam Backup & Replication専用に特化させた仮想マシン(VM)の機密データの識別・分類・安全確保ツールです。

ITセキュリティ管理者がもっとも知りたいことは:

続きを読む

タグ: , , , , | HyTrust CloudAdvisor for Availability [Veeam Backup & Replication専用機密データの識別・分類・安全確保] はコメントを受け付けていません。

N2WS Cloud Protection Manager Webセミナのプレゼンテーションと録画 | AWSでもデータ保護・DR対策は必須! 手間なく、らくらく管理・復旧、コンプライアンス準拠

3/14(水) に開催しました N2WS Cloud Protection Manager (CPM)についてのWebセミナ・プレゼンテーションと録画です。

Amazon Web Serviceの責任共有モデルでデータ保護をどのように管理していますか?
利用者が担当する必要のあるデータ保護を全て自身で構成しようとすれば手間と時間がかかります。
本セミナーではこのようなお悩みを解決し、AWS上のEC2/EBS、RDS/Aurora、Redshiftのデータ保護を簡単に構成することのできるN2WS CPM(Cloud Protection Manager)をご紹介します。

続きを読む

タグ: , , | N2WS Cloud Protection Manager Webセミナのプレゼンテーションと録画 | AWSでもデータ保護・DR対策は必須! 手間なく、らくらく管理・復旧、コンプライアンス準拠 はコメントを受け付けていません。

Cisco HyperFlexとVeeam ハイパーコンバージドインフラで実現する Always-On Enterpriseの可用性

1 + 1 = 3を可能にするCisco + Veeamの相乗効果

はじめに

ビジネスにおいて必要とされるITの効率性やインフラストラクチャの機動性は、今日、これまでにない高いレベルが求められています。旧来のシステムでは、もはやユーザーの期待やビジネスの需要に応えることはできません。そこで、Veeam® Availability Solutionsによる、Cisco HyperFlexハイパーコンバージドシステムとの統合が、その優れた特性によりITインフラに変革をもたらし、このような課題の克服を可能にします。導入が容易なデータ保護機能、管理の単純化、ビジネスのニーズ変動にすばやく対応する拡張性を備え、ITインフラがVeeamとCisco HyperFlexの連携によって生まれ変わります。 続きを読む

タグ: , , | Cisco HyperFlexとVeeam ハイパーコンバージドインフラで実現する Always-On Enterpriseの可用性 はコメントを受け付けていません。

Nutanix – Veeam Backup & Replication Ver9.5 Update3 ベスト・プラクティス(vSphere版): Direct NFSについて

Direct NFS

Veeam Backup & ReplicationのDirect NFSは、他の転送モードに比べていくつかの利点があり、最高のパフォーマンスと最短のバックアップ時間を提供します。上の図のように、各NutanixノードにはローカルVeeamバックアップ・プロキシ VMが必要です。バックアップ・プロキシはデュアルで、内部Nutanix vSwitch上に1つNICがあり、ESXi管理ネットワークが使用する同じネットワークまたはVLAN上の他のNICがあります。Nutanixホワイトリストは、バックアップ・プロキシが192.168.5.0ネットワーク経由でNFSデータストアにアクセスすることを許可します。最後に、Veeam Backup&Replicationで、Nutanix 192.168.5.0ネットワークをバックアップに使用するように「優先ネットワーク」ルールを設定できます。詳細はVeeamの「Specifying Preferred Networks for Data Transfer」ドキュメントを参照ください。

続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

保護中: ソフト・評価ライセンスキーのダウンロード手順【Veeam Agent for Microsoft Windows と Linux】

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: | 保護中: ソフト・評価ライセンスキーのダウンロード手順【Veeam Agent for Microsoft Windows と Linux】 はコメントを受け付けていません。

バックアップ暗号化のオプション【CloudBerryBackup】

Backup Encryption overview

 

ストレージ上、ネットワーク上、インターネット上、そしてクラウド上…暗号化はどこにでもあります。 暗号化とは、データを悪用する可能性のあるユーザーからデータを保護することです。 セキュリティを迂回し組織内のデータにアクセスような外部からの不正アクセスから守り、コンプライアンスの保護をおこないます。 ライブデータは組織の生命線と言っても過言ではありません。それを、誤って配置した、破損した、盗まれた、誤って編集した等からバージョン管理で復元することにより、ライブデータを保護します。

続きを読む

タグ: , | コメントする

HPE SimpliVity 380でVeeam Backup & Replicationを活用 : 1 + 1 = 3を可能にする HPE + Veeamの相乗効果

はじめに

ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)のSimpliVity 380は、データ保護に独自の強力な機能を発揮し、仮想化ワークロードの可用性を最大限にひきだします。HPE SimpliVityにビルドインされたバックアップと災害復旧(DR)機能が、グローバルなデータ重複排除と圧縮により、処理を極限まで高速化します。例えば、1TBの仮想マシン(VM)のリストアあるいはローカルバックアップに平均60秒以下、 ならびにリカバリポイント目標10分の達成が保証され、余分なオーバーヘッドが一切ありません。すべての処理にOmniStackのコアアーキテクチャであるデータ効率化が適用されるからです。それにより、データのレプリケーション/バックアップ/リストアの加速、それによるリカバリポイント目標(RPO)とリカバリ時間目標(RTO)の短縮が実現されます。SimpliVityにおける処理はすべてVMレベルで、ハイパーバイザーの管理コンソールから直接、実行されます。それにより、インフラの複雑化を防ぎ、シンプルな管理が可能になります。

続きを読む

タグ: , , , | コメントする

保護中: [Zerto] 関連付けられたVRAを持つホストをメンテナンスモードにする方法: ZVRを使用したレプリケーションに影響しないよう、必要な手順について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , | 保護中: [Zerto] 関連付けられたVRAを持つホストをメンテナンスモードにする方法: ZVRを使用したレプリケーションに影響しないよう、必要な手順について はコメントを受け付けていません。