AWS Instance Schedulerに代わる、N2WSリソースコントロール機能を使用して、簡単ワークロード管理 [N2WS Backup & Recovery]

オンデマンドのインフラストラクチャが誰にでも実現可能なものとなった今日、AWSは、あらゆるタイプのワークロードを迅速かつ容易に実行できる機能性を特長としています。費用も使った分だけ支払うPay-As-You-Go方式なので、資本支出が抑えられ、大きな利益がもたらされます。運用コストだけ用意すればよいので、特に小規模の新興企業などにとっては大いに役立つところです。しかし、ほとんど無限のリソースにすばやくアクセスできる状況はオーバープロビジョニングにつながります。EC2(Elastic Compute Cloud)インスタンスならなおのことです。

続きを読む

タグ: , , | コメントする

CloudBerry BackupにおけるAmazon S3 Glacier Deep Archive のサポート

CloudBerry Backup Ver6.0.1からAmazon S3 Glacier Deep Archive のサポートを開始しました。

続きを読む
タグ: , | CloudBerry BackupにおけるAmazon S3 Glacier Deep Archive のサポート はコメントを受け付けていません。

CloudBerry BackupによるWindows Server 2003イメージ・バックアップ

イメージベースのバックアップには、パーティション割り当てテーブル、ブートレコード、OSおよびアプリケーションファイルを含む、すべてのシステムドライブの内容が含まれています。 これは、ユーザやシステムファイルの消失、システムの設定の破損、OSの新しいハードウェアへの移行など、ほとんどの場合に役立ちます。

続きを読む
タグ: , | コメントする

Webセミナー録画 [Veeam新機能 徹底解説 Part 5:コーディングや複雑な操作は不要! オンプレミス、AWSのバックアップの統合管理はVeeamにお任せ!] 2019/04/18開催

今回は『Veeam Availability for AWS』をご紹介します。

Veeam Availability for AWSであればコーディング不要、Webブラウザ上のクリック操作のみでAWSネイティブなバックアップやリストアが簡単に実現できます。
また、オンプレミス環境のバックアップを管理しているVeeam Backup & Replicationサーバと連携し、AWS環境のバックアップをVeeamで認識し、各種リストアや2次コピーができるようになりました。

続きを読む
タグ: , , | Webセミナー録画 [Veeam新機能 徹底解説 Part 5:コーディングや複雑な操作は不要! オンプレミス、AWSのバックアップの統合管理はVeeamにお任せ!] 2019/04/18開催 はコメントを受け付けていません。

Veeam 9.5u4新機能:セキュアリストアで安全性を向上

ランサムウェアやマルウェアによる攻撃は、各企業で頭を抱える問題の一つです。ビジネスに影響を与えることは殆ど無いですが、この攻撃が驚く速さで進化し続けている為、懸念する人が多くいます。ESG(ESG Data Protection Landscape Survey)の調査では、Veeamの顧客の70%が、悪意のあるマルウェアやウイルスの混入が自社にとって大きな懸念点であると結果が出ました。

続きを読む
タグ: | コメントする

Cloud Berry Backupを使用したOracleデータベースのクラウドへのバックアップ

CloudBerryを使用してOracle データベースのバックアップを行う際は、バックアップ計画に追加の設定を行うことで、クラウド上にOracleのバックアップを転送することが可能です。

続きを読む
タグ: , , , , , | コメントする

Hyper-Vセキュリティでやってはいけないことトップ10 [ 5nine]

Hyper-Vのセキュリティの重要性は言うまでもありません。すべての仮想マシン(VM)とリソースがハイパーバイザーによってホストされるので、何かしら悪意のある者に制御されたら、全VMを乗っ取られる危険性があります。以下に紹介するHyper-Vセキュリティ上の間違い10項目を参考にして、同じミスをしないよう気を付けてください。仮想環境がマルウェアに侵害されることのないよう、悪意ある脅威からの防御を徹底してください。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

保護中: Veeam Backup & Replication Ver9.5 Update4統合ライセンスキー取得手順

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: | 保護中: Veeam Backup & Replication Ver9.5 Update4統合ライセンスキー取得手順 はコメントを受け付けていません。

Amazon S3へのMS Exchangeでの増分バックアップ手法 [CloudBerry Backup]

Amazon S3クラウドへのExchangeデータのバックアップ方法について紹介します。この手法はCloudBerryによる他のクラウドへのバックアップにも参考になります。

(注)この例ではWindows Server 2008R2 SP1 と Exchange Server 2007 SP3を使用します。

(1) CloudBerry Backup for MS Exchangeを起動させ、左トップの[MS Exchane]ブタンをクリックします。

続きを読む
タグ: | コメントする

Microsoft Hyper-Vマネジメント:絶対避けるべき15のミス [5nine]

仮想化の技術とはかなり複雑なもので、Microsoft Hyper-Vの管理も多分に漏れません。頭を痛めているシステム管理者も多いのではないでしょうか。

本稿では、Microsoft Hyper-V環境を管理する上で、誰もが犯しがちな15のミスを検証していきます。それは、同時に、Hyper-Vマネジメントを劇的に改善させる最適化のヒントにもなるはずです。

続きを読む
タグ: , , , , , | コメントする

Amazon S3へSQL Serverデータベースのバックアップ手法

CloudBerry Backupを使用してSQL ServerデータベースをAmazon S3に定期的にバックアップ

その要点は、下のスクリーンショットのように、ウィザードを実行してバックアップストレージとしてS3を選択することでスタートできます。

続きを読む
タグ: , | 1件のコメント

CloudBerry BackupでMS Exchangeのリストア方法

基本的に、Exchangeファイル/データベースを復元するには2つのステップがあります。クラウドストレージからExchangeデータベースとログファイルをダウンロードし、現状のExchangeファイルを復元されたファイルで置き換える必要があります。 リカバリプロセスを段階的に見てみましょう。

(1)CloudBerry Backupを起動させます。

続きを読む
タグ: , | CloudBerry BackupでMS Exchangeのリストア方法 はコメントを受け付けていません。

CloudBerry BackupでのMS Exchangeバックアップ方法

(1)CloudBerry Backupのメイン・ツールバーで MS Exchangeをクリックして、Exchange Serverバックアップ・プランを作成します。

(2)そしてバックアップ・ターゲットを選択します。

続きを読む
タグ: , | 1件のコメント

Microsoft Active Directoryサーバーからのアイテム(ユーザー、グループ等)リストア[Veeam Backup & Replication]

Veeam Backup & Replicationに同梱されているVeeam Explorer for Microsoft Active Directoryというツールを使用することで、Microsoft Active DirectoryのバックアップからActive Directoryアイテムの高度なリストアが可能です。ユーザーやグループなどを必要に応じてリストアできます。Standard Editionから利用可能ですが、一部機能(複数オブジェクト、コンテナのリストア)はEnterprise Edition以上が必要です。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

保護中: ライセンス保守期限切れ表示への対応方法[Veeam Backup & Replication]

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。