Veea ONEによる仮想環境の最適解への導き方

仮想環境の運用における課題

サーバ仮想化の技術は著しく進歩し、省スペース、省電力、マシン追加や削除の容易さなど、様々なメリットを享受することができるようになりました。この仮想化技術を活用した仮想環境の導入により、企業のビジネス展開速度が上がり、成長につながります。ただし、仮想環境の導入はメリットだけではありません。仮想環境の管理者は、運用していくうちに、問題、課題を抱えることが多々あります。その原因は「仮想環境のリソースを把握できていないこと」に起因しているケースがほとんどです。この課題を解決するためにVeeam ONEを用いて、仮想環境でどのようにリソースを可視化し、無駄を見つけ、より効率的に活用する方法をご紹介します。

仮想環境のリソースが無駄になっている例

続きを読む

タグ: , , | コメントする

Zerto 8.0がGoogle Cloudとのパートナーシップと、Azure、AWS、VMwareとのさらなる統合をして 2020年3月24日にリリース開始

Zerto 8.0は、ZertoエンジンがVMware VMを保護し、VMwareがネイティブで実行できるGoogle Cloud Platform(GCP)に移行できるGoogle Cloudと統合することで、機能セットをさらに強化しました。

ユーザは現在のインフラストラクチャに使用しているのと同じポリシーと構成を使用してネイティブVMwareワークロードを保護し、Google Cloudの専用VMware環境に移行できます。

続きを読む
タグ: , , , | Zerto 8.0がGoogle Cloudとのパートナーシップと、Azure、AWS、VMwareとのさらなる統合をして 2020年3月24日にリリース開始 はコメントを受け付けていません。

CloudBerry(MSP360) Backup 6.3リリース

CloudBerry(MSP360) Backup 6.3がリリースされ、一連の新機能と改善が追加されました。それらを紹介します。

エラー処理

バックアップと復元計画を実行すると、ユーザーは計画の実行中に何が起こったかを常に認識できます。 エラーが発生した場合は、何が起こったかの説明と、エラーを修正するための手順が表示されます。

続きを読む
コメントする

N2WS Backup & Recovery Ver3.0での新ユーザ・インターフェースとダッシュボード

N2WS Backup & Recovery (旧CPM) V3.0 では 新しいUI(User Interface)で、バックアップ、災害復旧、アーカイブ、監査、レポート、 およびリソースの制御がより簡単に、より速く(より楽しく)なりました。 必要なクリック数が少なく 、ナビゲーションが直感的になり、重要なすべてのメトリックを一目で監視できる新しいダッシュボードが提供されています。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

クラウドからオンプレミス『戻れる』安心感!Zertoならできるハイブリッド活用術!:2020/03/18 開催

「クラウド活用」というキーワードを災害対策、DR、BCP、などの用語とセットで良く耳にします。
また、最近ではテレワーク、在宅勤務等が注目されるようになり、その場合でも「クラウド活用」というワードを耳にするようになりました。

続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

[関連記事まとめ] Webセミナー報告記事

・2020/03/18 開催:クラウドからオンプレミス『戻れる』安心感!Zertoならできるハイブリッド活用術!

続きを読む
[関連記事まとめ] Webセミナー報告記事 はコメントを受け付けていません。

Webセミナー録画とプレゼンテーション『暗号鍵を楽々運用管理!VMware認定のKMS HyTrustなら出来るんです!』:2020/3/13 開催

近年、セキュリティインシデントによるデータ漏洩をよく耳にするようになりました。

企業が多く導入している仮想環境では、万が一のデータ漏洩に対応するために暗号化機能が提供されています。
特にVMware環境では、vSphere 6.5から導入されたのストレージポリシー(VAIO)による暗号化、
VMware vSAN暗号化、vTPMを使用した暗号化など、多くの方式が提供されています。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

Accops HyWorksを導入する5つの理由

Accopsの機能の1つのHySecure(ゲートウェイ)は、導入するだけで外部のアクセス端末からHySecure間の通信をSSL-VPNで暗号化し、企業内のアプリケーションやVDIにセキュアにアクセスすることがメリットの1つです。

続きを読む
タグ: , | コメントする

Webセミナー録画とプレゼンテーション『高まるテレワーク需要をセキュアに実現!ホットなVDIソリューションをご紹介』:2020/3/10 開催

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっており、日本も予断を許さない状態が続いています。
日本政府の発表した新型コロナウイルス感染症対策の基本方針によって、在宅で勤務をするテレワークに切り替える動きが広がっています。

続きを読む
タグ: , , , , | Webセミナー録画とプレゼンテーション『高まるテレワーク需要をセキュアに実現!ホットなVDIソリューションをご紹介』:2020/3/10 開催 はコメントを受け付けていません。

AWS向け次世代バックアップ新登場 ~ N2WSバージョン3.0新機能・拡充機能のすべて

N2WSの最新バージョンv3.0はかつてないほど充実したリリースとなっています。v3.0のAMIはAWSマーケットプレイスで一般入手でき、誰でもすぐに使うことができます。新機能やアップデートが盛り沢山のN2WS v3.0は、データライフサイクルの管理を広範にサポートし、クラウド環境の緻密なコスト分析を可能にします。また、ユーザー インターフェースもひと目でわかる簡単便利なデザインに一新されるなど、注目すべき新機能・拡充機能が目白押しです。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

Veeam ONEサーバの移行/リプレイス手法

VMware/Hyper-V仮想環境の監視ソフトVeeam ONE。WindowsマシンにVeeam ONEをインストールすることで監視サーバを構成し、エージェントレス(低負荷)に監視運用を行えます。これにより、仮想環境のリソースをモニタリングすることはもちろん、レポートを生成し将来必要となるリソース予測(キャパシティプランニング)を行うことも可能となっています。さらに姉妹製品である仮想環境の保護ソフトウェアVeeam Backup & Replicationの監視を行うこともでき、複数のバックアップジョブ状況の一括レポートを作成することも可能です。

続きを読む

タグ: , , , , , , | コメントする

Webセミナー録画とプレゼンテーション『 Veeam v10セミナー:Vanguardが7カ月間、検証した結果を30分でギュギュっとお届け!』:2020/2/20 開催

既にこちらのWebセミナーなどで、リリース予定の仮情報をご紹介しておりましたが、2月のリリースに合わせて、Veeam V10のほぼ確定の新情報が公開されてきました。

続きを読む
タグ: , , , , , , | コメントする

AWSワークロードのバックアップは[ Veeam Backup for AWS ]で決まり!

先日、Veeam Backup for AWSがリリースされました。このリリースによって、登録されたAWSアカウントに存在するEC2インスタンスを、AWSが提供するクラウドネイティブなバックアップ実現可能となりました。

現時点で、Veeam Backup for AWSでサポートされている機能は、下記になります。
●EC2インスタンスのバックアップ(EBSスナップショット)
●AWS S3バケットへのスナップショットコピー
●EC2インスタンスとしてのリストア
●EBSボリュームのリストア
●ファイルレベルリストア

続きを読む

タグ: , , , , | AWSワークロードのバックアップは[ Veeam Backup for AWS ]で決まり! はコメントを受け付けていません。

Azure VDIを管理・デプロイする手順[Accops]

セキュアに特化したVDIソリューションAccopsはAzure環境のVDIをサポートしています。
しかし、Azure VDIをAccopsで管理・クローンによるデプロイするためには、事前にAzure Connectorを構成する必要があります。

本ブログでは、 Azure Connector の構成とAzure環境登録の手順をご紹介します。

続きを読む
タグ: , | コメントする

保護中: N2WS Backup & Recoveryに必要なIAMユーザ権限について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

Kasten K10とRed Hat OpenShift 4で最強のデータ管理

「グローバル2000」にリストされるような有力企業のシステムをサポートするうえでしばしば気づかされるのは、Red Hat OpenShiftが実に多くの企業の業務環境に浸透していることです。OpenShiftは、Kubernetesを基盤とし、「クラウドやオンプレミスのインフラストラクチャ全体を通じて一貫したコンテナ ベースのアプリケーションを安全に構築、実装、管理」できるように設計されています。今日、OpenShiftはプライベート データセンターのみならず、パブリック クラウドにも多数採用されています。

続きを読む
タグ: , , , , | コメントする

Veeam Backup for AWS (新登場)

AWSにネイティブで、投資効果が高く、セキュアなクラウドバックアップ

ユーザはAmazon Web Services (AWS)が提供する堅牢なクラウドプラットフォームを利用することで、独自のインフラストラクチャを構築し、コストと時間の負担をかけずに、ビジネス・アプリケーションを作成して展開することができます。しかし、ユーザはAWSの責任共有モデルに基づいて、ユーザのアプリケーションとデータの責任を負います。

続きを読む
タグ: , | Veeam Backup for AWS (新登場) はコメントを受け付けていません。

Webセミナー録画とプレゼンテーション『 Office 365をS3やBLOBストレージへデータ保護! BCP対策セミナー』:2020/1/28開催

Veeam Backup for Microsoft Office 365では、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft Teamsなどのデータ保護を一括で実施可能です。

続きを読む
タグ: , , | 1件のコメント

Azure Kubernetes Serviceのバックアップとリカバリは Kasten K10で

世界中でKubernetesデプロイメントによる企業システムのクラウド ネイティブ化が進んでいます。これにより、開発業務の大幅な効率化が促進される反面、Kubernetesアプリケーションのバックアップやモビリティなど、実用化されたシステム環境のメンテナンス(いわゆるDay 2オペレーション)が複雑化し、頭を抱えている企業も少なくありません。Kasten K10のバージョン2.0には、まさにこの問題を解決するための諸機能が完備されています。K10は、企業がクラウド ネイティブ環境において災害復旧や事業継続の要件を容易に実現し、セキュリティを確保するための強力な助っ人となります。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

HyTrust CloudControlが提供するKubernetes対応の豊富なDeployment Control(展開制御)ポリシー

ここでは、Kubernetes環境でのコンテナーの展開を保護するHyTrust Cloud Control(HTCC)の製品バージョン6.0の豊富な機能を掘り下げてみます。Deployment Controlは、Kubernetesクラスターに展開できる「何」のイメージを保護することに関するものであり、Access Controlは、「誰」がどの操作を実行できるかに関するものです。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

保護中: N2WS Backup & Recoveryのトライアル開始方法

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

「ネットワークブート型」と「デスクトップ仮想化(VDI)型」の違い[Accops]

弊社取り扱い製品『Accops』はセキュリティをより強固にすることが可能なVDIソリューションです。
VDIソリューションをご紹介している中で、『ネットワークブート型とは何が違いますか 』 とご質問をいただきます。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

Kasten K10 Version 2.0 のリリースについて

Kastenのクラウド ネイティブなデータ管理システムK10のバージョン2.0が、このほど一般公開されました。K10バージョン2.0は早くも企業システムを管理するプロフェッショナルたちに評判となっており、特にソフトウェア ライフサイクルのDay 2(業務システムの実用化段階:管理、最適化、モニタリング、メンテナンス)サポートへの有効性が高く評価されています。IT環境の新基準としてKubernetesの普及が急速に進んでいますが、セキュリティと運用の複雑化への不安が依然として根強いのも事実です。K10バージョン2.0には、その課題克服をもたらす新機能が備えられています。

続きを読む
タグ: , , | Kasten K10 Version 2.0 のリリースについて はコメントを受け付けていません。

一緒なら安心♥ HyTrustとVMwareの暗号化で完璧セキュリティ

簡単一発設定!

VMwareがvSpherevSANの両方の暗号化をサポートしていて、それを有効化する方法としてはHyTrust KeyControlが推奨されていることは、知っているかたも多いことでしょう。HyTrust KeyControlが推奨されるのにはわけがあります。システムの暗号化を志向する企業が、それをなるべく簡単かつ効率的に実現したいと考えるのは当然ですが、KeyControlがまさにその要件に合致するからです。KeyControlはOVAファイルとしてデプロイされます。まずvCenter\vCVAにOVAファイルをインポートし、そしてvCenterセッティングのKMS(Key Management Server)セクションにKeyControlノードを追加するだけです。これで設定はすべて完了です。えー、たったこれだけ?すごーい、簡単便利!と、もし街角で実演販売でもしたら、 聴衆からもれる感嘆の声が今この耳に聞こえてくるかのようです・・・

続きを読む
タグ: , , , , , , | 一緒なら安心♥ HyTrustとVMwareの暗号化で完璧セキュリティ はコメントを受け付けていません。

緊急時のリストア方法~バックアップファイル解凍ツール~



Veeam Backup &Replicationでは通常、管理コンソールから仮想マシンのリストアを行います。しかし、サイト自体やVeeamインストールサーバに障害が発生し場合にはリストアが行えなくなってしまいますので、そのような場合には通常はVeeamを改めてインストールしていただき、Import Backupからバックアップファイルを登録し、リストアを行います。

続きを読む
コメントする