保護中: Accopsエディション別機能一覧

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

コメントを読むにはパスワードを入力してください。

伝統的なバックアップとDRからの脱却 — リカバリこそすべて[Zerto Virtual Replication]

バックアップとDR(災害復旧)ソリューションは同化しつつあります。大小を問わず、バックアップ ソリューションのベンダーは、DRとオーケストレーションをプラットフォームに組み込むことを目指す傾向にあります。

続きを読む
コメントする

N2WS Backup & Recoveryがさらに充実、最新版V4.0はAzureもサポート

AWSバックアップの米大手ソフトウェア会社N2WSは、ユーザー第一の利便性を追求し、バックアップ、リカバリ、災害復旧(DR)、データライフサイクル管理のプロセスを完全サポートすることにコミットしています。特に、マルチクラウドのサポートに力を入れており、このほど、AWS環境に加え、Microsoft AzureもN2WS Backup & Recoveryコンソールの一部に追加されました。これは、マルチクラウド環境でAzureのワークロードを使用している企業にとっては、バックアップ ソリューションの有力なオプションとなります。バージョン4.0で、マルチクラウドのバックアップとリカバリを一括管理できるようになり、N2WS Backup & Recoveryの利便性が一段と充実したのは間違いありません。

続きを読む
コメントする

Hyper-V上のVMバックアップに最適なVeeam機能【Veeam Backup & Replication v11】

Veeam Backup & ReplicationはHyper-V上の仮想マシンのバックアップに、便利な機能を多く取り揃えております。本ブログではその機能をいくつかご紹介いたします。

1.2つのバックアップモード

Veeam Backup & ReplicationはHyper-V上の仮想マシンをバックアップする際に、2つの異なるバックアップモードを提供します。構成や環境に合わせて最適なバックアップモードを選択出来ます。

続きを読む

タグ: , | コメントする

保護中: Veeam Guest Processing での認証情報をVM個別に指定する方法

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

【N2WS Backup & Recovery 4.0 新機能】大阪リージョンのサポート追加について

N2WS Backup & Recoveryは登録したAWSアカウントに紐づいている
EC2インスタンスやRDSなどのAWSリソースのバックアップ/リストアを
コーディングすることなく、簡単に行えるソフトウェアです。

バックアップの仕組みとしてはAWSがネイティブで提供している
スナップショット機能を活用し、高速かつ低コストなバックアップを実現します。
また、スナップショットを同一AWSアカウント内の別リージョンへコピー、
別AWSアカウントの任意のリージョンへコピーし、DR対策も可能です。

続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

VeeamON 2021で脚光を浴びるKubernetes

今年もVeeamONが盛況のうちに幕を閉じました。完全バーチャルのVeeamONイベントとしては、おそらくこれが最後になるでしょう(と切に願います)。来年はラスベガス開催との発表もありました。いずれにせよ、このようなイベントは今後「ハイブリッド」になっていくのではないでしょうか。バーチャルの利用もすっかり定着し、ニーズも増えているし、プロダクトの最新情報を直接目の当たりにする機会も重要です。

続きを読む
タグ: , | VeeamON 2021で脚光を浴びるKubernetes はコメントを受け付けていません

8.5で新しくなったZerto PowerShell Cmdlets

Zertoは元々、PowerShellから各種コマンドで操作を実施可能でしたが、8.5から、下記の新機能の実装に合わせて大幅に仕様が変更されました。

  • ZVM とのセッションを確立し、このモジュールのコマンドレットを利用可能
  • VPGに対する各種操作(新規作成、既存VPG編集、Live Failover、Move、Clone操作)
  • VRA のインストール、編集、アンインストール
  • リソースとリカバリレポートからレポート データを抽出
  • ZVMで利用可能なアラートとイベントのデータを抽出
続きを読む
コメントする

Veeamのバックアップとリストアのパフォーマンスを向上されるためのヒント

Veeamには豊富なバックアップ機能やリストア機能があります。各機能はデフォルトの設定のままでも十分なパフォーマンスが見込まれますが、より高度な設定を行うことでより効率的な処理が可能になります。

本ブログでは、そのようなバックアップやリストアのパフォーマンス向上につながる設定をご紹介いたします。

ヒント1:バックアッププロキシの活用

続きを読む

コメントする

復旧機能まとめ[Veeam Backup & Replication v11]

バージョンアップごとに新機能や新規プラットフォーム対応により、リストア手法も増加しています。そんなVeeamのリストア手法をまとめたインフォグラフィックが公開されていましたので、今回は日本語で簡単にまとめとして紹介します。

続きを読む
コメントする

Office 365バックアップにも3-2-1ルールを[Veeam Backup for Microsoft Office 365]

3-2-1 ルールは、データ保護する際の基本的なルールです。一般的に以下のようなルールに基づきバックアップを保管する必要があると言われています。

  • データの3 つのコピー
  • 2つの異なるメディアに保存
  • そのうち1つはオフサイトに(ランサムウェア対策としてオフラインであることを推奨)
続きを読む
コメントする

VeeamでAzure VMware Solutionのデータ保護を行う際の考慮事項

Veeam Backup & Replicationでは、Azure VMware Solution(AVS)上のVMのデータ保護も対応しております。データ保護だけではなく、オンプレミスVMware環境からAVSに移行することも簡単に実施できるので、移行 + 移行後のデータ保護までVeeamで一元的に実施することが可能です。

続きを読む

タグ: , , , | コメントする

保護中: HyTrust KeyContorlクラスタノードのアップグレード方法

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ: , , | コメントを読むにはパスワードを入力してください。

StarWind VSAN ZFSファイルシステム と LinuxベースのStarWind VSAN

今日のビジネスでは、大量のデータを保存し、そのデータが確実に利用できるようにしなければ企業の存続はありません。データはかつてないほど重要であり、大多数の企業は重要なプロセスやサービスを提供するために巨大なデータストアに依存しています。これまでは、必要なパフォーマンスと容量を提供するために、高価な専用ストレージ・アレイやハイエンド・デバイスを購入しなければなりませんでした。

続きを読む
タグ: , | StarWind VSAN ZFSファイルシステム と LinuxベースのStarWind VSAN はコメントを受け付けていません

HyTrust KeyControlのライセンスファイル入れ替え方法

HyTrust KeyControlは様々な暗号化ソフトウェアの暗号鍵を管理できるソフトウェアです。
KeyControlのアプライアンスはOVFテンプレートで提供されており、使用するためにはライセンスキーを割り当てる必要があります。

ライセンスキーの期限が切れた場合、KeyControlのWebコンソールへアクセスすると、License期限切れのポップアップが出力されるようになります。

この場合、ポップアップ画面のUpdate License Nowまたはコンソール上部のSETTINGS > Licenseから新しいライセンスファイルの適用を行います。

続きを読む

タグ: , , , | コメントする

StarWind Virtual SAN for Hyper-Vの紹介

StarWind Virtual SAN for Hyper-Vは、ネイティブWindowsハイパーバイザー・ベースのハードウェアレスのVMストレージ・ソリューションです。利用中のサーバのストレージとRAMを、連携するストレージ・クラスター・ノード間でミラーリングすることで、仮想化ワークロード用に構築された完全なフォールト・トレラントとハイパフォーマンスのストレージ・プールを作成します。ミラーリングされたストレージリソースは、すべてのクラスターノードに接続され、すべてのハイパーバイザーおよびクラスター化されたアプリケーションによって、ローカルストレージとして扱われます。すべてのストレージ・ノードにマルチパス・アクセスを提供することで、高可用性(HA)を実現します。StarWind Virtual SAN for Hyper-V は、ハイパーバイザー上でローカルに動作し、すべてのI/OがローカルのRAM、SSDキャッシュ、ディスクで処理されるため、専用のSANソリューションに比べて最高のパフォーマンスを発揮します。これにより、ストレージ・ファブリックがボトルネックになることはありません。

続きを読む
タグ: , | StarWind Virtual SAN for Hyper-Vの紹介 はコメントを受け付けていません

Veeam、Zerto、Commvault、Avamar、Appassure、NAKIVO、Actifio、Tivoliといったバックアップとレプリケーションソフトウェアとの相互運用性[VirtuCache]

バックアップソフトウェアのベンダーは、いくつかの異なるタイプのアーキテクチャとVMware APIを使用しています。バックアップを高速化するためには、VirtuCacheに追加の設定が必要な場合があります。バックアップデータが「ホット」なVMプロダクションデータをキャッシュから追い出さないように、またVirtuCacheがWrite-Backモードになっていても、バックアップがアプリケーションと矛盾しないように注意する必要があります。

続きを読む
コメントする

WasabiがHot Cloud Storage with Object Lockをリリース、Veeamでバックアップの不変性(Immutability )を実現

このObject Lock 機能を使用するには、Bucket で Object Lock が有効になっている必要があります。Object Lock の有効化は、Bucket の作成時にのみ行うことができます。そのため、既存のBacketのデータに対して Object Lock を有効にすることはできません。

Object Lock を有効にしたバケットを作成すると、Wasabi Bucket Lock(Wasabi Compliance)の使用が自動的に無効になります。

続きを読む
タグ: , , , , , | コメントする

vSphereホストサイドのキャッシュとしてのSSD選択ベストプラクティス[VirtuCache]

VirtuCacheは専用のハードウェアを必要としていませんが、キャッシュによるVM高速化パフォーマンスはキャッシュメディアに使用するハードウェアの性能や特性に依存します。本記事では、SSDをキャッシュメディアとして利用する場合にどのような観点からハードウェアを選択すべきかといったプラクティスを紹介します。

続きを読む
コメントする

Zerto 9.0新機能予告 – ランサムウェア対策、長期保管、リストア機能強化、保護自動化等々

異種プラットフォーム間で仮想マシンのレプリケーションが可能なZerto Virtual Replicationは2021年の7月頃に次期バージョンである9.0をリリース予定としています。この9.0で追加される予定の新機能がZertoCON 2021で解説されていましたので、本ブログでも紹介させていただきます。

メインとなる新機能としては下記が紹介されていました。

続きを読む
タグ: , | コメントする

CloudBerry Backup Ver7.1 での GFS リテンション・ポリシー

初めにCloudBerry BackupでのGFSの起動について:

現在、Grandfather-Father-Son(GFS)機能は、レガシー・バックアップ・フォーマットを除く全てのバックアッププランで動作します(レガシー・フォーマットの詳細はヘルプをご覧ください)。バックアップ・プランを作成または編集する際に、リテンション・ポリシーを構成しながらGFSをオンにすることができます。この場合、CloudBerry Backup Serviceは、このステップで設定したプリファレンスに従って、今後行われる特定の数のフル・バックアップに対してマークを入れます。

続きを読む
タグ: | コメントする

あらゆるスナップショットをN2WSで管理するN2WS AnySnap Archiver

以前、こちらのブログでN2WS導入以前に作成されたEBSスナップショットや、N2WS導入後も手動で作成されたEBSスナップショットを、より低コストなS3ストレージクラス(Amazon Glacierなど)にアーカイブできるN2WS AnySnap Archiverを紹介しました。

今回は、この機能の設定方法を紹介していきます。

続きを読む

コメントする

StarWind自動ストレージ階層化

はじめに:
スムーズで高いアプリケーション性能への要求と、利用可能なストレージシステムの能力を一致させるという現代の課題は、実際に存在しています。システム管理者をはじめとする、ITインフラの統合を担うIT専門家は、その解決策としてフラッシュに目を向け始めました。しかし、フラッシュを購入した後、それを適切に導入するという問題に直面します。

続きを読む
タグ: | コメントする

Kubernetes環境をランサムウェアから守るKasten K10 v4.0

Kasten K10は、2020年にはKubernetesバックアップ ソリューションの「プロダクト オブ ザ イヤー」にも選出され、同分野での先駆者として地位が各方面に認知されました。そして今、Veeamの一員として、その地位をさらに強固なものとし、イノベーションを加速させています。このほどリリースされたKasten K10 v4.0には、業界初のKubernetes向けランサムウェア対策ソリューションが導入されました。

続きを読む
タグ: , | Kubernetes環境をランサムウェアから守るKasten K10 v4.0 はコメントを受け付けていません

Zerto for Kubernetes(Z4K)、K8s環境をレプリケーション:ZertoCON 2021

昨年のZertoCON 2020でテクニカルプレビューがリリースされたZerto for Kubernetes(Z4K)が、今年の4月に1.0のリリースとなり、ZertoCON 2021、”Data Protection as Code: Introducing Zerto for Kubernetes”セッションで詳細な紹介が行われました。今回はこのセッションを抜粋してご紹介します。

Z4Kは現在、下記のプラットフォーム上のKubernetes(K8s)環境をサポートしています。K8s専用に開発されており、アプリケーションを中心としたデータ保護をコードで実現可能です。

続きを読む
タグ: , , , , , , | コメントする