バックアップ構成をもっと簡単に、vSphereタグの組み合わせで楽々運用[Veeam Backup & Replication v11新機能]

Veeam Backup & RepicationではバックアップジョブでのVM指定時にvSphereタグを利用できます。v10までは指定したタグに含まれるVMをバックアップするという指定方法のみで、この方法ですとバックアップポリシーや構成が複数パターンあり、ジョブ数がある程度多いケースでは、その分、タグを用意しなければならず手間がありました。

続きを読む
コメントする

Immutable(不変的)なバックアップでランサムウェアから防御を!!「Hardened Repository(堅牢化リポジトリ)」の実践

はじめに

ランサムウェアは近年増殖し続けており、バックアップ・データはますますランサムウェア攻撃の標的になりつつあります。バックアップへの攻撃を防ぐために、Veeam Backup & Replication V11では、「Hardened Repository(堅牢化リポジトリ)」機能を導入しました。これは、設定された時間の間、バックアップを変更不可能(不変: Immutable)なものにします。これにより、ランサムウェアやハッカーなどの脅威から守ることができます。

続きを読む
タグ: , , , | Immutable(不変的)なバックアップでランサムウェアから防御を!!「Hardened Repository(堅牢化リポジトリ)」の実践 はコメントを受け付けていません

CloudBerry 7.0:新しいバックアップ形式の設定手順(ファイルレベルバックアップ)

CloudBerry 7.0で新しいバックアップ形式が追加されました。本ブログでは新しいファイルレベルのバックアップ計画の作成方法をご紹介いたします。

1.バックアップ計画作成ウィザードの起動

コンソール左上のバックアップィザードをクリックすると下記の画面が表示されます。新しいバックアップ形式を使用する場合は、試行BETAバックアップ形式を選択します。

続きを読む

コメントする

CloudBerry 7.0:新しいバックアップ形式の設定手順(イメージベースバックアップ)

CloudBerry 7.0で新しいバックアップ形式が追加されました。本ブログでは新しいのバックアップ計画の作成方法をご紹介いたします。

1.バックアップ計画作成ウィザードの起動

コンソール左上のイメージベースをクリックすると下記の画面が表示されます。新しいバックアップ形式を使用する場合は、試行BETAバックアップ形式を選択します。

続きを読む

コメントする

Veeam Backup & Replication v11のメイン新機能紹介

先日(2021/2/24)にVeeam Backup & Replication v11がリリースされました。このメジャーバージョンアップで今まで提供していた、バックアップ、レプリケーション、ストレージスナップショットでの保護に加え、継続的データ保護(CDP)機能が追加、4-in-1ソリューションとしてより柔軟なデータ保護が可能となりました。

続きを読む
タグ: , , , , , , , | 1件のコメント

AWS Backup vs. N2WS Backup & Recovery

AWS BackupN2WS Backup & Recoveryの重要機能を比較しました。

続きを読む
タグ: | AWS Backup vs. N2WS Backup & Recovery はコメントを受け付けていません

EFS対応の新規ファイルレベルリストア(FLR) [N2WS 新規機能]

N2WSは、EFS全体をリストアする必要なく(ボリュームへのアタッチやブラウジングなどは言うまでもなく)、個々のファイルやフォルダを検索してリストアするための高速かつ簡単な方法を提供するようになりました。

ユーザーは、[Backup Monitor]でリストアしたいEFSまたはFSxを見つけ、[Recover]をクリックします。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

ワーカ・インスタンス設定での追加テスト [N2WS 新規機能]

知られているように、File Level RestoreとStore to Amazon S3の両方とも、ワーカ・インスタンスの起動が必要です。ユーザはワーカーの設定(VPC、サブネット、セキュリティグループ、地域など)を確認し、N2WSはデフォルトで推奨されるパラメータを提供します。Testボタンを使用して、その後、ユーザーはインスタンスをスピンアップして、これらの構成を確認することができます。

続きを読む
コメントする

N2WS AnySnap Archiver : 新規データ・ライフサイクル管理機能

このN2WSの最新機能では、特に新ユーザ向けに、いつ、どのように行われたかに関わらず、以前に作成された既存のEBSスナップショット(つまり、N2WSで行われていないAWSのEBSスナップショット)をインポートし、それらのEBSスナップショットをAmazon S3に保存したり、Amazon Glacierにアーカイブしたりすることができるようになり、直ぐのコスト削減が可能になりました。

続きを読む
タグ: , , , | コメントする

Splunk との統合 | N2WS Backup & Recovery | New

Splunkは、データをリアルタイムで集計、レポート、分析するエンタープライズレベルの監視プラットフォームの代表格です。N2WSとSplunkの共同ユーザは、Splunkプラットフォームを介して貴重な洞察やアラートを確認し、チームと共有することができるようになり、問題を迅速に解決し、ビジネスの生産性、安全性、収益性を高めることができるようになりました。

続きを読む
タグ: | Splunk との統合 | N2WS Backup & Recovery | New はコメントを受け付けていません

【Veeam Backup & Replication v11】Enterprise Manager (Web UI)のローカライズ対応を実際に試してみました!

先日、Veeam Backup & Replication v11のRTMが提供されました。
特に要望の多かった、Enterprise Managerの日本語化について、弊社クライムも早速試してみましたので、本ブログにてご紹介します。

Veeam Backup Enterprise Manager v11からは、業界標準のGetTextローカライゼーションがWeb UIに追加され、
ブラウザの翻訳機能を使用することなく、日本語など指定した言語で表示が可能になります。

続きを読む

タグ: , , , , | コメントする

インディペンデント・ボリューム・コピー: N2WS ハウツー・ガイド

N2WS Backup & RecoveryのダッシュボードからS3リポジトリ・タブを開き、「New」をクリックしてリポジトリを追加します。その次に下図ようなメッセージが表示されます。

続きを読む
コメントする

ファイル・レベル・リストア : N2WS ハウツー・ガイド

ファイル・レベル・リストアはN2WS Backup & Recovery製品の優れた機能の一つですが、Ver3.2のアップデートでさらに優れた機能になりました。ボリュームのバックアップが保存されているS3リポジトリから、必要に応じて単一のファイルをリストアできるようになりました。また、このための新しいタブがあるので、新しいウィンドウがポップアップするのではなく、複数の異なるボリュームのファイル・レベル・リストアのための複数のセッションを同時に持つことができるようになりました。

続きを読む
コメントする

StarWind: VDI(Virtual Desktop Infrastructure)ユーザ事例 [ Anchor Brewing社 ]

Anchor Brewing社 のルーツはカリフォルニアのゴールドラッシュにまでさかのぼり、アメリカで最も古い醸造所のひとつです。Anchor Brewing Beerは、1896年にサンフランシスコで誕生したオリジナルビールです。

続きを読む
タグ: , | 1件のコメント

StarWind vs DataCore とのSDS比較

StarWind VSAN と DataCoreを要件別に比較してみました。

Software-defined Storage
続きを読む
タグ: , , , | StarWind vs DataCore とのSDS比較 はコメントを受け付けていません

Veeam Backup監視レポート:バックアップ環境の構成とパフォーマンスの評価

Veeam ONEにはVeeam Backup & Replicationの使用状況や問題を監視するための、アラームやレポートが多数用意されています。

これから何回かに分けて、いくつかのレポートを紹介していきます。

今回ご紹介するのは、Veeam Backup Assessmentレポートパックです。このレポートパックでは、バックアップを正常に取得するための推奨要件を満たしているか、不必要なバックアップでリソースを無駄遣いしていないか、必要なバックアップが取れているかなど、バックアップ環境の構成に問題がないかを評価します。
続きを読む

タグ: | コメントする

試してみよう、Veeam Backup for Google Cloud Platform!

Veeamでは、現在クラウド環境上のバックアップにも力を入れており、AWS用とAzure用といったバックアップ製品に加えて新たにVeeam Backup for GCPをリリースしました。この製品ではGCPのスナップショットをポリシーベースで自動化、またスナップショットからのバックアップ取得、といったデータ保護を簡単に実現可能です。今回はこのVeeam Backup for GCPを実際に試してみましたので、ご紹介します。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

トラブルシューティングにおけるVeeam ONEの威力を探求する

仮想インフラストラクチャやバックアップであるかどうかに関わらず、環境のトラブルシューティングに関しては、Veeam ONEはその力を発揮します。Veeam ONEは、ナレッジベースの特定の問題に関連するシグネチャをアラームと共に使用しています。
Veeam Intelligent Diagnosticsと呼ばれる潜在的な問題を警告します。アラームは、アラーム管理タブのVMware、Hyper-V、(Veeam) Backup & Replicationに基づいてグループ化されています。

続きを読む
タグ: | トラブルシューティングにおけるVeeam ONEの威力を探求する はコメントを受け付けていません

CloudBerry 保守更新後のライセンス期限切れ

保守更新後に、CloudBerryのConsole にて、「ライセンス期限切れ」と表示されることがあります。


続きを読む
コメントする

Veeam Backup & ReplicationとVeeam ONEを併せて使用する5つの理由

Veeam Backup & Replicationは、10年以上にわたって重要なワークロードを保護してきました。新しいバージョンがリリースされるたびに、CDPやクラウドへアーカイブする機能など、驚くべき新機能が含まれています。そして、Veeam Backup & Replicationに新機能が追加されると同時に、Veeam ONEもアップデートされています。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

Red Hat + Kasten: OpenShift Container StorageとのKubernetes バックアップ

今日の企業は、Red HatのOpenShift Container Platform(OCP)とOpenShift Container Storage(OCS)を、KastenのK10ソフトウェアベースのデータプラットフォームと使用することで、Kubernetesアプリケーションをシームレスに保存・保護できるようになりました。

続きを読む
タグ: , | コメントする

N2WSとDatadogの統合方法 : AWSアカウントをリアルタイムで完全に可視化

N2WS と Datadog の統合を使い始める方法を紹介します。このガイドでは、すでに N2WS Backup and Recovery を使用していることを前提としています。

続きを読む
タグ: , , | コメントする

[Zerto]必要なWAN帯域幅要件を簡単推定、Zerto Analytics Resource Planner

ZertoにはZVM(管理マシン)上のWeb GUIとは別に、開発元のポータルサイトからレプリケーションの状況を監視、レポーティングするためのZerto Analyticsという機能があります。ZVMインストール時やZVMのWeb GUIメニューのAboutで下記のようにZerto SaaSアプリケーションを有効化することで利用できます。

続きを読む
コメントする

【Veeamリストア活用②】Hyper-VからVMwareへの移行

前回のブログでは、Veeam Backup & Replicationのリストア機能を活用したNutanix AHV環境への移行についてご紹介しました。Veeamでは、他にも任意のバックアップデータからVMware環境に対してインスタントリカバリの実施も可能となっております。これにより、Hyper-V/Nutanix AHV上の仮想マシンや、Windows/Linux物理マシンを、VMware上の仮想マシンに移行することも可能となっております。

続きを読む

タグ: , , , , , | コメントする

HyTrust KeyControl 5.3 HSMとの連携強化

先日、HyTrust KeyControl 5.3がリリースされました。
ユーザインタフェースに大きな変更はありませんが、HSM(ハードウェアセキュリティモジュール)との連携により、暗号鍵の管理に特化したハードウェアに対して、各種暗号化機能で生成された鍵を保管することが可能です。

続きを読む

タグ: , , , | コメントする