ホワイトペーパー「最適なバックアップインフラを構築するためのVeeam ONE活用方法」が公開されました。

エグゼクティブ・サマリー

バックアップインフラの要件を考えるとき、ネット上の議論などで、「ある程度、根拠のある予測」を沢山目にすることになるでしょう。オンラインフォーラムやコミュニティだけでなく、ツイッターやグーグルのサイトでも、次のような質問をよく見かけます。「バックアップインフラの要件は、このような構成で満たせますか?」の類の質問で、それに対して様々な回答が寄せられます。しかし、バックアップインフラの構築を計画するとき、システム管理者は最適かつ最速なサーバー構成やネットワーク帯域幅に関する情報収集や、議論の相手に同僚を選ぶことが多いはずです。実際のところ、専門家の意見はベストプラクティスや一般的なユースケースを参照するのには役に立ちますが、すべての状況に当てはまる万能薬的なソリューションをもたらしてはくれません。バックアップインフラのパフォーマンスはいろいろな要因に左右されます。仮想インフラの構成、プライマリサーバーやリポジトリサーバーの修正やネットワーク構成、ホストの構成とVM(仮想マシン)の数、バックアップジョブの必要数、頻度など、様々な要因を考慮しなければなりません。つまり、自社のインフラを評価し、不確実要素を取り除きながらバックアッププランを適正に進めるための最善策は、その特定のニーズに合ったソリューションを採用する必要が有ります。そのソリューションとして最適なのが、Veeam® ONE™です。Veeam ONEとは、Veeam Availability Suite™に含まれる、ビルトインのモニタリング、レポート、容量プランニング機能です。異種混合の仮想環境にも対応するよう設計されているので、バックアップインフラと仮想インフラの両方を統合してわかりやすく可視化します。また、Veeamバックアップの実装環境を設計する際に直面する各種課題にも的確に対応します。Veeam ONEは、仮想インフラを評価して、Veeamのバックアップへの準備や状況を把握し、リソースを最適化して、インフラの性能を最大限に引き出すためのツールです。

続きを読む

タグ: , | コメントする

Amazon S3と GlacierへのVeeam VTLオプション [ StarWind Cloud VTL for AWS and Veeam] コスト効率の良い代替えテープ機能として

VeeamにおけるVTLオプション:

Veeam ユーザはスケーラブルで、コスト率の良いテープの代替選択肢としてAmazon AWSオブジェクト・ストレージ上でVTL(Virtual Tape Library)を使用することができます。VeeamユーザはこれをVeeam Backup & Replicationとで利用でき、現状のバックアップ処理に影響することはありません。Veeamでの統合したVTLソリューションはデータは低遅延のAWSのパブリッククラウドストレージ(Amazon Simple Storage Service: S3)で稼働し、データを長期間保存するためのコスト効率に優れたAmazon Glacier Storageに移行することができるスマートなデステージングが含まれています。VeeamではAmazonのネイティブな VTLとStarWind VTL to Cloudという2つの選択肢があります。

続きを読む

タグ: , , , | コメントする

あなたの環境も楽々監視! Veeam ONEでできること

データセンター内の完全な可視性は、ビジネスを24.7.365にするために不可欠です。
データセンターの可視性により、IT管理者はリソースを適切に活用し、
問題のトラブルシューティングを行い、環境に関するレポートを実行できます。

続きを読む

コメントする

Cisco HyperFlexからの最適なバックアップを構成するには?

Veeamは9.5 update2でCisco HyperFlexとのストレージスナップショット連携に対応しました。これによるVeeamのバックアップやレプリケーションの際にHyperFlexのスナップショットを使用してデータ取得が行えます。この効果の最も大きい点はVMwareスナップショットの保持時間を最小にできることです。これによりVMのスナップショット削除時かかる負荷を最小限にできます(詳細はこちら)。


続きを読む

コメントする

ランサムウェアの検知もVeeamで対応!! Veeam ONE新アラート「Possible ransomware activity」

昨今、ランサムウェアに感染し、PCのデータが暗号化され、
ファイルを人質として身代金を要求されるというニュースをよく耳にするようになりました。

多くのランサムウェアは侵入したマシンやルーターから、エンドポイントとなるマシンへ徐々に感染していき、
ディスク内のファイルを暗号化します。
この暗号化の際にマシンCPUの利用率が高く張り付き、また、ディスクへの変更に伴い高い書き込みレートを記録されます。

続きを読む

コメントする

Veeam × Nimble 検証報告録画 【クライムによるオリジナル検証】

2017年4月26日(水)に開催された Nimble Storageと強力連携!! Veeam9.5 最新機能紹介セミナーのクライム検証報告の動画です。

VeeamとNimble連携の処理の流れから、実際に連携を行う際の設定や構成だけでなく、ストレージスナップショットからリストアがどれだけ簡単になるのか、連携することでVMware環境への負荷をどれだけ削減できるのか実際の検証結果を基にご紹介いたします。

続きを読む

タグ: | コメントする

CloudBerry Backup 5.6.1 : Integrated Remote Assistantをインテグレート

CloudBerry Backup 5.6.1からCloudBerry Labが独自開発したIntegrated Remote Assistantの利用が可能になりました。ツールバーの「Tools」から簡単にダウンロード、インストールして、利用できます。

続きを読む

タグ: | CloudBerry Backup 5.6.1 : Integrated Remote Assistantをインテグレート はコメントを受け付けていません。

Veeam新ソリューション情報まとめ:VeeamON帰国後レポートその2

前回のブログではVeeam Backup & Replicationに絞ってv10で実装予定の新機能をご紹介いたしましたが、今回はVeeam B&R v10以外で新たに追加される予定の新ソリューションや新機能をご紹介いたします。

Veeam Availability for AWS(N2W)
N2WS Cloud Protection ManagerとVeeamを統合し、AWS EC2のエージェントレスバックアップを行うツールについての紹介です。N2WS Cloud Protection ManagerはEC2のバックアップツールであり、AWSネイティブのスナップショットを利用してEC2インスタンスなどのバックアップを行うことが可能です、このN2WとVeeamが統合することで、Veeamのリポジトリ(保存先)へバックアップを保存できるようになります。また、異なるリージョンへのEC2リストアや、ファイルやアプリケーション単位でのリストアが可能になります。

続きを読む

1件のコメント

CloudBerry Backup Ver 5.6からのハイブリッド・バックアップ(Hybrid Backup)

ハイブリッド・バックアップ(Hybrid Backup)

ハイブリッド・バックアップは、ローカルとクラウドの2つのバックアップ計画を組み合わせて、セットアップ・プロセスを簡単にするものです。更に暗号化と圧縮はローカル・ストレージへのイニシャルなバックアップ間のみに一度だけ実行されます。既に暗号化と圧縮済のクラウド・ストレージにアップロードされます。

続きを読む

タグ: , | コメントする

Veeam Backup & Replication v10新機能予告:VeeamON帰国後レポートその1

VeeamONでの新発表を簡単にまとめてご紹介いたします。今回の記事では製品としてVeeam Backup & Replicationのv10で実装予定の機能に関して主にご紹介しております。

まず、大きな新機能としては以下の4つがあげられます。

  • WindowsとLinux用のエージェント(Veeam Agent for Windwos/Linux)がVeeam Backup & Replicationに完全統合!
    これにより物理コンピュータのバックアップをサポートします。これには、エージェント展開の自動化とジョブ管理が含まれています。これにより、Veeam Backup & Replicationが現在、仮想マシンに対して提供しているのと同じような管理、バックアップが物理的なワークステーション、サーバー、およびフェールオーバークラスタでも可能になります。多くのお客様から長年の間、要望をいただいていた本機能が、スタンドアロンなエージェント製品との統合により、ついにv10で実現します。

続きを読む

1件のコメント