VMwareのスナップショット機能について【仮想化プラットホーム VMware vSphere】


VMWareにはスナップショットと呼ばれる仮想マシンの状態を保存する機能があります。スナップショットは簡単に仮想マシンの変更点のみを保存できます。スナップショットは複数取得できますが、その分ディスク領域は多く必要となります。このスナップショット取得時のオプション機能を紹介します。

■スナップショット取得手順
対象の仮想マシンを右クリック→「スナップショット」→「スナップショットの作成」

■スナップショット作成時のオプション

1)仮想マシンのメモリスナップショット(デフォルト有効です)
仮想マシンが起動中でファイル等が編集中で保存していなくてもこの機能が有効であれば編集中の内容もスナップショットの保存対象になります。

2)静止ゲストファイルシステム
スナップショット取得時に仮想マシンが起動中の場合、VMware Tools が仮想マシンのファイル システムを静止します。ファイル システムの静止することで仮想マシンのディスク上のデータをスナップショットを取得するのに最適な状態にします。

関連トピックス:

カテゴリー: VMware タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL