マルチクラウド戦略の重要性

クラウド戦略なしでは企業のITが立ち行かない時代になって久しいですが、近年はそれがマルチクラウド、あるいはハイブリッドクラウドに進化しています。IT調査会社IDCによると、Infrastructure as a Service(IaaS)、 Platform as a Service(PaaS)、Software as a Service(SaaS)を含め、世界のパブリッククラウド市場は2019年の段階で前年比26%増の2,334億ドルに拡大し、それが2020年にはさらに24.1%増の3,120億ドル規模に達しているそうです。オンプレミス環境に依存していた企業が、部分的にパブリッククラウドへ移行するケースも増え、IT環境のハイブリッドクラウド化が進んでいます。

続きを読む

ノイジーネイバー(うるさい隣人)への対処方法

「うるさい隣人」は困りものですが、勝手に押しかけて居座る隣人は、もっとやっかいです。いちばんたちが悪いのは、留守中にあがり込んで冷蔵庫の中をあさったうえにボトルの水を直接飲んで、そのまま戻す隣人です!いや失礼、学生時代のアパートを思い出して、つい話が具体的になってしまいました。

続きを読む

XFSファイルシステムとEBSスナップショットによる一貫性のあるバックアップ (AWS)

XFSは、システムクラッシュ時に数秒の高速な復旧を実現します。XFSファイルシステムとAWS EBSスナップショットを使った一貫性のあるバックアップの作成方法を考察してみます。

続きを読む
タグ: , , ,

4つの技術的バックアップの課題とその解決方法

1. バックアップの破損

バックアップの破損は、バックアップデータを失う最も頻繁な原因ではないかもしれませんが、最も恐ろしい原因の一つであることは間違いありません。バックアップがストレージに正常にアップロードされたと報告されても、いざ復旧しようとするとデータが破損していたという状況は想像できます。

続きを読む
タグ: ,

AWS利用組織を改善する4つの便利なサービス

AWS S3 Storage Lens

ストレージは、クラウドで最も利用されているサービスの一つであり、コンピューティングパワーに匹敵するものです。。しかし、適切なS3ストレージツールを使用しても、データをS3バケットにダンプするだけではなく、データを保存するための方法があります。より多くのオブジェクトを保存したり、クラウドのストレージ要件が変化したりすると、適切なデータ管理から遠ざかる傾向があります。つまり、サブフォルダの構造や命名規則性などが理想的でなくなる可能性があります。

続きを読む
タグ: , , ,

AWS Storage Gatewayを活用してAWS Hybrid Cloudデータを保護

AWS Hybrid Cloudのメリット

続きを読む
タグ: ,

クラウド・ストレージ・プロバイダーを選ぶための3ステップ

企業のあらゆるニーズに対応するクラウドストレージ・ソリューションはありません。データのバックアップを保存すると同時に、ファイル共有やコラボレーションサービスとして利用できるソリューションはありません。確かに、Microsoft OneDriveやDropbox for Businessをバックアップ用に使用したり、AWSのAmazon S3をファイル共有用に設定したりするかもしれませんが、ほとんどの場合、非効率的で高価で安全性の低いソリューションになってしまいます。ここでは、ユーザ固有のニーズに基づいて、クラウド・ストレージ・プロバイダーをどのように選択すべきかを説明します。

続きを読む
タグ:

バックアップ・テスト方法の為の総合的ガイド準備の推奨

データの損失、ビジネス・チャンスの損失、生産性の損失、そしてそれは最終的には資産の損失です。バックアップは多くの段階で失敗する可能性があり、リカバリは期待通りに進まないかもしれませんし、単純にインフラがリカバリ作業に対応できていないかもしれません。

続きを読む
タグ: ,

急成長する RaaS ビジネスモデル

RaaS の普及が急速に拡大しています。

続きを読む
タグ:

BYOD(Bring Your Own Device)の問題を解決する方法

BYOD(Bring Your Own Device)

BYOD(Bring Your Own Device)」とは、企業の従業員が個人所有のデバイスを使って、企業のネットワーク・リソースやアプリケーションにアクセスすることをいいます。これらのデバイスには、通常、携帯電話、タブレット、およびラップトップが含まれます。BYODのアプローチは、断続的に問題が発生する可能性があります。つまり、一部の従業員が、システム管理者に通知することなく企業のリソースに入ることがあります。このような場合、「Bring Your Own Device」は、企業にとって深刻なセキュリティ問題となる可能性があります。

続きを読む
タグ:

ランサムウェア・インシデント対応計画の重要性とテンプレート作成について

ランサムウェア・インシデント対応計画のテンプレート

ランサムウェア・インシデント対応計画は、チームによって異なります。リスクにさらされているデータの種類、チームが導入しているバックアップ・ツールやプロセス、ランサムウェア攻撃に対応するために利用可能なリソースなどを反映させる必要があります。

続きを読む
タグ: ,

バックアップポリシー作成のベスト・プラクティス

すべてのバックアップポリシーが同じように作られているわけではなく、ITチームの中には他のチームよりも上手にバックアップポリシーを作成しているところもあります。もしあなたが自身の部署やワークグループのためにバックアップポリシーを作成することになったら、以下のベストプラクティスを念頭に置いてポリシーを作成してください。

続きを読む
タグ:

そもそも、クラウドネイティブとは?

「ネイティブ」という言葉は、さまざまな国の人が国際語として英語を話すときに、母国語訛りがないかどうか、つまり英語そのものが母国語かどうかを示す文脈で、よく耳にする表現です。まぁ人それぞれ、「ネイティブ」という言葉との出会いはいろいろでしょうが、おそらく一般的にはネイティブ スピーカー(母国語話者)の「ネイティブ」が多いだろうと思います。

続きを読む
タグ: ,

Kubernetesネイティブなバックアップソリューションを採用すべき7つの理由

ネイティブ・バックアップがベストな選択 – その理由は?

続きを読む
タグ: , ,

パブリック・クラウド vs.プライベート・クラウド vs. バックアップ対応のベンダー・クラウド比較

今やバックアップが必須であることは誰もが知っています。データを失えば、資金はもちろん、場合によってはビジネス全体、あるいはマネージドITプロバイダーであればすべての顧客を失うことになります。バックアップが必要なデータ量は、年々増加しています。あまりにも大きいので、ローカル・ストレージ・ソリューションやローカル・バックアップの一般化は低下しています。クラウドにデータを保存することもできますが、どのようにして適切なオプションを選べばよいのでしょうか?

続きを読む
タグ: , ,