適切に削除されなかったスナップショットの取り扱い方法【仮想化プラットホーム VMware vSphere】


たまにスナップショットは適切に削除されず、VM上ではアクティブなスナップショットとして残されます。これはバックアップ・アプリケーションの使用時や、Snapshot Managerでスナップショットを削除したときなどに起こります。多くの場合、それらのスナップショットはSnapshot Managerには現れません。スナップショットがまだ存在しているかどうかが唯一分かるのはVMディレクトリのデルタ(delta)ファイルの存在のみです。

もし、Snapshot Managerに無いスナップショットが起動していれば2つの方法のどちらかで削除を試みることができます。最初にvSphere Clientを使用して新たなスナップショットを作成し、新規が作成後にSnapshot Managerからすべてのスナップショットを削除します。もう一つの方法はESXサービス・コンソールか vSphere CLIを使用します。VMのホーム・ディレクトリに移動して、vmware-cmd createsnapshotをタイプして新規スナップショットを作成します。スナップショットが作成されるまで待って、vmware-cmd removesnapshotsをタイプします。終了した時にデルタ・ファイルが削除されたかどうかを確認します。

もしデルタ・ファイルが削除されない時はVMのVMXファイルを確認し、scsiで始まるラインを探します。もしVMが単一の仮想ディスクで構成されている時は、通常それはscsi0:0です。(もし.presentがfalseであれば、それは無視できる存在しないドライバです。).fileNameはVMで作成されたオリジナルのディスク・ファイルを使用していて、通常ユーザのVMと同じ名前です。この場合であればユーザのVMはスナップショット・ファイルを使用していません。ファイル名に-00000#があれば、それは現在スナップ・ファイルを使用していることです。

スナップショットの無いVMは
「scsi0:0.present = “true” scsi0:0.fileName = “myvmname.vmdk”」と表示され、
スナップショットのあるVMは
「scsi0:0.present = “true” scsi0:0.fileName = “myvmname-000001.vmdk”」と表示されます。

もし上記のオペレーションに失敗したときは、他のオプションとして、VMをクローンするかVMのディスク・ファイルをクローンする方法があります。VMをクローンするには vCenter Serverのクローン機能か、スタンドアロンのvCenter Converterアプリケーションを使用することができます。それが終了した時にシャットダウンし、古いVMを削除します。

他の手法はVMをシャットダウンさせます。ESXサービス・コンソールかESXiテック・サポート・モードへログインします。VMディレクトリへ切り替えて、vmkfstoolsを使用してVMのディスク・ファイルをクローンし、ソース・ディスクとしてスナップショット・ファイルを指定します。(例:”vmkfstools –i myvmname-000001.vmdk myvmnamenew.vmdk”)

次にVM用の設定に移動します。ハード・ディスクをリムーブします。(削除ではありません。)それから新規ハードディスクを追加し、作成したばかりのディスク・ファイルをブラウズします。VMをパワーオンし、古いディスクとデルタ・ファイルを削除する前にすべてが正常に稼動しているかどうか検証します。

Source: SearchVMware.com

関連トピックス:

カテゴリー: VMware, トラブル タグ: パーマリンク

適切に削除されなかったスナップショットの取り扱い方法【仮想化プラットホーム VMware vSphere】 への1件のフィードバック

  1. クライム のコメント:

    Veeam Backup & Replication のスナップショットハンターについて
    https://www.climb.co.jp/blog_veeam/veeam-backup-12832

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL