<新機能>強化されたセキュリティ強化【リアルタイムレプリケーションツールDBMoto】


DBMoto7ではセキュリティ機能が強化されました。

DBMoto7の管理者はDBMotoのセキュリティ機能かMicrosoft Windows Integrated Securityを利用して
ファンクション・レベルでのオペレーションに関してマルチ・ユーザ・アクセスを管理することができます。


こちらがユーザ設定のトップ画面。
デフォルトでは「Enable Security」がチェックオフです。つまり誰でも自由にDBMotoを操作できる状態です。
DBMoto6では常にこの状態で、ユーザの管理はできない状態でした。


Enable Securityにチェックを入れ、Addを押下すると・・・


ユーザの追加画面が表示されます。
ここでは、認証方式「DBMoto or Windows」、ログインユーザ、パスワードを設定できます。


Permissionタブに移動すると、そのユーザに対して機能別に権限を細かく割り当てることが可能です。
例えば…「metadata作成」「ソース・ターゲット設定」「レプリケーション設定」「レプリケーション実行」などなど。
機能単位で設定することも、ロールで設定することも可能です。


ユーザを追加し終えたところ。
ここでは「climb1」というユーザを作成してみました。ロールは「Administrator」(全権限付与)、認証方式は「DBMoto」です。
もちろん複数ユーザの作成も可能で、ユーザごとに権限の割り振りが可能です。


ユーザの追加が完了したあとに、DBMotoを起動すると、まずはログイン画面が。


ログインに成功すればmetadataが参照できるようになり、設定ができるようになります。
あとは普通に使用するだけですが、ユーザ設定で権限を割り振っていない機能は使用できません。

複数のユーザでDBMotoを管理する場合に重宝しそうな機能です!

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください