バーコードより省スペースを実現できる!QRコードでのテキストエクスポート


EspressReport ES、EspressDashboard、EspresReport Version 7.0 Update 6から、
テキストボックスのフォーマットに「QRコード」対応が追加されました。

QRコードへの変換文字列ですが、アルファベットやハイパーリンクは勿論のこと、
日本語や全角文字などのダブルバイト文字もサポートしています。

それでは早速QRコードへの変換方法について紹介していきます。
まずは、下記画像がQRコード変換前の状態です。

QRコードへの変換方法ですが、変換したいテキストボックスを選択し、
データフォーマットをクリックします。
Bar codeのボタンを選択し、BarCode TypeにてQR Codeを選択します。

たったこれだけの操作で文字列をQRコード化することができます。
上記の図では株式会社クライムのホームページ(www.climb.co.jp)をQRコードに変換しています。
そして変換後には、下記画像のようにQRコードへ変換されたことが確認できます。

このようにEspress製品を使用することで、必要なテキスト情報をQRコードとしてエクスポートすることが可能です。
評価を希望のお客様は下記お問い合わせフォームよりご連絡お願いします。
https://www.climb.co.jp/soft/espressreportes/download/

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください