レポート+チャートをHTMLに出力する場合の注意点【Java対応レポート・帳票ツールEspressReport】


EspressReportのレポートデザイナーで、レポート+チャートを作成後、WeblogicなどのAPサーバにデプロイしてHTMLに出力する場合の注意点をまとめておきます。

●よくある失敗例から

■EspressReportのレポートデザイナーの画面

上記はレポートデザイナーでのプレビュー画面です。
これをまずは保存し、APサーバにデプロイすると・・・

■サーバデプロイ後にブラウザ表示

レポートは表示されましたがチャートが表示されていません。
Javaのコンソールに下記のエラーが出ています。
java.lang.ClassNotFoundException: RPTImageGenerator

●対処法と注意点

このようにチャートとレポートをHTMLに出力する場合は以下の点に注意が必要です。

・C:\EspressReport\ImageGenerator\RPTImageGenerator.class が必要
 APサーバのWEB-INF/classesディレクトリに配置してください。

・APサーバの指定が必要
 QbReport report = new QbReport((Applet)null, reportLocation);
 report.setServletDirectory(“ER/”);
 report.setDynamicExport(true, “localhost”, 8080);

■サーバデプロイ後にブラウザ表示

今度は正しく表示されました。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください