チャートAPI、レポートAPIを使用してJavaから動的にグラフや帳票をカスタマイズ


EspressChart・EspressReport・EspressReport ESではデザイナツールでのグラフ・帳票作成に加えて、Java APIにも対応しています。APIを使用することで動的にグラフや帳票をカスタマイズすることができます。

API Javadoc は下記開発元サイトにて確認可能です。

●EspressChart – チャートAPI
http://data.quadbase.com/Docs/ec/help/apidocs/index.html

●EspressReport – レポートAPI
http://data.quadbase.com/Docs/er/help/apidocs/index.html

●EspressReport ES – レポートAPI
http://data.quadbase.com/Docs/eres/help/apidocs/index.html

●EspressReport ES – ERES API
http://data.quadbase.com/Docs/eres/help/ERESapidocs/index.html

●サンプルコード:チャートAPIを使用してチャート・グラフをWeb上に展開するプログラム
//www.climb.co.jp/blog_espress/archives/251

●サンプルコード:レポートAPIを使用してレポート・帳票をweb上に展開するプログラム
//www.climb.co.jp/blog_espress/archives/252

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください