Weka(データマイニングツール)とEspressChartとの連携


Wekaはニュージーランドのワイカト大学において開発されたデータマイニングツールで,分類学習やクラスタリング,相関ルール生成のみならず,データの前処理や視覚化も含む統合型ツールです。Javaで記述されていて、それぞれの機能は他のツールとAPIやCLIを通して利用可能であるため,多くのツールでライブラリとして利用されています。

http://www.cs.waikato.ac.nz/ml/weka/

Weka自体にもグラフ出力機能がありますが、EspressChartと簡単なAPIを作成することにより、EspressChartのチャート機能を利用してWebベースのチャートへ展開することが可能になります。

次のチャートはWekaの標準偏差値ファンクション(平均値、中央値、最頻値)を使用してEspressChartでX軸をタイトルにして出力したものです。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください