AWS EC2のバックアップはなぜ必要になるのか? N2WS Cloud Protection Managerで確実なバックアップ


EC2のバックアップソリューションをあなたは本当に必要としますか?多くのユーザーはサービスとしてサーバーを手に入れると、サーバーの管理も全て含まれていると決め込みます。従来のデータセンターと比較すると、AWSはハードウェアの問題をすべて対処します。つまり、ハードウェアの障害によってデータが失われることはありません。ただし、ハードウェア以外のデータ損失シナリオは対処されません

  • Cloud Protection Managerを使用する:EBSボリュームが停止した後破損しているケースがあります。これは非常に稀なケースですが、重要な運用データをEBSボリュームに格納する場合、このリスクを冒すことは望ましくありません。
  • ダウンタイムを最小限に抑える:クラウドが停止すると、停止が確定して通常の操作が再開するまでに時間がかかることがあります。別の可用性ゾーンまたは別の地域での操作を再開してダウンタイムを最小限に抑えたい場合は、EC2バックアップソリューションが役立ちます。これに対する最適な答えは高可用性ソリューションであることは事実です。ただし、CPMのようなスナップショットベースのEC2バックアップソリューションは、数分で別の場所でEC2のインスタンスとデータを復旧するのに役立ちます。
  • ソフトウェアの誤動作の処理:ソフトウェアの誤動作の結果としての論理的なデータ損失は、永久的になる可能性があります。どこかでソフトウェア製品のスクリプトのバグがEBSボリュームからデータを削除する可能性があります。このような場合、EC2バックアップソリューションを使用すると、それらのボリュームの最新の一貫したイメージにロールバックすることができます。
  • ヒューマンエラー:ヒューマンエラーは時々永久的なデータ損失を引き起こすことがあります。ITに乏しい担当者が更新操作を実行しなければならず、ディスクが削除されたり、データベースが破損したりします。オンプレミスやクラウドサーバー上では、誰にでも起きる事です。データ損失が発生する前の特定の時点に戻すことができるようにするには、EC2バックアップソリューションが必要です。
  • 悪意のある攻撃の対策:EC2上で実行されているアプリケーションの多くは、インターネットに接続されています。SaaS製品、インターネットホスティング、ゲームホスティングのいずれかになります。あらゆる種類の攻撃を防ぐための対策を講じています。しかし、100%防ぎ切れるわけではありません。常にサーバーが最新の動く状態に戻る手段が必要です。
  • 規制目的:多くの場合、一定の期間データの履歴を保存するように強制する規制があります。スナップショットベースのソリューションは、このような目的のための典型的なツールではありませんが、バックアップソリューションが必要です。

要約すると、EC2は高いデータ復旧と非常に高い稼働時間を保証しますが、データ損失とダウンタイムのすべてのシナリオを確実にカバーするためには、EC2バックアップソリューションが必要です。

EC2のバックアップソリューションCloud Protection Manager(CPM)の詳細については、こちらよりお問い合わせください。

関連トピックス:

カテゴリー: AWS, クラウド・仮想インフラ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

この記事のトラックバック用URL