Nutanix .NEXT Conference 2018 レポート


Nutanix .NEXT Conference 2018が米国ニューオーリンズで5月8日から10日まで開催されました。 https://www.nutanix.com/next/

参加する機会がありましたので、新製品の概要等をご紹介します。

まず、Multi Cloud、Enterprise Cloud OS、Hybrid of Multi Cloud等の言葉が強調されていたと感じました。

Nutanix Beam(ビーム)
マルチ&ハイブリッドクラウドをまたがったコストとリソースの最適化と可視化.
Azure, Google Cloud, AWS, Nutanix
PCI-DSS・HIPAA・CIS等のセキュリティ基準にに準拠しているかをワンクリックで確認
Nutanix BeamはSaaSとしての提供: https://www.nutanix.jp/products/beam/

■NutanixのOSS(Object Storage Service)のサポート開始

FLOW/Netsil: VMwareのNSX対抗か

Nutanixのネットワーク周りはFLOWという名前に変更
可視化やマイクロセグメンテーション、サービスチェイニング等
将来的には先日買収したNetsilの機能も組み込んでより強力な可視化を提供
アプリケーション観点でのグルーピングやディープパケットインスペクションに
よる統計など

 

Xi(ザイ)Cloud Service

数クリックでDR環境の配備が出来る
Seamless Extenshion,Failover,Failback, Testをアピール

Multi-Cloud App Mobility

クラウドからNutanixへのマイグレーション。
CBT(Change Block Tracking)により最小のダウンタイムで移行完了

 

■ Veeam社からNutanix AVHとの統合サポートについての紹介もありました。

(注)筆者はNutanix製品に関しての知識があまりありません。説明不足はご容赦ください。

関連トピックス:

カテゴリー: クラウド・仮想インフラ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL