パブリック・クラウド vs.プライベート・クラウド vs. バックアップ対応のベンダー・クラウド比較


今やバックアップが必須であることは誰もが知っています。データを失えば、資金はもちろん、場合によってはビジネス全体、あるいはマネージドITプロバイダーであればすべての顧客を失うことになります。バックアップが必要なデータ量は、年々増加しています。あまりにも大きいので、ローカル・ストレージ・ソリューションやローカル・バックアップの一般化は低下しています。クラウドにデータを保存することもできますが、どのようにして適切なオプションを選べばよいのでしょうか?

クラウドベンダーやクラウド・ストレージ・サービスには、多くの種類があります。クラウド・バックアップの観点から見ると、その多様性は、プライベートクラウドのストレージ、パブリッククラウドのストレージ、そしてバックアップベンダーのストレージという3つのグループに分けることができます。

ここでは、それぞれのグループの具体的な内容を説明し、それぞれのケースでの最適なソリューションを要約してみます。

プライベート・クラウド

マーケットには無料のオープンソースのソリューションがあり、それをベースにして独自のクラウドストレージとインフラを開発することができます。専用のデータセンターが必要となり、クラウドソリューションの開発、テスト、管理も必要となるため、設備投資の観点からは最も高価な方法です。しかも必然的にそれらを熟知した専門エンジニアが何人も必要になります。

責任を最大化
完全なプライベート・クラウドでは、ハードウェア、ソフトウェア、メンテナンスなど、すべての責任をお客様が負うことになります。データセンターの電源が落ちれば、すべてのデータにアクセスできなくなります。また、データ量が増えた場合には、ハードウェアのアップグレード戦略を立てる必要があるため、事前にそれらを把握しておく必要があります。一方、プライベート・クラウドでは、すべてのセキュリティ面を完全にコントロールすることができ、顧客のニーズに合わせてカスタム・ソリューションを構築することができます。

パブリック・クラウド

パブリック・クラウドを利用すると、一般的に、低価格のストレージ、設備投資不要、最高水準のインフラ、ハードウェアとソフトウェアの環境を直接コントロールできない、という特徴があります。パブリック・クラウド・ストレージを提供する企業は数多くあり、膨大なインフラ、相互接続性、きめ細かな機能を備えた巨大なクラウド企業と、クラウド・ストレージ・サービスの提供に特化した中小企業の2つのグループに分類されます。どちらも信頼性が高く、高速で、総合的に優れたサービスを提供しています。
パブリック・クラウド・ストレージは安全ではないと言う人がいますが、それは全くの誤解です。市場で最も精巧なクラウド・ストレージ・プロバイダーは、防弾仕様のIDおよびアクセス管理システムを提供しています。

中程度の責任
パブリック・クラウドを選択した場合、その設定、セキュリティ、およびすべての料金は顧客の責任となります。サポートは存在しますが、あまり当てにしない方が良いでしょう。そのため、顧客やユーザーにパブリック・クラウドでのバックアップを提供する場合は、まずそのソリューションを評価し、広範にテストする必要があります。

パブリック・クラウドをどう選ぶか?
すでに述べたように、バックアップデータの保存に適したパブリック・クラウドのストレージには2つのグループがあります。データが低コストで安全であることだけが必要なのか、それともクラウドの仮想マシンへの接続、データのアーカイブ層、コントロールされたワールドワイドなレプリケーションなどの追加機能が必要なのかを定義する必要があります。

人気のソリューション
特徴
機能面では、Amazon Web Servicesの「Amazon S3」、Microsoft Azureの「Microsoft Azure Blob Storage」、Google Cloudの「Google Cloud Storage」が3大競合と言えます。これらはいずれもクラウドの巨人であり、市場で最大のクラウドベンダーです。彼らのインフラは広大で、地球上のどの地域でも、ほとんどの国でデータセンターを見つけることができます。これらの企業は、より良い機能と価格を求めて常に競争しています。

価格
数ドルで1TBのデータを保存できると訴える「ストレージソリューション」はたくさんあります。通常、このようなソリューションは、1ヶ月ほど運用された後、永久に閉鎖の可能性があります。しかしクラウド・ストレージ市場でAWS、Microsoft、Googleと競争する企業もあります。

バックアップベンダーのクラウドストレージ

多くのバックアップベンダーは、ストレージに依存しないアプローチを目指しています。確かに、機能、価格、インフラの優秀さなどの点で、ストレージ・サービスの提供のみに特化した企業とは競争できない。しかし、一部のバックアップベンダーは、自社のクラウドストレージにデータを保存するオプションを提供している。この方法にはメリットがあります。バックアップとストレージのベンダーがセキュリティとインフラの部分をすべて代行するので、顧客の責任は最小限になります。デメリットとしては、パブリッククラウドストレージよりも比較的高い料金を支払うことになり、パブリック・クラウド・ストレージやプライベート・クラウド・ストレージよりもコントロールできる範囲が狭くなることが挙げられる。

結論

現在のクラウドストレージ市場では、ユーザ自身のニーズにぴったり合ったソリューションを見つけることができます。ある程度のバックアップが必要で、管理や設定に時間をかけられず、お金も気にしないのであれば、独自のクラウド・バックアップ・ストレージを持つバックアップベンダーを選ぶこともできます。完全にコントロールすることを追求し、時間とリソースを費やすことができるのであれば、プライベートクラウドストレージがお勧めです。しかし、安全で安価で拡張性のあるバックアップ・ストレージの最も簡単な方法は、パブリッククラウドです。当社ではその手法をサポートします。

関連トピックス:

カテゴリー: クラウド・仮想インフラ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL