ESX、仮想マシンのパフォーマンス監視【仮想化プラットホーム VMware vSphere】


ESX、仮想マシンのパフォーマンスの監視方法を紹介します。

【vSphere Clientを利用したパフォーマンス監視】

①vSphere Clientの「パフォーマンス」タブでESX、仮想マシンのリソースの状態をチャート形式で確認できます。

②「チャートオプション…」ではチャートの表示内容をカスタマイズできます。

・チャートオプション
どの時間帯のチャートを表示するか選択します。

・チャートタイプ
チャートの表示形式の設定

・オブジェクト
表示するESX、仮想マシンの選択

・カウンタ
表示するリソースの情報の選択

【vCenter Serverを利用したパフォーマンス監視】

※vCenter Serverを使用することでvSphere Clientより効率的なパフォーマンスの監視が可能です。

①1画面でCPU、メモリ、ディスク、ネットワークのパフォーマンスが確認できます。

②vSphere Clientと比べチャート表示のオプションではさらに詳細な設定が可能です。

【ESXのコマンドを使用してのパフォーマンス監視】

コマンド「esxtop」 でESX、仮想マシンのパフォーマンスがCUIで確認できます。

※赤枠は稼働中の仮想マシンのパフォーマンス情報です。

esxtopコマンドの実行後に下図のキーを入力すると項目ごとの情報が表示されます。

●さらに広範囲に仮想インフラのパフォーマンスをグラフ、チャート化して、ホスト、データストア、仮想マシン等を視覚的に管理するVeeam ONEというツールがあります。

関連トピックス:

カテゴリー: VMware タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL