マイクソフト、Virtual Machine Converter Tool のベータ版をリリース


マイクソフトはVMware仮想マシンをマイクソフトHyper-Vスタンダードに変換できるMicrosoft Virtual Machine Converter Tool (MVMC)のベータ版をリリースしました。まだこのツールはWindows Server 8をサポートしていませんが、近々にサポート予定とされています。

このツールはvSphere 4.1 と 5.0のVMとVMware Virtual Disks (VMDK)をWindows Server 2008 R2 SP1 Hyper-V とHyper-V Server 2008 R2 SP1に変換が可能で、変換中にVMware toolsをアンインストールし、Hyper-V インテグレーション・サービスをインストールします。またVMDKからMicrosoft VHD フォーマットへのオフライン変換をサポートします。MVMCはまた変換用のCLI(Command Line Interface)を含みます。

サポートするゲストOS:
Windows Server 2003 SP2
Windows Server 2003 R2 SP2
Windows Server 2008 R2
Windows 7

出典: virtualization.info

関連トピックス:

カテゴリー: VMware, Hyper-V, その他製品・ツール タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL