VMware SPBMのメリットとその機能


VMware Storage Policy-Based Managementを使用して、カスタムVMストレージポリシーを作成し、これらのポリシーをVVOLおよびvSANで使用するVMに自動的に適用できます。

VMwareが仮想ボリュームおよびvSANで使用するストレージポリシーフレームワークは、VMwareインフラストラクチャ内のストレージ管理の基盤です。VMware Storage Policy-Based Managementでは、1つのコントロールぺインを様々なデータサービスとストレージ製品のインターフェイスとして使用できます。

SPBMは、VMストレージポリシーに基づくVMプロビジョニングなどの機能を有効にします。Storage Awareness(VASA)のためのvStorage APIを介したストレージ機能とデータサービスの広告。ESiホスト、vCenter Server、およびストレージアレイ間の通信が含まれます。

VMware SPBMストレージ機能

VMware SPBMのストレージ機能は、通常、ストレージ要件を取得し、ストレージアレイが満たすことができるアレイベースの機能とデータサービスです。これらの機能により、重複排除、サービス品質、アレイベースのスナップショット、複製などをより深く理解することができます。

VASAプロバイダは、UIを介して基盤となるストレージアレイの機能を表示し、管理者はそれを見て使用することができます。管理者は、ストレージアレイに必要な機能を選択して、ストレージポリシーを作成できます。VASAはまた、VMストレージポリシーに基づくストレージが要件に準拠していることを確認します。

VMストレージポリシー

VMストレージポリシーは、VMプロビジョニング用のVMware SPBMの不可欠なコンポーネントです。これらのポリシーは、VMがストレージ内に置かれる方法や、VMが受け取るストレージの種類を制御します。VMストレージポリシーを使用して、vSANでパフォーマンスや可溶性などのVMストレージ要件を定義できます。VMを作成するたびに、ストレージポリシーの要件を満たすために、仮想ディスクがvSANデータストア全体に分散されます。

VMware SPBMでは、VMが作成されるたびに、ストレージポリシーによってストレージ要件を満たすデータストアにVMが自動的に配置されます。VMがストレージポリシーに準拠しているかどうかを確認するには、ストレージポリシーベース管理UIでvSpere Client経由で接続>ホストとクラスタ>クラスタを選択>VMを選択します。

Check to see if your VMs are compliant

VMがVMストレージポリシーに準拠していくかどうかを確認します。

ストレージポリシーの細分性

1つのVMに別のディスクスペースより多くのディスク容量がある場合は、各VMディスクファイル(VMDK)ごとに異なるストレージポリシーを定義できます。たとえば、データベースが別のVMDK上で実行されているVMを想像してみてください。VM全体でより多くのストレージスペースを消費するパフォーマンスストレージポリシーを強制するのではなく、このストレージポリシーをこの特定のVMDKに厳密に適用するほうがよいでしょう。

関連トピックス:

カテゴリー: VMware, vSphere, 機能, 設定 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL