AS/400でレプリケーションに必要なジャーナルが起動済みかを確認するためには?


DBMotoを使用してAS/400からのミラーリング(差分レプリケーション)を行う場合にはジャーナルが起動されている必要があります。

●参考:AS/400ジャーナル・レシーバー作成手順書、プロシージャ作成手順書を公開しました
//www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/812

●参考:AS400(IBM i Series)からの差分レプリケーションの際にはジャーナルの自動削除はしないよう注意
//www.climb.co.jp/blog_dbmoto/archives/646

正しくジャーナルが起動されているかどうかは下記の手順で確認可能です。

1. DSPFDコマンドを入力します。

2. ジャーナルを起動している対象のテーブル(物理ファイル)とライブラリを指定します。

3. 物理ファイルの詳細画面が表示されるため、ジャーナル情報を確認します。
下記の画面例では、ジャーナル起動済み、ジャーナル名JRN、ジャーナル保存先FURUJRN、起動イメージBOTHとなっています。

4. 続いてDSPLIB コマンドにてジャーナル保存先の内容を確認します。

5. ジャーナルとレシーバーの一覧が表示されます。
タイプJRNはジャーナル、タイプJRNRCVはレシーバーでこちらが通常連番になっています。

6. 続いてジャーナルの詳細オプションの確認のため、CHGJRNコマンドを実行します。

7. ジャーナル名とライブラリを指定します。

8. ジャーナルの詳細オプションが表示されます。変更も可能です。
特にレシーバーの管理がSYSTEMになっている場合、レシーバーの削除がNOになっていることをご確認ください。

 

関連したトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください