レポートのセルオブジェクトをカスタマイズ【Java対応レポート帳票ツール:EspressReport】


EspressReportでは、レポートデザイナを使用してレポートや帳票のセルに対して様々なカスタマイズが可能です。もちろんこれらはJava実行時にAPIで制御することも可能です。

●Data Format

データのフォーマットを設定できます。Stringでは、文字列を全部表示するか、一定文字数以上で省略するかの設定が可能です。Bar Codeを選択すると、バーコードの種類を選択できます。

●Font Style and Size

フォントの種類・スタイル(太字・斜字など)・サイズの変更が可能です。

●Font Color

フォントの色を設定できます。

●Background Color

セルの背景色を設定できます。

●Border Color

セルのボーダー色を設定できます。

●Border Thickness

セルのボーダーの幅を設定できます。0でボーダーなしです。

●Dual Colors

Dual Colorsについて↓
http://blog.goo.ne.jp/quadbase/e/8cccef0a7b6fd299372815ba12d8d4a6

●Set Bounds

セルの幅や高さの設定や、ポジションの設定が可能です。

●Alignment

セル内の文字の位置を調整できます。

上記のオプション画面は、対象セルを右クリック⇒「Edit Attributes」を選択することで使用可能ですが、レポートデザイナーには予めデザイナ用ツールバーも用意されており、より簡単に操作することも可能です。

●デザイナツールバー

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください