ダッシュボード上のチャート、レポートをフォームから指定


EspressReport ES、EspressDashboardでは作成したダッシュボードに常に最新のデータを表示することはもちろんのこと、データソースがDBであれば、発行するSQL クエリを動的に変更するフォームをダッシュボード上に配置することで簡単にチャートやレポートの期間を変更することが可能です。

株価データの簡単なダッシュボード

左のフォームから日付の選択を行うことでチャートに表示する期間が変更され、銘柄名を変更することで違う銘柄のデータを表示できます。

このようなフォームを作成するためには、まずデータソースの登録の際にフォームにしたい列の条件に”:”をつけてパラメータを設定します。

銘柄名の列のOrフィールドに:NAMEと設定

次に設定した項目をフォームとしてダッシュボードに登録します。

これにより、はじめのようなフォームが作成され、ダッシュボード上で簡単にデータを変更できます。

関連するトピックス:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください