バックアップポリシー作成のベスト・プラクティス


すべてのバックアップポリシーが同じように作られているわけではなく、ITチームの中には他のチームよりも上手にバックアップポリシーを作成しているところもあります。もしあなたが自身の部署やワークグループのためにバックアップポリシーを作成することになったら、以下のベストプラクティスを念頭に置いてポリシーを作成してください。

目的を理解する
バックアップポリシーは、組織がどのようにバックアップとDR(障害対策)を実行するかの全体的な方向性を定めるためのものであることを忘れないでください。まずは既存のバックアップ「ポリシー」のインベントリーを作成することから始めます。これらのポリシーが満たすべきガイドラインを定めた文書を作成します。結局のところ、これから作成する文書は、今後の派生文書の作成に情報を提供する中心的な知識情報源となるべきです。

ギャップを埋める
一方、組織にバックアップ文書がない場合は、これをきっかけに作成を開始してください。バックアップしたい色々なシステムやデータ・リポジトリについて、成功する見込みのある目標RTO/RPOを考え始めるのもよいでしょう。

明確な表現
バックアップ・ポリシーは、一般には読みにくいものです。人々は必要な情報にアクセスするために文書に目を通す可能性があることを念頭に置いてください。そのため、明確な構成を心がけましょう。見出しや小見出しを使って、情報を論理的に強調しましょう。理解しやすい言葉を使いましょう。

法務部または弁護士によるレビューを受ける
バックアップポリシーは企業統治に触れることが多いため、特に特定の法律に縛られている組織では、コンプライアンス上の問題が生じる可能性があります。このような場合には、ポリシーが法務担当者や法務部門を含むすべての適切な社内承認を受けていることを確認してください。

テストの必要性
すべてのバックアップは、リストアプロセスのテストを経る必要があります。ポリシーは、実際のバックアップのワークフローを反映した生のドキュメントであるべきです。ポリシーが実現不可能な場合、つまりテストできない場合は、文書化すべきではありません。

定期的な更新
定期的に更新する項目を設けることを忘れてはいけません。そうすることで、文書は常に最新の状態に保たれ、読者は最後にいつ改訂されたかを知ることができます。企業統治の観点から、すべてのポリシー文書を一定の間隔で改訂・更新する必要がある場合は、この項目を含めることが特に重要です。

強力なポリシーがより良いバックアップを導く

エンタープライズ環境でのバックアップとDRの管理は複雑なプロセスであり、そのリーダーに任命された人は、複数のビジネスシステムのデータの整合性を維持する責任があります。

継続性と運用効率を確保するためには、中心となるバックアップポリシーを文書化し、定期的に改訂する必要がある。これは、バックアップに関わるすべてのスタッフが合意したベストプラクティスとRTO/RPOを定める役割を果たす中心的な文書です。

この文書をドラフトする人は、この文書が会社におけるバックアップに関する最初の知識源とみなされるべきであることを覚えておく必要があります。この文書は社内の既存の “「バックアップポリシー 」より優先し、社内全体で同意するものでなければなりません。文書には管理者が任命され、定期的に更新され、編集後にはすべて明確な改訂日が明記されるべきです。

関連トピックス:

カテゴリー: BCP タグ: パーマリンク

バックアップポリシー作成のベスト・プラクティス への1件のフィードバック

  1. クライム のコメント:

    ディザスタリカバリーFAQサイトは:
    https://www.climb.co.jp/faq/faq-category/disasterrecovery

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この記事のトラックバック用URL